フラット35の審査基準をわかりやすく解説!

フラット35 審査 基準

住宅ローン比較.jp
ホーム > 基礎知識一覧 > フラット35の審査

フラット35の審査

はじめに

フラット35とは、住宅金融支援機構が民間の金融機関と提携し、販売する全期間固定金利型の住宅ローン。フラット35であれば、完済までの金利を固定することができるので、返済計画を立てやすい点が最大のメリット。
また、民間の金融機関が販売する住宅ローンと比較すると、住宅ローン審査のハードルが低く、利用しやすいというメリットも

そこで今回は、フラット35の審査に注目。既定の審査に通過するための基準を徹底解説します。フラット35の利用を検討している方は、本特集を参考に審査基準をチェックし、フラット35の審査通過に役立てましょう!

フラット35の審査

上記でご紹介したように、フラット35は民間の金融機関が販売する住宅ローンと比較すると、審査のハードルが低いというメリットがあります。
例えば、民間の金融機関が販売する住宅ローンの場合、年収や職種、勤続年数等が審査基準に含まれますが、フラット35の場合、年収等はそれほど重視されず、借り入れする上での年収制限もありません。例えば収入が不安定とされ、民間の金融機関では住宅ローンを組むことが難しい自営業(個人事業主)の方でも、フラット35であれば、審査に通りやすく、融資を受けることが可能です。
では、フラット35の場合、どのような点が審査の基準となっているのでしょうか?
フラット35の審査基準を詳しく見ていきましょう。

フラット35の審査基準

年齢
国籍
・日本国籍の方、永住許可を受けているまたは特別永住者の方で日本国内に住んでいる方
年間返済額の割合
・年収に占める借入れ(※フラット35含む)の年間返済額の割合が以下の基準を満たしていること
  • 年収400万円未満・・・年間返済額の割合:30%以下
  • 年収400万円以上・・・年間返済額の割合:35%以下
物件の条件
・借入れの対象となる住宅が、新築・中古問わず、住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合していること
・住宅の床面積が以下の条件を満たしていること
  • 一戸建ての場合・・・70㎡以上
  • マンションの場合・・・30㎡以上
・住宅建設費(※土地の所得費も含めることが可能)または、住宅購入価額が税込1億円以下であること
借入れ金額
・100万円以上8,000万円以下(※1万円単位)。住宅建設費または住宅購入価額の10割以下まで借り入れることができる。ちなみに、融資比率が9割を超えると金利が高くなる点は注意が必要
利用目的
・申し込みをする本人または親族が住む新築住宅の建設・購入資金または、中古住宅の購入資金
週末等に自分で利用する住宅(セカンドハウス)の建設・購入にも利用可能

おすすめのフラット35

フラット35は、様々な金融機関が取り扱っており、上記でご紹介した「審査基準」は、どのフラット35にも共通して適用されます。また、「フラット35」という名称も同じため、フラット35と言うと、どの金融機関が取り扱っているフラット35も同じものと考えてしまいがちです。
しかし、一口にフラット35と言っても、実際には、取り扱う金融機関によって、手数料や特徴が大きく異なります。金融機関によっては、フラット35で借り入れが難しい場合、融資で賄うことができるサービスを提供しているケースもあるのです。
フラット35の利用を検討する際は、各金融機関が提供するフラット35の内容をしっかり比較・検討し、ご自身の家庭に合ったものを選びましょう。

【編集部おすすめのフラット35】
楽天銀行 フラット35

楽天銀行 フラット35

融資事務手数料
1.404%(税込)→楽天銀行を返済口座に指定すると1.08%(税込)に優遇
保証料、繰上返済手数料
0円
審査期間
申込書の請求から融資の借入れまで、最短40日程度(楽天銀行の口座を開設する場合は、さらに2週間程度)
おすすめポイント
  • 楽天銀行が提供するフラット35
  • 融資事務手数料が他のフラット35と比較し、低く設定(税込1.404%)。さらに、フラット35の返済口座に「楽天銀行」をし指定すると1.08%に優遇
  • 楽天銀行の優遇プログラム「ハッピープログラム」を利用可能

このサイトへ行く

住信SBIネット銀行 フラット35

住信SBIネット銀行 フラット35

融資事務手数料
1.62%(税込)→住信SBIネット銀行を返済口座に指定すると1.08%(税込)に優遇
保証料、繰上返済手数料
0円
審査期間
  • 事前審査:WEB登録日から1~3営業日程度
  • 本審査:書類到着から1ヵ月半~2ヵ月程度
おすすめポイント
  • 住信SBIネット銀行が2015年9月から取り扱いを開始したフラット35
  • フラット35の返済口座に「住信SBIネット銀行」を指定すると、融資事務手数料が1.62%(税込)から1.08%(税込)へ優遇
  • 金利に0.54%上乗せすることで、8疾病保障が付帯する団信へ加入可能

このサイトへ行く

ARUHI(旧SBIモーゲージ) フラット35

ARUHI(旧SBIモーゲージ) フラット35

融資事務手数料
2.16%(税込)
保証料、繰上返済手数料
0円
審査期間
  • 事前審査:最短当日
  • 本審査:最短3営業日
おすすめポイント
  • 5年連続でフラット35の取り扱い高No.1を誇るARUHI(旧SBIモーゲージ)が提供するフラット35
  • 全国168ヵ所(※2015年3月31日現在)に店舗を展開。住宅ローンの相談に無料で対応。
  • 8疾病保障や、AIU火災保険20%割引加入等、付帯保障が充実。

このサイトへ行く

まとめ

フラット35は、年収や職業、勤続年数等で利用できるかどうかが決まる民間の住宅ローンと比較すると、審査のハードルが低いため、根強い人気がある住宅ローン商品です。例えば自営業の方や派遣社員の方でも、収入が安定していればフラット35を借り入れることができるので、大変利便性が高く、支持率の高い住宅ローンの一つとなっています

その一方で、フラット35の審査がいかに緩やかだとしても、利用基準を満たしていなければ、審査に通過することはできません。

フラット35の利用を検討する際は、まずは審査基準をしっかりと確認し、その条件を忘れることがないよう、きちんと確認を取った上で利用申請を行いましょう。

関連ページフラット35ランキング

Ranking低金利住宅ローン(固定金利)ランキング
新生銀行 住宅ローン
固定期間は最大で35年、繰上げ返済手数料、保証料、団体信用保険料無料と他社にないサービス内容が魅力。金利も低い
住信SBIネット銀行
固定期間は最大で35年。優遇金利適用後の金利はフラット35を大きく上回る。保証料、繰り上げ返済手数料、8疾病保障も無料
イオン銀行 住宅ローン
イオンでの買い物が毎日5%OFFになるイオンセレクトクラブへの加入が出来るなど、サービスが充実。優遇金利に大きな魅力
ソニー銀行 住宅ローン
固定期間は最大35年。金利を簡単にスイッチできるサービスを提供。金利も低く、繰り上げ返済は24時間365日対応し、手数料も無料
楽天銀行 フラット35
住宅金融支援機構と楽天銀行が提携し、提供する長期固定金利住宅ローン。楽天銀行は数あるフラット35の中で最低金利を実現。事務手数料にも優位性がある
Ranking住宅ローン(変動金利)ランキング
じぶん銀行 住宅ローン変動金利
住宅ローンの提供開始は2015年からと新しいが、他の住宅ローンにはないサービスを提供。特に変動金利の優遇幅やがん50%団信が無料付帯できる点は大きな魅力
住信SBIネット銀行 住宅ローン変動金利
保証料、団信保険料、8疾病保障、一部繰上げ返済手数料無料という高い利便性を誇る。数ある住宅ローン変動金利の中でも圧倒的な低金利を実現
イオン銀行 住宅ローン(変動金利)
イオン銀行が提供する変動金利型の住宅ローン商品。イオン銀行では変動金利及び短期固定~10年固定金利に特に力を入れており、金利を優遇している
ソニー銀行 住宅ローン(変動金利)
通常の金利プランの他にも選択できるプランが多い。「変動セレクト住宅ローン金利プラン」では表面金利が大幅に低く設定されている
新生銀行 住宅ローン変動金利
保証料や繰上げ返済手数料、団信生命保険料無料など、充実したサービスを提供。変動金利は、特約条項付きながら低金利を実現。団信が充実した安心パックWも好評