基礎知識ハウスメーカーの選び方

ハウスメーカーの選び方

ハウスメーカーの選び方ハウスメーカーの選び方

戸建て住宅の購入は、多くの場合、一生に一度だけの大イベント。家の満足度を大きく左右するハウスメーカー選びは非常に重要です。「大手だから」「つき合いがあるから」といった理由で選ぶのではなく、自分でしっかりと調べ、ここなら任せられるというハウスメーカーを選びましょう。

ハウスメーカーを選ぶ前にまずしなければいけないのが、自分たちが住宅に求めるものは何なのかを絞り込むことです。木造が良いのか、鉄骨が良いのか、デザインにこだわるのか、価格にこだわるのか等、求める内容によってその要求に応えられるハウスメーカーも変わってきます。

住宅への要求を考え出すときりがないため、すべての条件を満たすことが難しい場合は、要求に優先順位をつけ、優先度の高い要求に対してきっちり応えることができるハウスメーカーを選びましょう

下記は代表的なハウスメーカーの特徴です。

積水ハウス

積水ハウス

ハウスメーカー最大手。圧倒的な販売等数、シェアを誇り、住宅のラインナップも豊富。設計力に加え、メンテナンスやサポートに対する評価も高い。ただ、坪単価で比較した際、値段は割高になる点は否めない。

このサイトへ行く

セキスイハイム(積水化学工業)

セキスイハイム(積水化学工業)

戸建販売で積水ハウスに次ぐ規模を誇るハウスメーカー。住宅部品のほとんどを工場で生産する「ユニット工法」を確立、短納期で職人の腕に左右されにくい住宅を提供している。設計に細かい要望がない場合は有力な選択肢となる。

このサイトへ行く

へーベルハウス(旭化成ホームズ)

へーベルハウス(旭化成ホームズ)

値段は高いがユーザーからの満足度の高さに定評があるハウスメーカー。メンテナンスに力を入れており、30年間の無償点検を実施してくれるのは嬉しい。2世帯住宅や3階建て等、都市部の需要にマッチした商品ラインナップが豊富。

このサイトへ行く

住友林業

住友林業

木造住宅のトップメーカー。国内最大の自社保有林を抱えている。自社で多数の1級建築士を抱えており、設計に対する評価が総じて高い。メンテナンスに関しても20年間の無償点検を実施している。

このサイトへ行く

ここでは、大手のハウスメーカーを紹介しましたが、営業時の姿勢や対応、工期・工法、価格、メンテナンス体制等をしっかり比較し、納得できるハウスメーカーがあれば、中小のハウスメーカーを選んでも問題はありません。

大切なのは安易にハウスメーカーを選ばないということです。

複数社のメーカーの営業マンと交渉すると、休日がつぶれてしまい、疲れてしまうこともあると思いますが、一生を決める可能性がある大事な決断ですので、できるだけ時間をかけ、じっくりと考えた上で決めましょう。

それが良い住まいに住むための第一歩です。