中古住宅の購入と住宅ローンについて解説します。

中古住宅の購入と住宅ローン

住宅ローン比較.jp
ホーム > 基礎知識一覧 > 中古住宅の購入と住宅ローン

中古住宅の購入と住宅ローン

中古住宅の購入と住宅ローン

マンションや一戸建てを購入する場合、良い物件であれば、必ずしも新築にこだわる必要はありません。立地や物件の状態によっては新築より高い中古物件もありますが、概ね中古住宅は、新築物件と比較するとお手頃な価格で手に入れることができます。掘り出し物の中古住宅を見つけた場合は選択肢の一つとして検討すると良いでしょう。

ただし中古住宅を購入する際は、新築物件の購入時にはないチェックポイントがいくつかあります。

これらのチェックポイントを見逃すと大きな損をしてしまうことがあるので、しっかりとチェックしましょう。

一般的に中古物件の購入は、不動産業者等の仲介業者を通す場合がほとんどです。新築物件を購入する場合、仲介手数料はかかりませんが、中古物件を購入する場合は購入金額に応じて3~5%の仲介手数料がかかります。また仲介手数料にも消費税がかかるため、例えば仲介手数料が100万円の場合、実際には105万円を支払う必要があります。

中古住宅の購入に係る仲介手数料(※消費税別)

売買価格200万円まで
5%
売買価格200万円超400万円以下
4%
売買価格400万円超
3%

また物件の情報にもよりますが、リフォームが必要になる場合はそのコストも事前にしっかり見積っておくことが大切です。一見安くみえる物件でもこれらの費用を合計すると意外と高くなってしまうケースがあるので注意しましょう。

住宅ローンを申請する際はこれらの費用を考慮し、借り入れ希望額を少し多めに申請したほうが良いでしょう。また、住宅ローンの申請には一般的に1カ月程度、住信SBIネット銀行等、人気が高い銀行の場合、2ヶ月程度の期間が必要になります。入居日が決まっている新築物件と違い、中古物件は引き渡しの自由度が高いので、トラブルにならないよう、売り主と買い主で入居日の認識を合わせておくことも大切です。

中古住宅の購入は、新築物件の購入と比較すると少し手間とコストがかかります。これらの点を注意しながら物件を探せば、いつか必ず掘り出し物の物件に出会う事ができるはずです!住宅購入を検討している方は、中古物件にも是非目を向けて頂ければと思います。

Ranking住宅ローン(変動金利)ランキング
じぶん銀行 住宅ローン変動金利
住宅ローンの提供開始は2015年からと新しいが、他の住宅ローンにはないサービスを提供。特に変動金利の優遇幅やがん50%団信が無料付帯できる点は大きな魅力
住信SBIネット銀行 住宅ローン変動金利
保証料、団信保険料、8疾病保障、一部繰上げ返済手数料無料という高い利便性を誇る。数ある住宅ローン変動金利の中でも圧倒的な低金利を実現
イオン銀行 住宅ローン(変動金利)
イオン銀行が提供する変動金利型の住宅ローン商品。イオン銀行では変動金利及び短期固定~10年固定金利に特に力を入れており、金利を優遇している
ソニー銀行 住宅ローン(変動金利)
通常の金利プランの他にも選択できるプランが多い。「変動セレクト住宅ローン金利プラン」では表面金利が大幅に低く設定されている
新生銀行 住宅ローン変動金利
保証料や繰上げ返済手数料、団信生命保険料無料など、充実したサービスを提供。変動金利は、特約条項付きながら低金利を実現。団信が充実した安心パックWも好評
Ranking住宅ローン(借り換え)ランキング
住信SBIネット銀行
フラット35を超える優遇金利、団信保険料無料、繰上げ返済手数料無料等サービスが充実。8疾病保障も無料付帯する注目の住宅ローン
新生銀行 住宅ローン
固定期間は最大で35年、繰上げ返済手数料、保証料、団体信用保険料無料と他社にないサービス内容が魅力。借り入れも借り換えも可能
ソニー銀行 住宅ローン
ソニー銀行の住宅ローン。2種類の金利タイプに加え、繰り上げ返済手数料、団信保険料無料等サービスが充実。金利スイッチにも対応
イオン銀行 住宅ローン
変動金利、固定3年、固定10年等、特定の期間の住宅ローン金利を大幅に優遇。また住宅ローン利用者はイオングループでの買い物時に優遇が受けられる等特典が充実
楽天銀行 フラット35
最長35年固定で借りることができ、数あるフラット35提携住宅ローンの中でも最も金利が低い。またフラット35の返済口座を楽天銀行に指定すると事務手数料がさらに割安に