住宅ローン比較のポイントについて解説します。

住宅ローン比較のポイント

住宅ローン比較.jp
ホーム > 基礎知識一覧 > 住宅ローン比較のポイント

住宅ローン比較のポイント

住宅ローン比較のポイント

住宅ローン比較に良く寄せられる質問に「住宅ローンをいろいろと比較していくと各社金利も違えば事務手数料も違い、繰り上げ返済の手数料や保険の取り扱い等にも違いがあるので、どこを見れば良いのわからない」というものがあります。

一言で住宅ローンと言っても金融機関によって提供する商品に大きな違いがあり、金利や繰り上げ返済手数料だけ見ても、全く条件が同じという会社は1社もありません

例えば表面金利が低くても事務手数料が高ければ、総返済額では高くなってしまう場合もあり得ます。繰り上げ返済についても同様で、住宅ローンの原則は繰り上げ返済を上手く活用し、総返済額をいかに減らしていくかが重要なポイントになっており、このコストが高い会社は非常に使い難いと言わざるを得ません。

また最近では多くの住宅ローンで団体信用生命保険に保険を追加できるようになっていますが、この保険料は金利に上乗せされるケースが多い点にも注意が必要です

これらの点をまとめると以下のようなポイントが見えてきます。

住宅ローン比較のポイント

1.住宅ローン金利
住宅ローン金利の低さはやはり最も優先度が高いチェックポイントです
2.事務手数料含む借り入れにかかる初期費用
自己資金があまりない場合、そもそも事務手数料が高い住宅ローンを借り入れるのは困難です。初期費用がどの程度かかるかも住宅ローンを比較、検討する上で欠かせないポイントです。
3.繰り上げ返済手数料
上述した通り、繰り上げ返済を活用し、できるだけ早く住宅ローンの元金を減らしていく事が総返済額を圧縮する上で重要です。できるだけ繰り上げ返済の自由度が高い住宅ローンを選びましょう。
4.保険を含む付加価値
団体信用生命保険は住宅ローンの主契約者が死亡した場合、その後の返済が免除される保険で、住宅ローンのほとんどで加入を義務付けられています。最近では3大疾病や8疾病にかかった場合、期間中の保険料を保障または免除する住宅ローンもあります。これらの保障を希望される方はその際にかかる費用についてチェックしておきましょう。

これらのポイントにプライオリティを付け、自分が優先すべき点が充実している保険を選ぶことが住宅ローン選びのポイントです。

例えば、初期費用があまり用意できないという人は、事務手数料が高い住宅ローンは除外して検討を行うべきですし、繰り上げ返済をする予定はないという人であれば、3の項目は無視して構いません。

全てを満たそうとすると比較するポイントがずれ、住宅ローンを絞り込めなくなってしまうので、ポイントを理解した上で自分のライフスタイルに合った住宅ローンを絞り込んでいきましょう。

住宅ローン比較 関連ランキング

Ranking住宅ローン(変動金利)ランキング
じぶん銀行 住宅ローン変動金利
住宅ローンの提供開始は2015年からと新しいが、他の住宅ローンにはないサービスを提供。特に変動金利の優遇幅やがん50%団信が無料付帯できる点は大きな魅力
住信SBIネット銀行 住宅ローン変動金利
保証料、団信保険料、8疾病保障、一部繰上げ返済手数料無料という高い利便性を誇る。数ある住宅ローン変動金利の中でも圧倒的な低金利を実現
イオン銀行 住宅ローン(変動金利)
イオン銀行が提供する変動金利型の住宅ローン商品。イオン銀行では変動金利及び短期固定~10年固定金利に特に力を入れており、金利を優遇している
ソニー銀行 住宅ローン(変動金利)
通常の金利プランの他にも選択できるプランが多い。「変動セレクト住宅ローン金利プラン」では表面金利が大幅に低く設定されている
新生銀行 住宅ローン変動金利
保証料や繰上げ返済手数料、団信生命保険料無料など、充実したサービスを提供。変動金利は、特約条項付きながら低金利を実現。団信が充実した安心パックWも好評
Ranking住宅ローン(借り換え)ランキング
住信SBIネット銀行
フラット35を超える優遇金利、団信保険料無料、繰上げ返済手数料無料等サービスが充実。8疾病保障も無料付帯する注目の住宅ローン
新生銀行 住宅ローン
固定期間は最大で35年、繰上げ返済手数料、保証料、団体信用保険料無料と他社にないサービス内容が魅力。借り入れも借り換えも可能
ソニー銀行 住宅ローン
ソニー銀行の住宅ローン。2種類の金利タイプに加え、繰り上げ返済手数料、団信保険料無料等サービスが充実。金利スイッチにも対応
イオン銀行 住宅ローン
変動金利、固定3年、固定10年等、特定の期間の住宅ローン金利を大幅に優遇。また住宅ローン利用者はイオングループでの買い物時に優遇が受けられる等特典が充実
楽天銀行 フラット35
最長35年固定で借りることができ、数あるフラット35提携住宅ローンの中でも最も金利が低い。またフラット35の返済口座を楽天銀行に指定すると事務手数料がさらに割安に