基礎知識住宅ローン審査に通りやすい金融機関とは?自営業OKの銀行も

住宅ローン審査に通りやすい金融機関とは?自営業OKの銀行も

住宅ローン審査の基準とは住宅ローン審査に通りやすい金融機関とは?自営業OKの銀行も

住宅ローンを組むためには借り入れ(借り換え)を希望する金融機関の審査に通過しなけばいけません。この住宅ローンの審査を通過するためには、「定職に就いていること」「安定的な収入があること」が、全ての金融機関に共通する必須の条件です。

そしてこの必須の条件に加え、住宅ローンを申し込む金融機関によって、設けられている審査基準に通過することが、住宅ローンを借り入れる条件になります。

ちなみに、多くの金融機関が、個別に設けている審査基準を公表しておらず、勤務先・勤続年数など、申込者の属性を総合的に判断するのが一般的です。また、一部の金融機関では、正社員であることを申し込みの要件にしているケースもあります。

また自営業・契約社員・派遣社員の方は、住宅ローン審査に通りにくいのが実情です。

本特集では、住宅ローンの審査に通りやすい金融機関を厳選。住宅ローン審査に落ちたという方も、諦める必要はありません。

自分に合った住宅ローンを選び、審査の通過を目指しましょう。

住宅ローン審査が厳しい金融機関とは住宅ローン審査に通りやすい金融機関とは?自営業OKの銀行も

住宅ローン審査に通りやすい金融機関とは?自営業OKの銀行も

数ある金融機関の中でも住宅ローン審査が厳しいと言われているのは、メガバンク、第一地銀、信託銀行です。大手金融機関は、ネット銀行や政府系金融機関と比較すると、リスクを避ける傾向が強いため、審査は必然的に厳しくなります。そのため、収入面で安定性に欠けると判断される傾向がある自営業・契約社員・派遣社員の方が審査に通過するのは容易ではありません。

住宅ローン審査に通過する申し込みの要件としては「正社員で1年以上勤務している方」「年収400万円以上」などの条件が設定されているケースもあります。

またネット銀行などでも住宅ローン審査が厳しくなるケースもあります。住宅ローン審査が厳しくなる最大の理由は、「融資額の大きさ」です。仮に契約者が住宅ローンの返済をできなくなった場合、金融機関は住宅を売却することで資金の回収を図ります。しかし、住宅は購入時から徐々に価値が下がり、物件価格が高くなればなるほどリスクが上がっていきます。このリスクを抑えるため、融資額が大きいケースほど、住宅ローンの審査は厳しくなり、金融機関は慎重な審査を行うのです。

タイプ別で考える住宅ローン審査に通りやすい金融機関住宅ローン審査に通りやすい金融機関とは?自営業OKの銀行も

先ほどのチャプターで自営業・契約社員・派遣社員は、住宅ローン審査が厳しいという説明をしましたが、自営業・契約社員・派遣社員の方が住宅ローンを組めないかというと、決してそんなことはありません。

金融機関の中には、雇用形態や勤続年数だけで審査を行わず、融資を実行してくれるケースもあるのです

住宅ローン審査に通りやすい金融機関とは?自営業OKの銀行も

例えば、住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携し、提供するフラット35では、雇用形態や勤続年数による申し込み要件を設けていません。また、特定の条件を満たすことで利用できる住宅ローンもあります。信用金庫や第二地銀など、住宅ローン商品の販売に力を入れている金融機関も、大手金融機関と比較すると審査に通りやすい傾向があります。

希望していた住宅ローン審査に落ち、審査に通る可能性がある金融機関を探しているという方はもちろん、返済計画を立てやすいフラット35を当初から検討していたという方もフラット35を軸に住宅ローンの利用を検討してみてはいかがでしょう?

住宅ローン審査に通りやすい金融機関 その1
フラット35おすすめ

「住宅ローンの審査に通るか不安」という方が、まず候補として検討すべきなのが、フラット35提携住宅ローンです。フラット35には、国民の住宅購入を支援するという目的のもと、政府系金融機関である住宅金融支援機構と民間金融機関が提供を行っており、長期固定金利の低さでは、民間の金融機関を下回る低金利を実現しています。

また、住宅金融支援機構では他の金融機関の住宅ローンと異なり審査基準をすべて公開。申し込み可能な最低年収などの定めもないため、他の金融機関よりも申し込みやすい点が最大のメリットです。

フラット35の審査基準

総返済負担率が次の基準以下であること。

年収 400万円未満 400万円以上
基準 30% 35%

おすすめのフラット35提携住宅ローン

楽天銀行 フラット35

楽天銀行 フラット35

楽天銀行が提供するフラット35提携住宅ローン。事前審査は最短で翌日に回答が来るため、気になる審査結果を早く知ることができる。数あるフラット35提携住宅ローンの中でも、最低水準の金利と事務手数料を実現。注文住宅などで必要となる土地先行取得資金・着工金・中間金を最大3回の分割にすることができる「つなぎ融資」も利用可能。また楽天銀行のフラット35利用者は、銀行ATMの無料回数が優遇される点も嬉しい。

このサイトへ行く

ARUHI フラット35

ARUHI フラット35

住宅ローン専門の金融機関、ARUHI(アルヒ)が提供するフラット35提携住宅ローン。数あるフラット35提携住宅ローンの中で8年連続シェアNo.1を達成しており、圧倒的な実績を誇っている。事前審査は最短当日、本審査は最短3営業日と素早い住宅ローン審査にも定評がある。また返済用口座は全国1,000以上の金融機関に対応。ネット経由で申し込むと、事務手数料の優遇が受けられる点も嬉しい。

このサイトへ行く

住宅ローン審査に通りやすい金融機関 その2
条件付き住宅ローン

冒頭で解説したように、金融機関の多くは自営業者・契約社員・派遣社員及び、転職して間もない会社員との契約はリスクが高いと考え、住宅ローンの貸し出しに慎重になる傾向があります。

フラット35は、審査条件が確定していることから、住宅ローンに通りやすい傾向がありますが、実はその他にも一定の借り入れ条件を適用することで、審査に通りやすい住宅ローン商品があり、使い方によっては有利な条件で借り入れることができるので、チェックしておくと良いでしょう。

住宅ローン審査に通りやすい金融機関とは?自営業OKの銀行も

住宅ローン比較 編集部がおすすめするのは、東京スター銀行の「預金連動型住宅ローン(スターワン住宅ローン)」という商品です。適用金利は他の金融機関の住宅ローンと比較すると高めに設定されていますが、スターワン住宅ローンであれば、東京スター銀行に普通預金として預け入れている分に関しては、金利が発生しないという特徴があります。例えば2,000万円の借り入れを行い、同行に500万円の普通預金を行えば、金利が発生するのは1,500万円分のみということになります。しかもこの普通預金はいつでも出し入れ可能で、普通預金を積み増せば、繰り上げ返済と同じ効果を得ることができます。

また、東京スター銀行では「正社員として1年以上、または会社役員・自営業として2年以上の安定した収入があることを公的書類にて証明できる方」という借り入れ条件を明示しています。一定の預金がある方であれば、他の住宅ローンと比較しても有利な条件で借り入れできる可能性があるので、借入先の候補の一つとして検討してみてはいかがでしょう。

おすすめの住宅ローン

東京スター銀行 スターワン住宅ローン

東京スター銀行 スターワン住宅ローン

東京スター銀行が提供するスターワン住宅ローンは、預金連動型の商品。「預金連動対象預金」の残高と同額の住宅ローン残高は金利が0%になる。預金連動後の金利は毎日計算されるため、余裕がある時は預金と積み増すば積み増すほど総返済額が減少する。また、一定以上の預金がある場合、購入する住居(不動産)ではなく、預金を担保とする方法も選択可能。一定以上の資金がある方や自営業者で他の住宅ローンの利用が難しい場合、利用を検討する価値がある住宅ローンの一つ。

このサイトへ行く

住宅ローン審査に通りやすい金融機関 その3
信用金庫、第二地銀など

住宅ローン審査に通りやすい金融機関、最後の選択肢は、地域に根ざした金融機関である、信用金庫や第二地方銀行が提供する住宅ローンです。

信用金庫や第二地方銀行など、地域を限定し、サービスを提供する金融機関にとって、最も重要な顧客は、その地域の住人です。彼らは地域の事情や顧客を取り巻く環境なども考慮し、住宅ローン審査を行うため、大手金融機関と比較すると、住宅ローン審査が丁寧で、できる限り融資できるよう配慮してくれるケースも少なくありません

住宅ローン審査になかなか通過しないという方は、ご自身の住んでいる地域の信用金庫や第二地方銀行を選択肢の一つとして検討に加えてみるのも良いでしょう。

借りやすい住宅ローンをしっかり抑え、 賢くマイホームを手に入れよう住宅ローン審査に通りやすい金融機関とは?自営業OKの銀行も

今回の特集は、住宅ローン審査に通りやすい金融機関を厳選し、ご紹介させていただきました。

住宅ローン審査になかなか通らないという方は、本特集を参考に、住宅ローン審査に改めてチャレンジしてみてはいかがでしょう。

自営業者・派遣社員・契約社員の方や勤続年数が短い方は、住宅ローン審査に通りにくいのは確かですが、通らないということではありません。

フラット35提携ローンはもちろんですが、その他の選択肢も考慮に入れつつ、住宅ローン審査にチャレンジし、念願のマイホームを手に入れましょう。