基礎知識住宅ローンの繰上げ返済

住宅ローンの繰上げ返済

住宅ローンの繰上げ返済住宅ローンの繰上げ返済

住宅ローンは、30年ローンで借りたからといってその通り30年で返済する必要はありません。住宅ローンは借り入れ期間が長ければ長いほど借入れた金額に対して利息が発生するので総返済額は大きくなっているのです。
そこで是非利用したいのが、住宅ローンの繰上げ返済制度です。

住宅ローンは毎月の返済とは別に、一定以上の額であればまとめて返済することができます。これが繰上げ返済制度です。この繰上げ返済を活用し、借入れている元金をまとめて返済すれば、その元金にかかる金利を払う必要がなくなるわけです。つまり、繰上げ返済はできるだけ早い時期に行ったほうがより効果があると言えます。

繰上げ返済には以下の2種類があります。

繰上げ返済の種類

1期間短縮型 返済額の一部をまとめて支払うことで返済期間を短縮する方式。月々の返済額は変わらないが返済期間が短くなるため総返済額を減らす事ができる。
2返済額軽微型 返済額の元金の一部を返済することで毎月の返済額を軽減する方式。返済期間は変わらないが目の前の支払額を減らす事ができる。

どちらのタイプも総返済額を減らす事ができますが、毎月の返済額を変えずに返済期間を短くする期間短縮型のほうが多く減らす事ができます。但し、返済額軽微型にも毎月の支払額が減るというメリットがありますので、目の前の返済額を減らしたい人にとっては大きなメリットといえるでしょう。

どちらにせよ繰上げ返済は住宅ローンの総返済額を減らす事ができる非常にお得な制度です。ボーナスや臨時収入などでまとまったお金が入ったら繰上げ返済の実施を検討しましょう。
※また、住宅ローンには繰上げ返済の際、所定の手数料を支払わなければいけないものもありますので、借入れを検討する際は、繰上げ返済がしやすいかどうかもしっかりとチェックしておきましょう。