基礎知識住宅購入時の贈与税

住宅購入時の贈与税

住宅購入時の贈与税住宅購入時の贈与税

住宅購入は人生で最大の買い物です。しっかり貯蓄していても、、実際に買おうとした時、頭金が足りない場合や、収入が基準に満たず住宅ローンの融資が受けられないといったケースは決して珍しくありません。このような場面に直面した場合、最も多くの人が選ぶ解決策が、親からの贈与(援助)です。

但し、ここで注意しなければいけいないのが、贈与を受けた人には贈与税が発生するという点です。贈与は年110万円までであれば、贈与税はかかりませんが、住宅購入の際の贈与は高額になるケースが多いため、110万円を超えてしまうケースも珍しくありません。そこで憶えておきたいのが「相続時清算課税制度」です。この制度を利用すれば、相続税と贈与税が一体化され、最大で2,500万円まで非課税になります。

相続時清算課税制度

非課税枠 2,500万円
贈与人 65歳以上の父母
贈与対象 20歳以上の子
非課税枠を超えた部分への税率 一律20%
注意点 相続が発生した場合、非課税枠内の場合でも申告が必要

利用するためには一定の条件を満たす必要がありますが、非課税の枠内であれば何度でも利用でき、住宅取得資金の他、ローン返済や宅地、建物の贈与でも利用できる非常に便利な制度ですのでしっかり憶えておきましょう。

また、この制度を利用する場合、税務署への申告が必要です。忘れずにきちんと申告するようにしましょう。