基礎知識フラット35買取型と保証型の違いとは?アルヒと住信SBIネット銀行を比較

フラット35買取型と保証型の違いとは?アルヒと住信SBIネット銀行を比較

フラット35とは?フラット35買取型と保証型の違いとは?アルヒと住信SBIネット銀行を比較

フラット35とは、借り入れ後の金利が長期間固定される「全期間固定型」の住宅ローンです。
金利が変わらない安全性や、審査基準が明確な点が利用者から支持され、高い人気を集めています

近年、住宅ローンの長期固定金利は低下傾向にあり、フラット35の金利も、変動金利(半年ごとに金利の見直しが行われる住宅ローン。固定金利と比較すると金利が低い)と比較しても、その差が縮まっています。
住宅ローンを固定金利で借り入れたい場合、取り扱う金融機関が多く、金利も最低水準にあるフラット35は、有力な選択肢の1つと言えるでしょう。

また、あまり知られていませんが、実はフラット35には「買取型」と「保証型」の2種類があります
どちらも同じく全期間固定型の住宅ローンですが、多くの金融機関が取り扱っている「買取型」のほかに、条件を満たすことで、より低金利での借り入れが可能となる「保証型」への注目も集まっています

今回は、「フラット35の買取型と保証型の違い」をテーマに、それぞれのフラット35の特徴を解説。「買取型」と「保証型」を両方とも取り扱う金融機関を例に、具体的な商品内容の違いも比較していますので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

フラット35の「買取型」と「保証型」はどこが違う?フラット35買取型と保証型の違いとは?アルヒと住信SBIネット銀行を比較

フラット35買取型と保証型の違いとは?アルヒと住信SBIネット銀行を比較

フラット35の「買取型」と「保証型」は、ともに政府系の金融機関である「住宅金融支援機構」と、民間の金融機関が提携し、提供する住宅ローンです。

この2つの違いはフラット35の販売までの流れにあります。

「買取型」は、現在300を超える金融機関が取り扱う一般的なスタイルのフラット35
住宅金融支援機構が提供するフラット35を民間の金融機関が代理販売し、後日、住宅金融支援機構が買い取るかたちをとっています。
毎月の金利設定や申込者の審査は、住宅金融支援機構が担当しているため、金融機関ごとのばらつきは少なめ。審査基準さえ満たしていれば、原則的には審査に通過することができます。
頭金を用意しないフルローンでの借り入れにも対応しており、1割以上頭金を用意すれば金利が低くなるメリットもあります。

一方で「保証型」のフラット35は、住宅ローンの募集や審査、融資手続きなどをすべて民間の金融機関が行います。金利の設定や審査は民間が行い、住宅金融支援機構は、万一の延滞時などに債務を保証する役割のみを担っています。
「買取型」と比較すると民間の金融機関の裁量が大きいため、頭金を多く用意できる場合はそのぶん低い金利が適用されるなど、利用条件によっては「買取型」よりも有利な条件でフラット35を借り入れることができます。

また、団信の付帯保証(疾病特約など)に力を入れている金融機関では、手厚い保障を受けることも可能です。

フラット35買取型の特徴

  • 審査条件が公開されており、条件を満たしていれば原則的に審査に通る
  • 融資率9割(90%)超で適用金利が下がる
  • フルローンでの借り入れも可能
  • 金融機関ごとの商品内容の差が小さい

フラット35保証型の特徴

  • 頭金の割合を高めることで買取型よりも低い金利でフラット35を利用できる
  • 団信や付帯保障の保険料・保障内容にバリエーションが多い
  • フラット35買取型よりも審査基準が厳しくなる可能性

アルヒのフラット35「買取型」と「保証型」を比較フラット35買取型と保証型の違いとは?アルヒと住信SBIネット銀行を比較

フラット35買取型と保証型の違いとは?アルヒと住信SBIネット銀行を比較

フラット35を取り扱う金融機関は数多くありますが、「買取型」と「保証型」のどちらにも対応している金融機関は、数えるほどしかありません。
住宅ローン専門の金融機関であるARUHI(アルヒ)は、2種類のフラット35を提供する数少ない金融機関のひとつ。フラット35の取り扱い件数でも9年連続No.1を誇っています。※2019年3月末時点。

アルヒの例を参考に、実際の金融機関における「買取型」と「保証型」の違いを見てみましょう。

頭金の割合(融資率)によって金利が変わる

アルヒでは特に「保証型」のフラット35に力を入れており、5種類の商品を提供しています。

ARUHIスーパーフラット6 融資率が住宅購入費用の60%以下(頭金が4割以上)の場合に利用可能
ARUHIスーパーフラット7 融資率が住宅購入費用の70%以下(頭金が3割以上)の場合に利用可能
ARUHIスーパーフラット8 融資率が住宅購入費用の80%以下(頭金が2割以上)の場合に利用可能
ARUHIスーパーフラット9 融資率が住宅購入費用の10%以下(頭金が1割以上)の場合に利用可能。年収条件が他のスーパーフラットよりも厳しくなる(返済負担率20%)
ARUHIスーパーフラット借換 借り換え専用。融資率が住宅購入費用の90%以下(頭金が1割以上)の場合に利用可能。

下の表を見ると、頭金を多めに準備できる(融資率が低い)ほど、借り入れ金利が低くなることがわかります。
ただし、同じ自己資金1割以上(融資率90%以下)で比較した場合、「保証型」と「買取型」では返済負担率の条件が異なります。
「買取型」は年収の30%から35%、「保証型」は年収の20%となっているため、1割の自己資金を用意できるケースで、より多くの資金を借り入れたい場合は「買取型」を選ぶと良いでしょう。

ARUHI(アルヒ)のフラット35買取型と保証型を比較(借入期間35年の場合)

フラット35(買取型) フラット35(保証型)
フラット35金利
(2020年1月時点)
  • 融資率90%以下・借換:年1.220%
  • 融資率90%超:年1.480%
  • 融資率60%以下:年1.070%
  • 融資率70%以下:年1.120%
  • 融資率80%以下:年1.170%
  • 融資率90%以下:年1.220%
頭金の割合 任意(融資率90%以下&借換と90%超で金利が異なる) 住宅購入・建設価額の60~90%以下(融資率により金利が異なる)
事務手数料 借入金額の2.2%(税込)※最低220,000円(税込)
返済負担率
  • 年収400万円未満:30%以下
  • 年収400万円以上:35%以下

【融資比率60~80%以下、借換】

  • 年収400万円未満:30%以下
  • 年収400万円以上:35%以下

【融資比率90%以下】

  • 年収問わず20%以下
団信 原則、機構団体信用生命保険に加入
※保険料は金利に上乗せ済み
付帯保障 8疾病保障特約プレミアムに加入可能
※保険料は別途支払い(融資金額100万円あたり600~3,000円。もしくは融資額にかかわらず9,000~11,000円。ともに年額)
借入金額 100万円以上8,000万円以下(1万円単位)
借入期間 15年以上35年(借入時年齢により変動する場合あり)
返済方法 元利均等返済、元金均等返済から選択
繰り上げ返済手数料
  • 一部繰上:無料(10万円以上もしくは100万円以上)
  • 全部繰上:無料
  • 一部繰上:無料(1万円以上1万円単位
  • 全部繰上:55,000円(税込)

住信SBIネット銀行のフラット35「買取型」と「保証型」を比較フラット35買取型と保証型の違いとは?アルヒと住信SBIネット銀行を比較

フラット35買取型と保証型の違いとは?アルヒと住信SBIネット銀行を比較

同じく、「買取型」と「保証型」のフラット35をどちらも取り扱う金融機関としては、ネット銀行大手の住信SBIネット銀行も有力候補となります。

住信SBIネット銀行もアルヒと同様、「保証型」のフラット35に力を入れており、融資比率ごとに2種類の商品を提供。
下の表をもとに「買取型」と比較してみると、金利の優遇幅が大きく、同じ融資率90%以下のフラット35同士で比較しても「保証型」のほうが、低金利で借り入れできることがわかります。
「保証型」は団信に付帯する疾病保障(全疾病保障)も無料で提供している等、サービス内容も充実しています。
ただし、事務手数料については「買取型」のほうが有利となっているため、借入額が大きい場合は、公式サイト上のシミュレーション等を活用し、総返済額で比較してみましょう。

住信SBIネット銀行のフラット35買取型と保証型を比較(借入期間35年の場合)

フラット35(買取型) フラット35(保証型)
フラット35金利
(2020年1月時点)
  • 融資率90%以下・借換:年1.27%
  • 融資率90%超:年1.53%
  • 融資率80%以下:年1.11%
  • 融資率90%以下・借換:年1.19%
頭金の割合 任意(融資率90%以下と90%超で金利が異なる) 住宅購入・建設価額の80%以下または90%以下(融資率80%以下と90%以下で金利が異なる)
事務手数料 借入金額の1.1%(税込)
※最低110,000円(税込)
借入金額の2.2%(税込)
※最低110,000円(税込)
返済負担率
  • 年収400万円未満:30%以下
  • 年収400万円以上:35%以下
団信 原則、機構団体信用生命保険に加入
※保険料は金利に上乗せ済み
住信SBIネット銀行指定の団体信用生命保険に加入
※保険料無料
付帯保障 全疾病保障に加入可能
※融資額の0.55%(税込)が事務手数料に上乗せ
全疾病保障に加入可能
※保険料無料
借入金額 100万円以上8,000万円以下(1万円単位)
借入期間 15年以上35年(借入時年齢により変動する場合あり)
返済方法 元利均等返済、元金均等返済から選択
繰り上げ返済手数料
  • 一部繰上:無料
  • 全部繰上:無料
  • 一部繰上:無料
  • 全部繰上:33,000円(税込)

フラット35を利用するなら「保証型」も狙い目!自己資金に応じてベストなフラット35を選ぼうフラット35買取型と保証型の違いとは?アルヒと住信SBIネット銀行を比較

将来の金利変動を気にする必要がない長期固定金利型の住宅ローンは、安全性を第一に考えたい方にとって非常に魅力的です。

中でもフラット35は、審査条件が緩やかなうえ、数ある固定金利の中でも低金利で設定されていることもあり、変動金利型や、期間固定型(5年固定、10年固定など)の住宅ローンと比較し、どの商品を選ぶべきか悩んている方も多いでしょう。

今回ご紹介した通り、フラット35には一般的な「買取型」だけではなく、頭金の割合によって金利が有利になる「保証型」もあります。

「保証型」のフラット35を取り扱う金融機関はまだ数えるほどしかありませんが、住宅ローン専門金融機関やネット銀行が提供する「保証型」は金利面で有利なことはもちろん、団信の付帯保障が充実しているものもあり、検討する価値は十分にあります

フラット35を検討している方は「買取型」と「保証型」の違いをしっかり理解し、ご自身に合った住宅ローンを選びましょう!

著者 長尾 尚子

著者 長尾 尚子

フリーランスライター。得意分野は、育児・教育、住宅ローン、保険、金融、エンタメ等、幅広い。子ども2人を育児中のママでもある。
【資格】消費生活アドバイザー、FP2級