住宅ローン金利は上昇するの?

住宅ローン相談なら住宅ローン相談室

住宅ローン比較.jp
ホーム > 住宅ローン相談室一覧 > 住宅ローン相談室 第1回

住宅ローン金利が上昇した場合の対応方法

質問

住宅ローンの金利は本当に上昇するのでしょうか?

回答

住宅ローン博士回答者:住宅ローン博士

2001年3月から2006年7月までの5年4ヶ月間、日銀はゼロ金利政策を継続してきました。ゼロ金利政策とは日銀が無担保コール翌日物金利をほぼゼロにすることで実質的に銀行に対する借入れ金利をゼロにする政策です。つまり、銀行はただ同然で資金を調達できる訳ですから融資しやすくなり、その際の金利も極めて低く設定することができます。

これまで住宅ローン金利が極めて低かった理由はこのためです。

ゼロ金利政策が解除されたということは日銀から銀行に対する金利が復活することを意味しています。これにより銀行の資金調達コストも上昇する訳ですから、銀行が融資を行う住宅ローンの金利も当然上昇します。また、銀行経由で資金調達を行う民間住宅ローン会社の金利も同じように上昇していきます。

日銀は今後も段階的に金利を引き上げる事を示唆していますから、中長期的に見ても金利は上がっていくと考えたほうが良いでしょう。

一口メモ:実は既に昨年から住宅ローンは上昇傾向にあります。固定金利選択型を例に取ると、2005年6月から2006年7月までの間に約0.3~0.5%金利が上昇しています。

皆さんからの住宅ローンに関するご質問を受け付けています。

住宅ローン相談室バックナンバー

Ranking低金利住宅ローン(固定金利)ランキング
新生銀行 住宅ローン
固定期間は最大で35年、繰上げ返済手数料、保証料、団体信用保険料無料と他社にないサービス内容が魅力。金利も低い
住信SBIネット銀行
固定期間は最大で35年。優遇金利適用後の金利はフラット35を大きく上回る。保証料、繰り上げ返済手数料、8疾病保障も無料
イオン銀行 住宅ローン
イオンでの買い物が毎日5%OFFになるイオンセレクトクラブへの加入が出来るなど、サービスが充実。優遇金利に大きな魅力
ソニー銀行 住宅ローン
固定期間は最大35年。金利を簡単にスイッチできるサービスを提供。金利も低く、繰り上げ返済は24時間365日対応し、手数料も無料
楽天銀行 フラット35
住宅金融支援機構と楽天銀行が提携し、提供する長期固定金利住宅ローン。楽天銀行は数あるフラット35の中で最低金利を実現。事務手数料にも優位性がある
Ranking住宅ローン(借り換え)ランキング
住信SBIネット銀行
フラット35を超える優遇金利、団信保険料無料、繰上げ返済手数料無料等サービスが充実。8疾病保障も無料付帯する注目の住宅ローン
新生銀行 住宅ローン
固定期間は最大で35年、繰上げ返済手数料、保証料、団体信用保険料無料と他社にないサービス内容が魅力。借り入れも借り換えも可能
ソニー銀行 住宅ローン
ソニー銀行の住宅ローン。2種類の金利タイプに加え、繰り上げ返済手数料、団信保険料無料等サービスが充実。金利スイッチにも対応
イオン銀行 住宅ローン
変動金利、固定3年、固定10年等、特定の期間の住宅ローン金利を大幅に優遇。また住宅ローン利用者はイオングループでの買い物時に優遇が受けられる等特典が充実
楽天銀行 フラット35
最長35年固定で借りることができ、数あるフラット35提携住宅ローンの中でも最も金利が低い。またフラット35の返済口座を楽天銀行に指定すると事務手数料がさらに割安に