基礎知識自営業と住宅ローン

自営業と住宅ローン

自営業と住宅ローン自営業と住宅ローン

自営業や個人事業主の方が住宅ローンを組む場合は、いくつか注意が必要です。銀行や住宅ローン会社は、自営業者や個人事業主の住宅ローン審査を厳格に行うため、収入がサラリーマン世帯の何倍もあり、十分な自己資本を持っていたとして住宅ローン審査に落ちる事は珍しくありません。

下記は住宅ローン比較に、実際に問い合わせがあった住宅ローン審査の一例です。これは決して珍しいケースではなく、一般的な一例です。

某大手都銀への住宅ローン審査を申込み

サラリーマン世帯Aさん

物件価格 4,000万円
世帯収入 650万円
頭金 500万円
住宅ローン希望金額 3,500万円(30年ローン)
その他ローン なし
世帯主職業 中堅企業サラリーマン勤続15年・38才
審査結果 満額OK

自営業Bさん

物件価格 4,000万円
世帯収入 1,200万円
頭金 500万円
住宅ローン希望金額 3,500万円(30年ローン)
その他ローン マイカーローン
世帯主職業 自営業5年・39才
審査結果 1500万円減額2,000万円であれば可

この結果を見てもわかるようにほぼ同条件で収入が2倍あったとしても自営業者はサラリーマン世帯と比較して圧倒的に審査が不利であることがわかります。

基本的に銀行では自営業者の単年度の世帯年収をそれほど重要視しておらず、会社の経営状態やその他のローンの有無等を重視しており、会社に借り入れがある場合はそれが経営者の負債として認識される他、他のローン残高についてはサラリーマン世帯以上にマイナスに評価される傾向があります。

これらを総合すると自営業者は住宅ローンの借り入れを申し込む際、下記のような条件を満たす事がサラリーマン世帯同様に住宅ローンを借り入れるための最低条件と言えるでしょう。

自営業者がサラリーマン世帯同様に住宅ローンを借り入れるための最低条件

  • 事業が黒字である※過去3年間
  • 収入が安定している※過去3年間
  • その他ローンがない
  • 会社に負債がない。または過去3年間、キャッシュフローで十分安定的に返済ができている
  • 事業開始後5年以上経過している
  • 物件価格の2割以上頭金を用意できる

自営業者は住宅ローンを借り入れる際、事業の決算報告書や課税証明書等サラリーマン世帯と比較すると用意しなければいけない書類も多岐に渡ります。

住宅購入を検討している方は、基本的に自営業者は住宅ローンを借り入れる際、不利であるという事を認識して審査にのぞみましょう。

自営業者の住宅ローンに対応する住宅ローン会社

ソニー銀行

ソニー銀行

前年度の申告所得が400万円以上であれば申込み可能。

新生銀行

新生銀行

申込み金額に対して減額されるケースもあるが自営業者でも申込み可。

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行

自営業者に加え契約社員、派遣社員でも継続的に安定収入があれば利用可能。金利も低い。