住宅ローン比較.jpでは基礎知識として,住宅ローンの審査についてご紹介します。

住宅ローンを研究・比較して賢く借りよう

住宅ローン比較.jp
ホーム > 基礎知識一覧 > 住宅ローンの審査

住宅ローンの審査

住宅ローンの審査

住宅ローンを利用するには金融機関が行う審査を通過しなければいけません。住宅ローンは金融機関にとっても融資額が大きいので、審査は慎重に行われます。住宅ローン審査のポイントには以下のようなものがあります。

住宅ローン審査のポイント

1.現在の収入
安定収入があるかどうか?また、金融機関が定めた最低年収に達しているかどうかもチェックされます。
2.職業(勤務先)
職業や勤務先の業績等を確認します。職業、勤務先によっては金融機関からの融資が難しい場合があります。また、民間企業に比べ自営の場合、更に融資条件が厳しくなります。
3.勤続年数
勤続年数の長さを確認します。勤続年数が短い場合はリスクが高いと判断され融資が難しい場合もあります。
4.現在、過去のローン状況
カードローンや車のローンなど、住宅ローン以外のローンの状況をチェックします。過去支払いの遅延がある場合や、現在のローン残高が多い場合、融資が難しい場合があります。
6.金融機関との取引状況※銀行の場合
銀行の住宅ローンの場合、その銀行への預金残高や給与振込み口座への設定の有無等を確認される場合があります。融資実行の条件として一定の預金や給与振込み口座への設定を依頼される場合もあります。

一般的には住宅ローンの審査は銀行等の民間金融機関が行う場合、条件が厳しく、公的な融資となる住宅金融公庫や公庫と民間の提携融資となるフラット35等の場合、比較的融資が受けやすいと言われています。また、住宅ローンの中には一定の資金が必要になりますが、東京スター銀行のスターワン住宅ローンのように自営業者や転職したばかりの人、派遣や契約社員にも融資を行ってくれるものもあります。

ちなみに現在利用者が急増しているフラット35は、民間融資と異なり住宅に一定の質が求められます。住宅購入の手続きをする際、検査機関に申請を行い、全ての検査に合格し「適合証明書」の交付を受けることが融資実行の条件となります。つまり、フラット35を借入れるということは住宅の品質が一定以上保証されているということになります。

これから住宅ローンの審査に申し込むという方は、事前準備も重要ですが、それ以上に申請した金融機関が駄目だった場合の方策を考えておくことも大切です。必ずしも全額借入できるわけではないという事を頭に入れておき、少し余裕を持って住宅ローンの申請を出すことが、住宅ローンの審査をスムーズに進める上では欠かせません。

Ranking低金利住宅ローン(固定金利)ランキング
新生銀行 住宅ローン
固定期間は最大で35年、繰上げ返済手数料、保証料、団体信用保険料無料と他社にないサービス内容が魅力。金利も低い
住信SBIネット銀行
固定期間は最大で35年。優遇金利適用後の金利はフラット35を大きく上回る。保証料、繰り上げ返済手数料、8疾病保障も無料
イオン銀行 住宅ローン
イオンでの買い物が毎日5%OFFになるイオンセレクトクラブへの加入が出来るなど、サービスが充実。優遇金利に大きな魅力
ソニー銀行 住宅ローン
固定期間は最大35年。金利を簡単にスイッチできるサービスを提供。金利も低く、繰り上げ返済は24時間365日対応し、手数料も無料
楽天銀行 フラット35
住宅金融支援機構と楽天銀行が提携し、提供する長期固定金利住宅ローン。楽天銀行は数あるフラット35の中で最低金利を実現。事務手数料にも優位性がある
Ranking住宅情報サイト新築分譲マンションランキング
SUUMO(スーモ)
ほぼ全国の情報を掲載しており、個々の物件についての情報量は非常に多く、各部屋の間取りや設備、環境まで詳細にわかる。
オウチーノ
首都圏・関西を中心に、東海・九州・全国の情報を掲載。女性向け・シニア向け・シングル向けなどライフスタイル別提案ページがある。
HOME'S新築分譲マンション
ほぼ全国を網羅しており、「タワーマンション」「オール電化マンション」「ペットと暮らせる物件」など全18テーマから探すこともできる。
NICE
得意な地域に特徴があり、新築マンション情報は、東京・神奈川・仙台・郡山・新潟・宇都宮・前橋・高崎・浜松・豊田の物件を扱う。