住宅ローンの複数借り入れ、返済の優先順位は?

住宅ローン相談なら住宅ローン相談室

住宅ローン比較.jp
ホーム > 住宅ローン相談室一覧 > 住宅ローン相談室 第21回

住宅ローンの複数借り入れ、返済の優先順位は?

質問

住宅ローンの一部繰り上げ返済を考えています。例えば、金融公庫(残債1000万、金利4%、残期間20年)及び市中の金融機関(残債1000万、金利2.2%、残期間12年)に住宅ローンがある場合、どちらに優先返済をすれば、債務者への実質的メリットが大きくなるのでしょうか? よろしくお願いします。
(yasu-ojiisan・63才・男・無職)

回答

住宅ローン博士回答者:住宅ローン博士

ご相談ありがとうございます。債務者のメリットについてですが、残金が同じなら基本的に金利が高いものから優先返済することが鉄則です。住宅ローンの支払い方法が元利均等返済でも元金均等返済でもそれは変わりません。

残期間はあくまでその住宅ローンの返済、及び該当金利適用期間であり、それが長いからといって返済額が減る訳ではありません。住宅ローンは複利計算ですからむしろ期間が長ければ長いほど金利が発生し、コストがかかります。

つまり、金利が高いもの、残期間が長いものから繰り上げ返済していくほうが住宅ローンの総支払額は減少することになります。

今回お問い合わせ頂いた事例に関しては金利4%、残期間20年のローンを優先的に繰り上げ返済するとよいでしょう。

皆さんからの住宅ローンに関するご質問を受け付けています。

住宅ローン相談室バックナンバー

Ranking低金利住宅ローン(固定金利)ランキング
新生銀行 住宅ローン
固定期間は最大で35年、繰上げ返済手数料、保証料、団体信用保険料無料と他社にないサービス内容が魅力。金利も低い
住信SBIネット銀行
固定期間は最大で35年。優遇金利適用後の金利はフラット35を大きく上回る。保証料、繰り上げ返済手数料、8疾病保障も無料
イオン銀行 住宅ローン
イオンでの買い物が毎日5%OFFになるイオンセレクトクラブへの加入が出来るなど、サービスが充実。優遇金利に大きな魅力
ソニー銀行 住宅ローン
固定期間は最大35年。金利を簡単にスイッチできるサービスを提供。金利も低く、繰り上げ返済は24時間365日対応し、手数料も無料
楽天銀行 フラット35
住宅金融支援機構と楽天銀行が提携し、提供する長期固定金利住宅ローン。楽天銀行は数あるフラット35の中で最低金利を実現。事務手数料にも優位性がある
Ranking住宅情報サイト新築分譲マンションランキング
SUUMO(スーモ)
ほぼ全国の情報を掲載しており、個々の物件についての情報量は非常に多く、各部屋の間取りや設備、環境まで詳細にわかる。
オウチーノ
首都圏・関西を中心に、東海・九州・全国の情報を掲載。女性向け・シニア向け・シングル向けなどライフスタイル別提案ページがある。
HOME'S新築分譲マンション
ほぼ全国を網羅しており、「タワーマンション」「オール電化マンション」「ペットと暮らせる物件」など全18テーマから探すこともできる。
NICE
得意な地域に特徴があり、新築マンション情報は、東京・神奈川・仙台・郡山・新潟・宇都宮・前橋・高崎・浜松・豊田の物件を扱う。