基礎知識リフォームローンと住宅ローンの違いとは?リフォーム費用を含めることができるおすすめの住宅ローン3選

リフォームローンと住宅ローンの違いとは?リフォーム費用を含めることができるおすすめの住宅ローン3選

はじめにリフォームローンと住宅ローンの違いとは?リフォーム費用を含めることができるおすすめの住宅ローン3選

住宅のリフォームには、ある程度のまとまったお金が必要になります。中古住宅を購入し、リフォームを検討している方や、すでに購入したマイホームのリフォームを予定している方のなかには、ローンを組み、リフォーム費用の借り入れを検討している方も多いはず。

リフォーム費用の借り入れとなると「リフォームローン」が頭に浮かびますが、実は、住宅ローンを利用して、リフォーム費用含め、借り入れる(借り換える)こともできます

それでは、リフォーム費用を借り入れる際、リフォームローンと住宅ローンのどちらを利用すると良いのでしょうか?また、リフォームローンと住宅ローンとでは、どのような点に違いがあるのでしょうか?

今回の住宅ローン比較の特集は、リフォーム費用を借り入れる際に知っておきたい「リフォームローンと住宅ローンの違い」に注目し、わかりやすく解説。さらに、リフォーム費用を含めることができるおすすめの住宅ローンについても紹介します。

中古住宅を購入し、リフォームすることを考えている方や、マイホームのリフォームを検討している方は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

Memo リフォーム費用の相場は?

マイホームのリフォームを検討している方のなかには、そもそもリフォームにどれくらいの費用がかかるのか、気になっている方も多いはず。リフォームの規模や、その住宅が戸建てかマンションかによってリフォーム費用は大きく変わってきますが、相場の目安は以下の通りです。

  • リフォーム費用の相場
  • 部分リフォーム(キッチンやトイレ、壁紙の張替えなど、部分的なリフォーム)
    …20万円~200万円程度
  • 大規模リフォーム(マンション)
    …700万円~1,000万円程度
  • 大規模リフォーム(戸建て)
    …1,000万円~1,500万円

マイホームをリフォームする際は、どの部分をリフォームするのか、リフォームにどれくらいの費用がかかるのか、事前に確認しておきましょう。

住宅ローンでリフォーム費用の借り入れはできる?リフォームローンと住宅ローンの違いとは?リフォーム費用を含めることができるおすすめの住宅ローン3選

画像

リフォーム費用は、リフォームローンだけではなく、住宅購入費用にリフォーム費用を上乗せする形で、住宅ローンを利用し借り入れることもできます。

ただし、住宅ローンを借り入れる際、リフォーム費用を含められるかどうかは、金融機関によって判断が異なります。また、同じ金融機関でも、住宅ローンを新規で借り入れるのか、それとも借り換えるのかで条件が異なるケースも。
リフォーム費用を含めて住宅ローンを組む際は、各金融機関が提供する住宅ローンのリフォーム費用の借り入れ条件について、事前にしっかり確認しておきましょう。

主な金融機関(住宅ローン)でのリフォーム費用借り入れ条件

金融機関(住宅ローン) 住宅ローンでのリフォーム費用の借り入れ
住信SBIネット銀行
  • 新規
    ※中古物件(戸建て・マンション)の引き渡しまでにリフォーム工事が完了し、購入資金と同時にリフォーム資金を支払える場合は可。(「リフォーム工事費用が含まれている中古物件の売買契約書」または「リフォーム工事の契約書または注文書(※見積書は不可)」の提出が必要。)
  • 借り換え
    ※借り換えまでにリフォーム工事が完了し、借り換えと同時にリフォーム資金を支払える場合は可。(「リフォーム工事の契約書または注文書(※見積書は不可)」の提出が必要。)
auじぶん銀行
  • 新規×
  • 借り換え
    ※借り換えの対象となるリフォーム費用は、住宅の増改築工事に関する資金、かつ銀行から借り入れたもののみ。
新生銀行
  • 新規
  • 借り換え
イオン銀行
  • 新規
  • 借り換え
ソニー銀行
  • 新規
  • 借り換え
    ※融資日がリフォーム完了後、かつ借り換えと同一日の場合のみ可。
楽天銀行 フラット35
  • 新規×
  • 借り換え×
ARUHI フラット35
  • 新規〇 ※フラット35(リフォーム一体型)
  • 借り換え〇 ※フラット35(リフォーム一体型)

リフォームローンと住宅ローンの違いリフォームローンと住宅ローンの違いとは?リフォーム費用を含めることができるおすすめの住宅ローン3選

それでは、リフォーム費用を借り入れる際、リフォームローンと住宅ローンとでは、どちらを利用すると良いのでしょうか?
本チャプターでは、リフォームローンと住宅ローンの違いについて見ていきましょう。

リフォームローンとは?

リフォームローンとは、古くなった住宅の増改築や修繕などを目的としたリフォーム工事を行う際に利用できるローンのこと。(※新しく新居を構えるときの新築工事に利用することは不可)
リフォームローンは住宅ローンと比較すると、借り入れ金利が高い傾向があります。また、借り入れ可能額が低く、返済までの期間が短い点も住宅ローンとの大きな違いです。ちなみに、リフォームローンと住宅ローンは、審査に通りさえすれば、併用することができます。
リフォームローンには、無担保でローンが組める「無担保型」と、ローンを組む際に担保が必要になる「担保型(有担保型)」の2種類があります。

Memoリフォームローン 「無担保型」と「担保型(有担保型)」の違い

  • 無担保型
    ローンを組む際に担保が必要ないリフォームローン。担保を設定していないため、万が一リフォームローンが返済できなくなった場合でも、担保を失うリスクがない。また、担保型と比較すると、審査のスピードが速く、保証人なども原則不要。ローンを組む際に提出する書類も少ない。
    その一方で、担保型と比較すると、「金利が高い」「借り入れ可能額が少ない」「返済期間が短い」といった点には注意が必要。
  • 担保型(有担保型)
    自宅などを担保にローンを組むリフォームローン。担保を設定するため、多くの手続きが必要になり、その分審査も厳しい。担保があるため、無担保型と比較すると、低金利でローンを組むことが可能。また無担保型と比較すると、借り入れ可能額が多く、返済期間も長い
    ただし、万一リフォームローンが返済できなくなった場合、担保を失うリスクがある。

リフォームローンと住宅ローンの違い

以下では、住信SBIネット銀行を例に、リフォームローンと住宅ローンの違いをチェックしていきましょう。

住信SBIネット銀行:リフォームローンと住宅ローンの違い
リフォームローン 住宅ローン
リンク先 住信SBIネット銀行 リフォームローン 住信SBIネット銀行 住宅ローン
(ネット専用 住宅ローン)
資金用途 リフォーム費用 住宅購入費用、住宅購入費用+リフォーム費用
金利※1 年2.475%~年4.475%(※変動金利) 年0.415%(※変動金利)
借り入れ可能額 10万円~1,000万円 500万円~1億円
返済期間 1年~10年 1年~35年
団信
担保
審査期間 2週間程度 1ヵ月半程度
  • 2020年2月時点。金利は毎月変動します。最新の金利は公式ホームページでご確認ください。(住信SBIネット銀行:リフォームローン住宅ローン

上記の表からもわかるように、リフォームローンと住宅ローンとでは、「資金用途」に加え、「金利」「借り入れ可能額」「返済期間」に大きな差があります。(※リフォームローンと住宅ローンを提供する他の金融機関もほぼ同様)
なかでも注目したいのは、借り入れ時の金利です。リフォームローンと住宅ローンの金利を比較すると、住宅ローンの方がリフォームローンよりも、圧倒的に低い金利で借り入れることができます。つまり、住宅ローンを利用した方が、より有利な条件でリフォーム費用を借り入れることができるのです

リフォーム費用の借り入れを検討する際は、リフォームローンだけではなく、住宅ローンも選択肢に入れておくことで、家計の負担を軽減できる場合があることを覚えておきましょう。

ただし、住宅ローンを利用してリフォーム費用を借り入れる場合、リフォーム費用分、借入額が増えることになります。そのため、住宅ローン審査が厳しくなる点には十分注意しましょう

借り入れにリフォーム費用を含めることができるおすすめの住宅ローン3選リフォームローンと住宅ローンの違いとは?リフォーム費用を含めることができるおすすめの住宅ローン3選

本チャプターでは、リフォーム費用を含めて借り入れができるおすすめの住宅ローンについてご紹介します。リフォーム費用を含め、住宅ローンの借り入れを検討している方は、各住宅ローンの特徴をチェックし、自分に合ったものを見つけましょう。

おすすめの住宅ローン

新生銀行 住宅ローン

新生銀行 住宅ローン

金利 2020年2月 新規
  • 変動金利0.45% ※半年型:変動フォーカス
  • 当初10年固定0.85
借り換え
  • 変動金利0.45% ※半年型:変動フォーカス
  • 当初10年固定0.85
借り入れ可能額 500万円~1億円(※10万円単位)
返済期間 最長35年
リフォーム費用の借り入れ
  • 新規
  • 借り換え

新生銀行 住宅ローンの特徴
利便性の高さに定評がある新生銀行の住宅ローン。新規借り入れおよび借り換えの両方において、リフォーム費用の借り入れに対応している。
新生銀行の特徴は、一部繰り上げ返済を利用して返済期間を短くした分、通常の支払いを休むことができる「コントロール返済」や、所定の要介護状態が継続した場合に保障が受けられる「安心保障団信」が付帯した「安心パック」を提供している点。住宅ローン返済期間中に起こりうるさまざまなライフイベントに備えられる点は、大きな魅力といえるだろう。
また、事務手数料に定額制(※一部プランを除く)を採用しており、他の金融機関と比較し、住宅ローンの借り入れにかかる諸費用を安く抑えられる点もチェックしておきたい
リフォーム費用を含めて住宅ローンを組む場合、新生銀行は有力な選択肢の一つ。

新生銀行 住宅ローン

住信SBIネット銀行 住宅ローン

住信SBIネット銀行 住宅ローン

金利 2020年2月 新規
  • 変動金利0.415% ※通期引下げプラン
  • 当初10年固定0.66% ※当初引き下げプラン
借り換え
  • 変動金利0.415% ※通期引下げプラン
  • 当初10年固定0.66% ※当初引き下げプラン
借り入れ可能額 500万円~1億円(※10万円単位)
返済期間 最長35年
リフォーム費用の借り入れ
  • 新規
    ※中古物件(戸建て・マンション)の引き渡しまでにリフォーム工事が完了し、購入資金と同時にリフォーム資金を支払える場合のみ可。
  • 借り換え
    ※借り換えまでにリフォーム工事が完了し、借り換えと同時にリフォーム資金を支払える場合のみ可。

住信SBIネット銀行 住宅ローンの特徴
数ある金融機関のなかでも、トップクラスの取り扱い実績を誇る住信SBIネット銀行の住宅ローン。融資実行までにリフォーム工事が完了している必要があるが、その条件を満たせば、新規借り入れ・借り換えの両方において、住宅ローンにリフォーム費用を含めることができる。
住信SBIネット銀行の特徴は、金利プラン・借り入れ期間を問わず、住宅ローン金利が低く、業界最低水準の住宅ローン金利を実現している点。他の金融機関と比較し、有利な条件での借り入れができる点は、住信SBIネット銀行の大きな魅力といえるだろう。
また、団信(団体信用生命保険)にすべての病気・ケガを補償する「全疾病保障」が無料付帯するほか、契約者が女性の場合、「ガン診断給付金特約」が無料付帯する点もチェックしておきたい。

住信SBIネット銀行 住宅ローン

auじぶん銀行 住宅ローン

auじぶん銀行 住宅ローン

金利 2020年2月 新規
  • 変動金利0.457
  • 当初10年固定0.550
借り換え
  • 変動金利0.457
  • 当初10年固定0.550
借り入れ可能額 500万円~2億円(※10万円単位)
返済期間 最長35年
リフォーム費用の借り入れ
  • 新規 ×
  • 借り換え
    ※借り換えの対象となるリフォーム費用が、住宅の増改築工事に関する資金、かつ銀行から借り入れた場合のみ可

auじぶん銀行 住宅ローンの特徴
三菱UFJ銀行とKDDIが出資するauじぶん銀行の住宅ローン。「対象となるリフォーム費用が、住宅の増改築工事に関する資金、かつ銀行から借り入れたもの」という条件を満たしていれば、リフォーム費用を含め、住宅ローンを借り換えることができる。(※リフォーム費用を含めての住宅ローンの新規借り入れは非対応)
auじぶん銀行の特徴は、団信(団体信用生命保険)に、がんと診断された場合に住宅ローン残高が半分になる「がん50%保障団信」、すべての病気・ケガを補償する「全疾病保障」が無料付帯する点。住宅ローン返済期間中の万一に備えられる点は、嬉しいポイントといえるだろう。
また、業界トップクラスの低金利を実現している点や、事前審査から契約までがネットで完結し、来店不要で住宅ローンの契約ができる点もチェックしておきたい。
auじぶん銀行は、リフォーム費用を含めた住宅ローンの借り換えを検討している人におすすめの住宅ローン。

auじぶん銀行 住宅ローン

まとめリフォームローンと住宅ローンの違いとは?リフォーム費用を含めることができるおすすめの住宅ローン3選

画像

リフォームローンと住宅ローンの違いについて解説した本特集はいかがでしたでしょうか?
実は、中古住宅を購入するタイミングでリフォームする場合だけではなく、すでに購入し、住宅ローンを借り入れている物件をリフォームする際、住宅ローンの借り換えと同時にリフォーム費用を借り入れることもできるのです。

住宅ローン残高や、借り入れを希望するリフォーム費用によっても異なりますが、リフォーム費用の借り入れに住宅ローンを利用すれば、住宅ローンとリフォームローンを別々に組んだ場合と比較すると、低金利で借り入れでき、総返済額を抑えることが可能です

マイホームのリフォームを検討している方は、本特集を参考にリフォームローンと住宅ローンの違いをしっかり理解し、リフォーム費用を借り入れる際、役立ててみてはいかがでしょうか。

著者 溝口 麻衣

Hayakawa所属のチーフライター兼編集者。主な執筆ジャンルは英会話、格安SIM、住宅ローン、保険、エンタメ。
わかりやすく、ちょっとした気付きのある記事を目指して、日々原稿を執筆中。御朱印集めと北欧関連の情報収集が好き。