住宅ローンを借入れる際にかかる諸経費についてご紹介します。

住宅ローンの諸経費について解説

住宅ローン比較.jp
ホーム > 基礎知識一覧 > 住宅ローンの諸経費

住宅ローンの諸経費

住宅ローンの諸経費

住宅ローンを借りる際、ついつい金利ばかりに目がいきがちですが、実はそれ以外の諸経費も馬鹿になりません。下記項目の費用についてもしっかりと確認しておきましょう。

住宅ローンの諸経費

1.事務手数料
住宅ローンを借り入れる会社に支払う事務手数料。
2.印紙代
住宅購入時の売買契約書、ローンを組む際の金銭消費賃貸契約書に貼付する。印紙代は住宅の購入価格により異なる。
3.登録免許税
所有権の保存、移転登記、住宅ローン借り入れによる抵当権の設定等で不動産の権利を確定する際に必ず必要になる。各項目ごとに税率が設定されているので住宅の購入価格により費用が異なる。
4.保証料
住宅ローンを組む際、万一購入者のローンの支払いが滞った場合の保険として専門の保証会社に保証料を支払うことが多い。保証料は借入額と返済期間を元に計算される。※最近ではSBIモーゲージのフラット35等保証料無料の住宅ローンも出てきている。
5.団体信用生命保険料(団信)
債務者が死亡または重い障害を患い、返済不能になった際、以後の返済が免除される保険。銀行の場合は強制加入だが、保険料は金利に含まれるため無料の場合が多い。公庫融資・フラット35は任意加入だが、一般の保険に比べ保険料は低めに設定されているためお勧め。
6.各種保険
火災保険、地震保険(※参考:セゾン自動車保険「じぶんで選べる火災保険」)等万一の災害に備えて加入する保険。万一の災害で住宅ローンが払えなくなった場合の保険にもなるので加入しておく必要がある。
Ranking低金利住宅ローン(固定金利)ランキング
新生銀行 住宅ローン
固定期間は最大で35年、繰上げ返済手数料、保証料、団体信用保険料無料と他社にないサービス内容が魅力。金利も低い
住信SBIネット銀行
固定期間は最大で35年。優遇金利適用後の金利はフラット35を大きく上回る。保証料、繰り上げ返済手数料、8疾病保障も無料
イオン銀行 住宅ローン
イオンでの買い物が毎日5%OFFになるイオンセレクトクラブへの加入が出来るなど、サービスが充実。優遇金利に大きな魅力
ソニー銀行 住宅ローン
固定期間は最大35年。金利を簡単にスイッチできるサービスを提供。金利も低く、繰り上げ返済は24時間365日対応し、手数料も無料
楽天銀行 フラット35
住宅金融支援機構と楽天銀行が提携し、提供する長期固定金利住宅ローン。楽天銀行は数あるフラット35の中で最低金利を実現。事務手数料にも優位性がある
Ranking住宅情報サイト新築分譲マンションランキング
SUUMO(スーモ)
ほぼ全国の情報を掲載しており、個々の物件についての情報量は非常に多く、各部屋の間取りや設備、環境まで詳細にわかる。
オウチーノ
首都圏・関西を中心に、東海・九州・全国の情報を掲載。女性向け・シニア向け・シングル向けなどライフスタイル別提案ページがある。
HOME'S新築分譲マンション
ほぼ全国を網羅しており、「タワーマンション」「オール電化マンション」「ペットと暮らせる物件」など全18テーマから探すこともできる。
NICE
得意な地域に特徴があり、新築マンション情報は、東京・神奈川・仙台・郡山・新潟・宇都宮・前橋・高崎・浜松・豊田の物件を扱う。