基礎知識中古住宅の購入と住宅ローン

中古住宅の購入と住宅ローン

中古住宅の購入と住宅ローン中古住宅の購入と住宅ローン

マンションや一戸建てを購入する場合、良い物件であれば、必ずしも新築にこだわる必要はありません。立地や物件の状態によっては新築より高い中古物件もありますが、概ね中古住宅は、新築物件と比較するとお手頃な価格で手に入れることができます。掘り出し物の中古住宅を見つけた場合は選択肢の一つとして検討すると良いでしょう。

ただし中古住宅を購入する際は、新築物件の購入時にはないチェックポイントがいくつかあります。

これらのチェックポイントを見逃すと大きな損をしてしまうことがあるので、しっかりとチェックしましょう。

一般的に中古物件の購入は、不動産業者等の仲介業者を通す場合がほとんどです。新築物件を購入する場合、仲介手数料はかかりませんが、中古物件を購入する場合は購入金額に応じて3~5%の仲介手数料がかかります。また仲介手数料にも消費税がかかるため、例えば仲介手数料が100万円の場合、実際には108万円を支払う必要があります。

中古住宅の購入に係る仲介手数料(※消費税別)

売買価格200万円まで 5%
売買価格200万円超400万円以下 4%
売買価格400万円超 3%

また物件の情報にもよりますが、リフォームが必要になる場合はそのコストも事前にしっかり見積っておくことが大切です。一見安くみえる物件でもこれらの費用を合計すると意外と高くなってしまうケースがあるので注意しましょう。

住宅ローンを申請する際はこれらの費用を考慮し、借り入れ希望額を少し多めに申請したほうが良いでしょう。また、住宅ローンの申請には一般的に1カ月程度、住信SBIネット銀行等、人気が高い銀行の場合、2ヶ月程度の期間が必要になります。入居日が決まっている新築物件と違い、中古物件は引き渡しの自由度が高いので、トラブルにならないよう、売り主と買い主で入居日の認識を合わせておくことも大切です。

金利が低く中住宅の購入でも利用できる主な銀行

中古住宅の購入は、新築物件の購入と比較すると少し手間とコストがかかります。これらの点を注意しながら物件を探せば、いつか必ず掘り出し物の物件に出会う事ができるはずです!住宅購入を検討している方は、中古物件にも是非目を向けて頂ければと思います。