基礎知識住宅ローンの借り入れ

住宅ローンの借り入れ

住宅ローンの借り入れ住宅ローンの借り入れ

住宅ローンには様々な種類があります。住宅ローンを借り入れる際は、十分に検討し自分たちのライフプランに合ったものを選択するようにしましょう。

住宅ローンの種類

1フラット35(民間+ 住宅金融支援機構) 民間住宅ローン会社と独立行政法人「住宅金融支援機構」が提携・実施する融資。最長35年固定で借りられ、金利も大手銀行と比較すると圧倒的に低い。お勧めは楽天と新生銀行が開発した「楽天モーゲージ」と、業界最低水準の金利を提供する「ARUHI(旧SBIモーゲージ)」。
2フラット20 (民間+住宅金融支援機構) フラット35同様、民間住宅ローン会社と独立行政法人「住宅金融支援機構」が提携・実施する20年固定型の住宅ローン。フラット35よりも短期間での返済となるため、適用金利がさらに低くなる。フラット35事業者の多くがフラット20も提供している。
3民間融資 大手都銀、信託銀行、地銀、JA、民間企業等が実施する融資。長期固定や短期固定、変動金利等、各社が豊富な商品を取り扱っている。現在主流となっている住宅ローンの一つ。代表的な住宅ローンは変動金利で1%を切る水準でサービスを提供する「住信SBIネット銀行」、各種手数料が無料で金利も低い「新生銀行」、金利が低く変動から固定、固定から変動への切り替えが容易にできる「ソニー銀行
4財形住宅融資 給与所得者が毎月の給与から一定の額を積み立てて貯蓄していく財形貯蓄制度を利用している場合に受けられる融資。1年以上財形貯蓄をし、50万円以上の残高がある場合、財形貯蓄の10倍、もしくは物件購入価格の80%のいずれか低いほうまで借入れることができる。※但し、会社が財形住宅制度に加入している場合に限る。
5その他 複数の金融機関の住宅ローンを組み合わせて借入れる協調融資や各自治体が実施する自治体融資など。
6各種保険 火災保険、地震保険など万一の災害に備えて加入する保険。災害で住宅ローンが払えなくなった場合の保険にもなるので加入しておく必要がある。