住宅を購入する際はしっかりとした資金計画を立てることが重要です。

住宅ローンの資金計画を立てる

住宅ローン比較.jp
ホーム > 基礎知識一覧 > 住宅ローンの資金計画

住宅ローンの資金計画

住宅ローンの資金計画

住宅イメージ住宅を購入する場合、重要なポイントとなるのが資金計画です。いくら良い住宅を購入しても、資金繰りがショートして、物件を手放すことになってしまっては意味がありません。

手持ちの資金や、今後の収入、支出も考慮した上で、

「いくらの住宅なら無理なく購入できるのか」

を知ることが非常に重要です。

住宅ローンの中には、物件価格の100%まで融資してくれるものもありますが、可能な限り頭金を用意し、借り入れの額を減らすようにしましょう。100%融資してもらえるということは、その分借り入れが増え、返済額も増えるということを忘れてはいけません。

一般的に頭金の目安は最低20%以上と言われています。大手都銀や審査の厳しいのモーゲージローンでは物件価格の80%までしか融資を受けられません。つまり、20%以上頭金を用意できれば住宅ローンの選択肢が広がり、幅広い商品の中から選択できるようになるのです。可能な限り物件価格の20%以上は頭金を用意するようにしましょう。

但し、頭金ですべての貯金を使い切るような計画を立ててはいけません。もしかすると突然の怪我や病気、急な出費で返済計画が狂うかもしれません。その際、お金が無くて慌てることがないよう、最低でも半年間は生活できるだけの資金を残しておくようにしましょう。

次に月々の返済額ですが、これは今後の生活設計を考慮した上で計画を立てる必要があります。一般的には年収の25%以内が返済額の目安になります。この数値を参考に、いくらなら無理なく返済できるかを考えてみましょう。また、住宅ローンには物件価格以外の諸経費がかかる点も忘れてはいけません。※住宅ローンの諸経費参照

資金計画を立てる際は、収入が必ずしも増え続けるとは限らないとシミュレーションも必要です。住宅ローンの返済計画は少し弱気に考えていたほうが無理なく返済できるのでお薦めです。

住宅は購入して終わりではありません。その後の返済が完了し、はじめて自分のものになるのです。しっかり資金計画を立て、自分のライフスタイルに合った良い物件を手に入れましょう。

Ranking低金利住宅ローン(固定金利)ランキング
新生銀行 住宅ローン
固定期間は最大で35年、繰上げ返済手数料、保証料、団体信用保険料無料と他社にないサービス内容が魅力。金利も低い
住信SBIネット銀行
固定期間は最大で35年。優遇金利適用後の金利はフラット35を大きく上回る。保証料、繰り上げ返済手数料、8疾病保障も無料
イオン銀行 住宅ローン
イオンでの買い物が毎日5%OFFになるイオンセレクトクラブへの加入が出来るなど、サービスが充実。優遇金利に大きな魅力
ソニー銀行 住宅ローン
固定期間は最大35年。金利を簡単にスイッチできるサービスを提供。金利も低く、繰り上げ返済は24時間365日対応し、手数料も無料
楽天銀行 フラット35
住宅金融支援機構と楽天銀行が提携し、提供する長期固定金利住宅ローン。楽天銀行は数あるフラット35の中で最低金利を実現。事務手数料にも優位性がある
Ranking住宅情報サイト新築分譲マンションランキング
SUUMO(スーモ)
ほぼ全国の情報を掲載しており、個々の物件についての情報量は非常に多く、各部屋の間取りや設備、環境まで詳細にわかる。
オウチーノ
首都圏・関西を中心に、東海・九州・全国の情報を掲載。女性向け・シニア向け・シングル向けなどライフスタイル別提案ページがある。
HOME'S新築分譲マンション
ほぼ全国を網羅しており、「タワーマンション」「オール電化マンション」「ペットと暮らせる物件」など全18テーマから探すこともできる。
NICE
得意な地域に特徴があり、新築マンション情報は、東京・神奈川・仙台・郡山・新潟・宇都宮・前橋・高崎・浜松・豊田の物件を扱う。