基礎知識住宅ローンの資金計画

住宅ローンの資金計画

住宅ローンの資金計画住宅ローンの資金計画

住宅を購入する場合、重要なポイントとなるのが資金計画です。いくら良い住宅を購入しても、資金繰りがショートして、物件を手放すことになってしまっては意味がありません。

手持ちの資金や、今後の収入、支出も考慮した上で、

「いくらの住宅なら無理なく購入できるのか」

を知ることが非常に重要です。

住宅ローンの資金計画

住宅ローンの中には、物件価格の100%まで融資してくれるものもありますが、可能な限り頭金を用意し、借り入れの額を減らすようにしましょう。100%融資してもらえるということは、その分借り入れが増え、返済額も増えるということを忘れてはいけません。

一般的に頭金の目安は最低20%以上と言われています。大手都銀や審査の厳しいのモーゲージローンでは物件価格の80%までしか融資を受けられません。つまり、20%以上頭金を用意できれば住宅ローンの選択肢が広がり、幅広い商品の中から選択できるようになるのです。可能な限り物件価格の20%以上は頭金を用意するようにしましょう。

但し、頭金ですべての貯金を使い切るような計画を立ててはいけません。もしかすると突然の怪我や病気、急な出費で返済計画が狂うかもしれません。その際、お金が無くて慌てることがないよう、最低でも半年間は生活できるだけの資金を残しておくようにしましょう。

次に月々の返済額ですが、これは今後の生活設計を考慮した上で計画を立てる必要があります。一般的には年収の25%以内が返済額の目安になります。この数値を参考に、いくらなら無理なく返済できるかを考えてみましょう。また、住宅ローンには物件価格以外の諸経費がかかる点も忘れてはいけません。

資金計画を立てる際は、収入が必ずしも増え続けるとは限らないとシミュレーションも必要です。住宅ローンの返済計画は少し弱気に考えていたほうが無理なく返済できるのでお薦めです。

住宅は購入して終わりではありません。その後の返済が完了し、はじめて自分のものになるのです。しっかり資金計画を立て、自分のライフスタイルに合った良い物件を手に入れましょう。