基礎知識住宅売却のポイント

住宅売却のポイント

住宅売却のポイント住宅売却のポイント

住宅の買い替えや住み替え等で住宅を売却する場合、いくつか気をつけなければいけないポイントがあります。住宅の売却は大きなお金が動きます。情報を知らなかったために損をしてしまった、トラブルに巻き込まれたというようなことが無いよう、しっかりとポイントを抑えておきましょう。

下記は住宅の査定から売却までの流れとポイントです。

1.住宅査定依頼

ポイント住宅価格の査定は1社から取得するのではなく、複数の不動産査定会社に依頼し、比較・検討することが重要です。下記は住宅の査定を無料で行ってくれるサービスです。

SUUMO(スーモ)(不動産売却・査定)

SUUMO(スーモ)(不動産売却・査定)

リクルートが運営する住宅情報サイト「SUUMO(スーモ)」が提供する住宅売却・査定依頼サービス。査定依頼はもちろん、買いたい人の情報や、豊富な売却事例をチェックできる点も便利。

このサイトへ行く

住友不動産販売(不動産無料査定・売却)

住友不動産販売(不動産無料査定・売却)

住宅販売大手「住友不動産販売」が提供する不動産無料査定・売却サービス。全国200を超える直営店が資産査定・売却をサポート。査定依頼や売却の相談に加え、住み替えの相談もできる。

このサイトへ行く

2.不動産会社の選定及び売却依頼

たとえ高い査定額を提示されても、売り手がつかなければ意味がありません。周辺の住宅販売価格等も考慮した上で、きちんと査定し、価格の根拠を説明してくれる信頼できる不動産会社を見つけることが大切です。
また不動産会社に支払う仲介手数料についてもしっかり確認しておきましょう。仲介手数料の上限は法令で下記のように定められています。

  • 物件価格の200万円以下・・・5%
  • 物件価格の200万≦400万・・・4%
  • 物件価格の400万超・・・3%

たとえば1,000万円で物件を売却した場合、200万円以下の部分は5%、200万円~400万円以下までは4%、400万円超に関しては3%を上限に仲介手数料が発生します。400万円を超えた場合、手数料が一律3%という訳ではない点には注意しましょう。
不動産会社の中にはこの手数料を低く設定しているところや、高額物件の場合、手数料を相談できるところがあります。住宅は高額ですので、たとえ1%でも何十万円も費用が変わってきます
不動産会社を選ぶ際は、仲介手数料及びその他にかかる費用についてもしっかり確認しておきましょう。
売却を依頼する不動産会社が決まったら、その会社と媒介契約を結ぶことになります。媒介契約は大きく分けて下記の3つがあります。それぞれの特徴を把握した上で契約形態を選ぶようにしましょう。

一般媒介契約 複数の不動産会社に売却を依頼する契約。買主を広く探すことができるというメリットがある反面、専任媒介や専属専任媒介と比較すると不動産会社が営業に力を入れない可能性もある。
専任媒介契約 売却を依頼する不動産会社は1社に限られるが、自分で買主を見つけることが許される契約。不動産会社には売主に対して2週間に1度以上の報告義務が課せられる。
専属専任媒介契約 住宅売却の仲介業務を1社にのみ依頼する契約。不動産会社は売主に対して1週間に1度以上の報告義務が課せられる。不動産会社の責任が重く、積極的な営業活動を期待できるが、範囲が限定される分、不動産会社の営業力によっては買主が見つかりにくい可能性もある。

3.営業活動・買主決定

住宅売却のポイント

不動産会社の営業活動によって買主が見つかったあとは、売買代金や引き渡し時期等の細部の交渉を行います。
双方の意見が合意した時点で、売却契約を締結することになりますが、売買代金の支払い時期によっては、つなぎ融資が必要になる場合もあります。
また、引き渡し時期によっては仮住まいが必要になることもあるでしょう。
万一、これらのケースに該当する場合は、その費用を誰が負担するのかをしっかり決めておくことが大切です。

4.自宅引き渡し

契約が終わったら、契約内容に従って期日までに自宅の引き渡しを行い、契約完了となります。