住宅ローンと生命保険について解説します。

住宅ローンと生命保険

住宅ローン比較.jp
ホーム > 基礎知識一覧 > 住宅ローンと生命保険

住宅ローンと生命保険

住宅ローンと生命保険

当たり前ですが住宅ローンを組むという事は住宅を購入するという事であり、人生の大きなターニングポイントです。
実は生命保険は、このタイミングで見直すべきものの一つなのですが、意外に多くの人が見落としがちになっています。
そこで住宅ローン比較.jp編集部が住宅ローンのタイミングで上手に生命保険を見直す方法をご紹介したいと思います。

住宅ローンを組むタイミングで生命保険を見直すべき最大の理由は、住宅購入時にほぼすべての人が団体信用生命保険に加入するためです。この団体信用生命保険制度は、住宅購入者に万が一の事(死亡または高度後遺障害)があった場合、住宅ローンの返済が免除される保険で、住宅購入者にとっても住宅ローンを貸し出す金融機関にとってもリスクを減らすために必要な保険になっています。
※ちなみに一般の金融機関では団体信用生命保険の加入は必須、フラット35は必須ではありませんが推奨されています。また団体信用生命保険は金融機関が加入者の保険をまとめて申し込むため、大幅にディスカウントされており、一般的な生命保険と比較すると保険料は割安な水準に設定されています。

また最近では2012年12月から新生銀行が団体信用生命保険に介護特約がついた住宅ローン商品を販売する等、一部住宅ローンではこの保険部分が手厚くなってきています。

新生銀行 パワースマート住宅ローン 安心パック
新生銀行 住宅ローン画像

つまり団体信用生命保険に加入しておけば、万が一の場合の住居費が保障されるという事になるので、今加入している生命保険からその分を割り引く事ができるのです

もし生命保険を見直すことで、年間5万円保険料を節約できたとします。その5万円を繰り上げ返済に充当すれば、住宅ローンの返済期間がそれだけ早まる訳ですから、5万円の価値は7万円や8万円にもなるのです。これを10年続ければ住宅ローンの返済額を100万円以上圧縮する事も可能です。

たかが生命保険と侮らずに、住宅ローンを比較した時と同じようにしっかりと生命保険も比較し、見直すべき点があれば見直す事が、賢明な選択です。また、住宅購入時の生命保険の見直しすべきポイントについて、損保ジャパンDIY生命の公式サイトが具体的な事例を交え解説しており、とても参考になります。こちらもチェックしておきましょう。

損保ジャパンDIY生命
住宅購入時の保障プラン
損保ジャパンDIY生命 住宅購入時の保障プラン

ちなみにこの技は新規で住宅ローンを購入する方はもちろん、借り換えの予定がある方や、今の住宅ローンをそのまま継続される方にも効果があります。住宅購入後、まだ生命保険を見直していないという方はこの機会に一度チェックしておきましょう。

参考サイト -クチコミランキング-

Ranking住宅ローン(変動金利)ランキング
じぶん銀行 住宅ローン変動金利
住宅ローンの提供開始は2015年からと新しいが、他の住宅ローンにはないサービスを提供。特に変動金利の優遇幅やがん50%団信が無料付帯できる点は大きな魅力
住信SBIネット銀行 住宅ローン変動金利
保証料、団信保険料、8疾病保障、一部繰上げ返済手数料無料という高い利便性を誇る。数ある住宅ローン変動金利の中でも圧倒的な低金利を実現
イオン銀行 住宅ローン(変動金利)
イオン銀行が提供する変動金利型の住宅ローン商品。イオン銀行では変動金利及び短期固定~10年固定金利に特に力を入れており、金利を優遇している
ソニー銀行 住宅ローン(変動金利)
通常の金利プランの他にも選択できるプランが多い。「変動セレクト住宅ローン金利プラン」では表面金利が大幅に低く設定されている
新生銀行 住宅ローン変動金利
保証料や繰上げ返済手数料、団信生命保険料無料など、充実したサービスを提供。変動金利は、特約条項付きながら低金利を実現。団信が充実した安心パックWも好評
Ranking住宅ローン(借り換え)ランキング
住信SBIネット銀行
フラット35を超える優遇金利、団信保険料無料、繰上げ返済手数料無料等サービスが充実。8疾病保障も無料付帯する注目の住宅ローン
新生銀行 住宅ローン
固定期間は最大で35年、繰上げ返済手数料、保証料、団体信用保険料無料と他社にないサービス内容が魅力。借り入れも借り換えも可能
ソニー銀行 住宅ローン
ソニー銀行の住宅ローン。2種類の金利タイプに加え、繰り上げ返済手数料、団信保険料無料等サービスが充実。金利スイッチにも対応
イオン銀行 住宅ローン
変動金利、固定3年、固定10年等、特定の期間の住宅ローン金利を大幅に優遇。また住宅ローン利用者はイオングループでの買い物時に優遇が受けられる等特典が充実
楽天銀行 フラット35
最長35年固定で借りることができ、数あるフラット35提携住宅ローンの中でも最も金利が低い。またフラット35の返済口座を楽天銀行に指定すると事務手数料がさらに割安に