マイナス金利導入による住宅ローンへの影響と金利の今後の見通し

マイナス金利 住宅ローン

住宅ローン比較.jp
ホーム > 基礎知識一覧 > マイナス金利と住宅ローン

マイナス金利と住宅ローン

日本銀行がマイナス金利の導入を決定!住宅ローンへの影響は?

2016年1月29日に日本銀行が日本の金融政策史上初めて、マイナス金利の導入を決定しました。実際に日銀がマイナス金利を適用する範囲は銀行が日銀に預け入れしている当座預金のごく一部(※日銀に銀行が当座預金として預けている1割程度)であり、現時点での影響範囲は非常に限られていますが、市場は大きく反応しており、2016年2月9日に10年もの国債の金利がはじめて0%を下回り、マイナス金利をつけました。

これはつまり10年もの国債を購入し、10年後満期になり、お金を受け取る際、マイナス金利分、お金が減っている事を意味します。(※なぜお金を預けてお金が減るのか、とても不思議な現象ですが、実は欧州では2014年からマイナス金利政策が取られており、前例のない施策ではありません。)

この施策は実は住宅ローンにも大きく影響します。なぜなら各金融機関が中長期の住宅ローン金利を決める際、ベンチマークとしている金利が10年もの国債だからです。つまりこの金利が下がれば住宅ローン金利は下がる余地があるという事ができます。

マイナス金利によって、我々が銀行に預けている預金金利が下がるというデメリットがある一方で、住宅の購入を検討している方は、住宅ローン金利が下がるというメリットを享受する事ができるでしょう

マイナス金利と住宅ローン金利の今後の動き

ではマイナス金利状況下で住宅ローン金利は今度どのように推移していくのでしょうか?まず現時点で言えるのは、日銀が当座預金のごく一部にマイナス金利を設定した事によって、住宅ローン金利までマイナスになる可能性はないという点です

日銀がマイナス金利を発表する前の10年もの国債の金利は0.2%前後、対して10年固定の住宅ローン金利は概ね0.8~1%前後でした。中長期の住宅ローン金利は10年もの国債の金利をベンチマークに、各銀行が必要となる経費や利益を上乗せした上で設定しています。10年もの国債の金利がたとえ0%前後で推移したとしても、住宅ローン金利の下落幅は最大でも0.2%に収まる事が予想されます(※実際には下落幅はもっと小さくなるでしょう)。

もし今後住宅ローン金利がさらに下がる可能性があるとしたら、日銀がマイナス金利の幅、もしくは対象をさらに拡大した場合ですが、今回の政策の効果を見極めるため、数カ月間は様子を見る事になるはずです。またマイナス金利は銀行経営を圧迫する等、副作用が多い施策である事から、容易に追加引き下げを行うとは思えません。住宅ローン比較.jp編集部では、2016年3月以降、マイナス金利が拡大するとは考えておらず、住宅ローン金利も落ち着いて推移すると予想します

住宅ローンの審査と最適な申し込みのタイミング

次は住宅ローン審査と最適な申し込みのタイミングについて考えます。日銀がマイナス金利の導入を決定したのが2016年1月29日。そこから金利は大きく低下しましたが、金融機関各社が提示する2月の住宅ローン金利発表時点ではまだ金利は下がり切っていませんでした。2月に入り金利がさらに低下している事を考えると、3月にはもう少し住宅ローン金利が下がる可能性があります。こう聞くと多くの方が3月の金利を見た上で住宅ローンの借り入れ、借り換えの申し込みをしようと考えるかと思いますが、実はこの考え方は間違いです

なぜなら住宅ローンは、審査に申し込んだタイミングの金利が適用されるのではなく、審査に通り、実際に実行する際の金利が適用されるからです。つまり2016年2月に審査を申込み、2月中に審査を通過したとしても、住宅ローンの実行が3月があれば、金利は3月のものが適用される事になります。逆に2016年3月に住宅ローンの実行を希望し、2016年3月に住宅ローン審査を申し込んだとしても、3月中に審査が完了しなければ、住宅ローン金利は4月以降のものが適用されるのです。

また一般的に3月は住宅ローンの申し込みが最も増える時期と言われています。2016年3月に関してはマイナス金利の影響もあり、例年より大幅に申し込みが増える可能性が高い事から、人気がある住宅ローンに申し込むと、審査には1ヶ月~1か月半程度かかる可能性を考慮しておかなければいけません

2016年3月の住宅ローン実行を希望されるのであれば、2月中に住宅ローン審査に申し込んでおいたほうが良いでしょう

マイナス金利による金利低下が期待できる住宅ローンは?

それでは最後にマイナス金利による金利低下の恩恵を期待できる住宅ローンをご紹介したいと思います。住宅ローン比較.jp編集部では、毎月住宅ローンの金利動向をウォッチしていますが、長期金利が下がった際、住宅ローン金利の引き下げ幅が大きいのは、やはり店舗を持たず運営しているネット銀行です。なかでも金利の低さと利便性の高さから圧倒的な人気を誇るのが住信SBIネット銀行の住宅ローンでしょう。また一部金利に関しては住信SBIネットを超える低金利を実現しているイオン銀行の住宅ローンにも注目です。またサービスの提供開始は2015年12月からとまだ日は浅いのですが、日本で初めて住宅ローンの申し込みのネット完結を実現したじぶん銀行の住宅ローンにも注目です。じぶん銀行の住宅ローンは、金利の低さに加え、がんになった場合、住宅ローンの返済が二分の一になる団信を無料付帯させる事ができ、審査にかかる期間が最低10日と他の住宅ローンにはないサービスを提供しています。特に2016年3月に住宅ローンの借り入れ、借り換えを希望している人にとって、魅力ある住宅ローンと言えるでしょう。

住宅ローン比較.jp編集部厳選:マイナス金利による金利低下が期待できる住宅ローン 3選

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行 住宅ローン

特徴
ネット銀行が提供する住宅ローンの中でも常に最低水準の金利を提供。保証料、一部繰り上げ返済手数料無料に加え、返済口座への資金移動も無料。また団体信用生命保険に追加費用なしで8疾病保障を付帯できる点も魅力。
変動金利 ※2016年2月12日時点
0.569~0.579%
※借換えの場合、優遇金利を適用
主な固定金利 ※2016年2月12日時点
  • 当初2年固定 0.450%
  • 当初5年固定 0.550%
  • 当初10年固定 0.840%

このサイトへ行く

イオン銀行

イオン銀行 住宅ローン

特徴
イオン銀行が提供する住宅ローン。イオン銀行で住宅ローンの借り入れ、借り換えを行うとイオングループでの買い物が5%OFFになるサービスを提供。また優遇金利を適用し、提供する住宅ローンを3年、5年、10年に限定する事で、他の住宅ローンと比較しても有利な金利を実現している。
変動金利 ※2016年2月12日時点
0.57%
 
主な固定金利 ※2016年2月12日時点
  • 当初3年固定 0.380%
  • 当初5年固定 0.500%
  • 当初10年固定 0.790%

このサイトへ行く

じぶん銀行 住宅ローン

じぶん銀行 住宅ローン

特徴
2015年12月にサービスを開始した新しい住宅ローン。都銀はもちろんネット銀行でも実現できていなかった住宅ローン申し込みのネット完結を実現。これにより印紙代が必要なくなり、その分他の住宅ローンよりもお得度が高い。また住宅ローンを申し込む際、紙でのやり取りが必要ないため、最短で10営業日という短期間で住宅ローン審査時間が完了する。
変動金利 ※2016年2月12日時点
0.568%
 
主な固定金利 ※2016年2月12日時点
  • 当初2年固定 0.568%
  • 当初3年固定 0.550%
  • 当初10年固定 0.990%

このサイトへ行く

Ranking低金利住宅ローン(固定金利)ランキング
新生銀行 住宅ローン
固定期間は最大で35年、繰上げ返済手数料、保証料、団体信用保険料無料と他社にないサービス内容が魅力。金利も低い
住信SBIネット銀行
固定期間は最大で35年。優遇金利適用後の金利はフラット35を大きく上回る。保証料、繰り上げ返済手数料、8疾病保障も無料
イオン銀行 住宅ローン
イオンでの買い物が毎日5%OFFになるイオンセレクトクラブへの加入が出来るなど、サービスが充実。優遇金利に大きな魅力
ソニー銀行 住宅ローン
固定期間は最大35年。金利を簡単にスイッチできるサービスを提供。金利も低く、繰り上げ返済は24時間365日対応し、手数料も無料
楽天銀行 フラット35
住宅金融支援機構と楽天銀行が提携し、提供する長期固定金利住宅ローン。楽天銀行は数あるフラット35の中で最低金利を実現。事務手数料にも優位性がある
Ranking住宅ローン(変動金利)ランキング
じぶん銀行 住宅ローン変動金利
住宅ローンの提供開始は2015年からと新しいが、他の住宅ローンにはないサービスを提供。特に変動金利の優遇幅やがん50%団信が無料付帯できる点は大きな魅力
住信SBIネット銀行 住宅ローン変動金利
保証料、団信保険料、8疾病保障、一部繰上げ返済手数料無料という高い利便性を誇る。数ある住宅ローン変動金利の中でも圧倒的な低金利を実現
イオン銀行 住宅ローン(変動金利)
イオン銀行が提供する変動金利型の住宅ローン商品。イオン銀行では変動金利及び短期固定~10年固定金利に特に力を入れており、金利を優遇している
ソニー銀行 住宅ローン(変動金利)
通常の金利プランの他にも選択できるプランが多い。「変動セレクト住宅ローン金利プラン」では表面金利が大幅に低く設定されている
新生銀行 住宅ローン変動金利
保証料や繰上げ返済手数料、団信生命保険料無料など、充実したサービスを提供。変動金利は、特約条項付きながら低金利を実現。団信が充実した安心パックWも好評