基礎知識住宅の買い時

住宅の買い時

住宅の買い時住宅の買い時

米国のサブプライムローンに端を発した不況は世界経済を直撃し、輸出企業が経済を支える日本は米国以上に4半期のGDPが減少する等、経済は深刻な影響を受けています。

また、この経済の収縮は、個人の所得や消費、物価にも影響を与えはじめています。
特に首都圏を中心に2008年まで異常な上昇を見せていた住宅価格は急反落しており、一部物件では当初分譲価格から数百万円単位で割り引く投げ売り状態になっています。

住宅の買い時

また、日本銀行が政策金利を0.1%まで引き下げたため、住宅ローン金利も過去最低水準で推移、更に政府が過去最大の住宅ローン減税を実施しており、2009年はこれまでにない住宅購入の好機が訪れていることは間違いありません。

ただし、「住宅価格の低下」「住宅ローン金利の低下」「住宅ローン減税の拡充」といった項目は住宅を購入する際の重要な要素の一つに過ぎません。これらの要素に加え、自分の現在の貯金の状況、年収、家族の希望、そして何より欲しいと思う物件があるかどうかも非常に重要な要素です。

これから更に景気が悪くなる可能性もゼロではありませんし、住宅価格が下がる可能性もゼロではありませんが、上述した様々な要素を総合し、この物件なら買っても良いと思う物件が見つかれば、それは間違いなく住宅の買い時です。

もし自分の希望を満たす物件が2009年に見つかれば、現在の環境を考えると、結果的にお得な買い物だったと言える可能性は高いでしょう。