基礎知識住宅ローンの固定金利

住宅ローンの固定金利

はじめに住宅ローンの固定金利

住宅ローン金利を大きく分けると、固定金利と変動金利の2種類に集約されます。
住宅ローンは金利の種類と借り入れる金利によって、最終的な総返済額が大きく変わってくるため、固定金利にするか、変動金利にするかは非常に重要な選択です。
そこで今回の住宅ローン基礎知識では、この2つの金利のうち、固定金利に注目。その特徴や利用するメリット、注意点をわかりやすく解説します。

住宅ローンの固定金利とは?住宅ローンの固定金利

住宅ローンの固定金利

固定金利とは、選択した期間の金利が一定となる住宅ローンの総称です。
住宅ローンを組む際、固定金利を選択する人の多くは、固定金利を選ぶことによって、総返済額が予想しやすくなる点を最大のメリットと考えており、安心して利用できるという点では変動金利を大きく上回ります。

ちなみに固定金利と一言で言っても実は種類は一つではありません。
固定金利には、金利が全期間固定される「全期間固定金利型」と、一定期間金利が固定され、その後に関しては改めて選択する「固定金利特約型」の2つがあり、それぞれ特徴が異なります。以下は「全期間固定金利型」と「固定金利選択型」の特徴をまとめたものです。

全期間固定金利型

借り入れから完済まで、金利が一定の住宅ローン。変動金利型や固定金利特約型の住宅ローンと比較すると、金利はやや高めに設定されていますが、景気の影響を受けず、借り入れ時に金利と総返済額を確定させることができるため、返済計画が立てやすく、安心して利用できるメリットがあります
ちなみに、全期間固定金利型で借り入れたとしても、住宅ローンの借り換えは可能です。自分が借り入れを行った時点から著しく金利が低下した場合、他の住宅ローンに借り換え、総返済額を圧縮することもできるので、全期間固定金利型で借り入れた場合でも、金利情勢はチェックしておくと良いでしょう。

  • こんな人におすすめ!
  • 目の前の金利の低さよりも将来の安心を優先し、住宅ローンを利用したい人

固定金利特約型

固定金利特約型とは、選択した固定金利の特約期間中は金利が固定され、特約期間が終了するタイミングで、次の期間に利用する住宅ローンの金利タイプと期間を選択する住宅ローンのこと。全期間固定金利型と比較すると、特約期間中の金利は大幅に低く設定されていることが多い点が最大のメリット。また変動金利と比較しても、特定の期間であれば、金利が低くなるケースがあり、固定金利を選ぶ方の中で最も人気があるのがこの商品です。
一方で特約期間終了後、金利が大幅に上がるケースが多い点には注意が必要です。固定金利特約型を利用する方は、特約期間終了後、住宅ローンの契約を継続するか、他社に借り換えるかをしっかり検討すると良いでしょう

ちなみに、固定金利特約型は、適用される金利の優遇幅によってさらに2種類に分かれます。それぞれの特徴は以下の通りです。

1金利の優遇幅が全期間一定 借り入れから完済まで、金利の優遇幅が変わらず、金利優遇のメリットを受けることができる住宅ローン
特約期間中はもちろん、特約期間終了ごも金利の優遇幅が変わらないので、特約期間終了のタイミングで基準金利が下がった場合、総返済額を減らすことが可能です。
  • こんな人におすすめ!
  • 借り入れから完済まで、金利優遇のメリットを受けたい人
  • 一つの住宅ローンを継続して利用したい人
2特約期間中の金利の優遇幅が大きい 特約期間中は金利を大きく優遇し、特約期間終了後は金利の優遇幅が縮小する住宅ローン
特約期間中は、低金利で利用できるメリットがある一方で、特約期間終了後、金利の優遇幅が縮小するため、金利が大きく上昇する可能性がある点には注意が必要。
  • こんな人におすすめ!
  • 借り入れ当初の時期の返済額を抑えたい人
  • 特約期間終了後に住宅ローンを見直し、他の住宅ローンに借り換える可能性が高い人

固定金利で利用したいおすすめの住宅ローンを比較住宅ローンの固定金利

住宅ローンは、提供している金融機関によって、金利水準が異なります。
ここでは、数ある住宅ローンの中から、固定金利で利用したいおすすめの住宅ローンを紹介します。各住宅ローンの金利や特徴をチェックしましょう。

住宅ローン比較 編集部おすすめ!固定金利に強いおすすめの住宅ローン

住信SBIネット銀行 住宅ローン

住信SBIネット銀行 住宅ローン

主な金利(2017年3月適用金利)
  • 当初3年固定0.45
  • 当初5年固定0.47
  • 当初10年固定0.56
  • 当初20年固定1.06
特徴 オリコンが実施する住宅ローン満足度ランキングで、3年連続第1位(※2016年6月現在)を獲得する等、高い人気を誇る住宅ローン。
固定金利はもちろん、変動金利においても、他の住宅ローンと比較し、最低水準の金利を実現。特に、固定金利特約型を利用した場合、金利が大幅に優遇され、低金利で住宅ローンが利用できる点はチェックしておきたい。
また、保証料や繰上げ返済手数料が無料であることに加え、8疾病保障が無料付帯する点も嬉しい
住宅ローンの利用を検討する際は、ぜひ候補に入れておくと良いだろう。

このサイトへ行く

新生銀行 住宅ローン

新生銀行 住宅ローン

主な金利(2017年3月適用金利)
  • 当初3年固定0.85
  • 当初5年固定0.85
  • 当初10年固定1.050
  • 当初20年固定1.300
特徴 新生銀行が提供する住宅ローン。
新生銀行住宅ローンは、変動金利・固定金利ともに低金利を実現していることに加え、ユーザー視点に立った利便性の高いサービスが充実。保険料、団信保険料、繰上返済手数料等が無料の他、要介護状態に備える「安心保障付団信」や、繰上げ返済で短くなった期間の分だけ元本返済をストップできる「コントロール返済」を利用することもできる
さらに、病児保育サービスや家事代行サービスが付帯した特約「安心パックW」を提供している点もチェックしておきたい。
金利はもちろん、サービスが充実している住宅ローンの利用を検討している人におすすめ。

このサイトへ行く

イオン銀行 住宅ローン

イオン銀行 住宅ローン

主な金利(2017年3月適用金利)
  • 当初3年固定0.38
  • 当初5年固定0.50
  • 当初10年固定0.59
  • 当初20年固定
特徴 イオングループのイオン銀行が提供する住宅ローン。
イオン銀行では、変動金利、3年・5年・10年の短期~中期間の固定金利住宅ローンを中心にサービスを提供。固定金利利用時は、完済まで店頭表示金利から最大1.6%金利が優遇され、低金利で利用することができる(※変動金利の場合、最大1.8%金利を優遇することが可能)。
また、実店舗・オンラインショップ問わず、イオングループでの買い物が、毎日5%OFFになる特典が付帯する点も要チェック
イオンで買い物をする機会が多い人におすすめの住宅ローンと言えるだろう。

このサイトへ行く

まとめ住宅ローンの固定金利

固定金利で住宅ローンを利用すると、固定期間で借り入れている期間は毎月の返済額が確定でき、計画的な返済が可能です。将来の金利の変動に備え、住宅ローンの返済計画を今のうちからしっかり決めておきたいという方には、固定金利型の住宅ローンをおすすめします。
住宅ローンの利用を検討する際は、金利や特徴をしっかりと確認し、自分に合った住宅ローンを選びましょう。