今住宅ローンを借り換えるなら元利均等、元金均等?

住宅ローン相談なら住宅ローン相談室

住宅ローン比較.jp
ホーム > 住宅ローン相談室一覧 > 住宅ローン相談室 第26回

今住宅ローンを借り換えるなら元利均等、元金均等?

住宅ローン相談室

質問

H18年より33年間の元金均等ローン(2.25%)を組んでいます。今の低金利ブームを考えると、住宅ローンを借り換えた方がよいのかどうか、悩んでいます。紹介されているものはほとんどが元利均等の金利のようですが、実際いま借り換える場合、元金均等でしたほうがよいのか?元利均等でしたほうがよいのか?もわかりません。どうすれば良いでしょうか?(H18年借入額3700万円)
(47才・男・会社員・ひでき)

回答

住宅ローン博士回答者:住宅ローン博士

住宅ローンを借り換えるべきかどうかの判断は、当たり前ですが借り換える事でどの程度総返済額を減らせるかどうかが全てです。

借り換えには様々な書類の用意に加え、事務手数料や保証料等を別途支払う必要があるため、数十万円程度の費用がかかります。つまり、借り換える事で減らせる総返済額が数十万円程度なら、借り換えるメリットはあまりないという事になります

借り換えに住宅ローンを販売している各社は、オンラインで総返済額をシミュレーションできるツールを用意しているので、それぞれのHP上でまず総返済額を計算してみると良いでしょう。

また元金均等返済と元利均等返済の選択についてですが、ご存じの通り、元金均等返済は当初の返済額は大きくなりますが、元金が減っていくため返済が進むにつれ、返済負担が少なくなるというメリットがあります。元利均等返済は毎月一定の返済額になるため、返済計画を立てやすいというメリットがありますが、総返済額は元金均等返済と比較すると多くなってしまいます。

現在収入が多く高い住宅ローンの返済負担に無理なく耐えられる家計であれば元金均等返済を利用し、早めに返済すべきですし、収入がある程度の幅で変動する可能性があり、元金均等返済だと返済が難しくなる可能性があるなら、無理のない金額から返済できる元利均等返済を選ぶと良いでしょう

※元利均等返済を選んだ場合も収入に余裕がある時に繰り上げ返済する事で総返済額を圧縮できるので、元利均等返済が元金均等返済より必ずしも不利になる訳ではありません。
まずは住宅ローンシミュレーションをからスタートし、総返済額を圧縮できる場合は、現在は借り換えの良いチャンスだと思います。ひできさんのご家庭の状況に応じて返済方法をご選択頂き、借り換えられる事をお薦めいたします。

皆さんからの住宅ローンに関するご質問を受け付けています。

住宅ローン相談室バックナンバー

Ranking低金利住宅ローン(固定金利)ランキング
新生銀行 住宅ローン
固定期間は最大で35年、繰上げ返済手数料、保証料、団体信用保険料無料と他社にないサービス内容が魅力。金利も低い
住信SBIネット銀行
固定期間は最大で35年。優遇金利適用後の金利はフラット35を大きく上回る。保証料、繰り上げ返済手数料、8疾病保障も無料
イオン銀行 住宅ローン
イオンでの買い物が毎日5%OFFになるイオンセレクトクラブへの加入が出来るなど、サービスが充実。優遇金利に大きな魅力
ソニー銀行 住宅ローン
固定期間は最大35年。金利を簡単にスイッチできるサービスを提供。金利も低く、繰り上げ返済は24時間365日対応し、手数料も無料
楽天銀行 フラット35
住宅金融支援機構と楽天銀行が提携し、提供する長期固定金利住宅ローン。楽天銀行は数あるフラット35の中で最低金利を実現。事務手数料にも優位性がある
Ranking住宅情報サイト新築分譲マンションランキング
SUUMO(スーモ)
ほぼ全国の情報を掲載しており、個々の物件についての情報量は非常に多く、各部屋の間取りや設備、環境まで詳細にわかる。
オウチーノ
首都圏・関西を中心に、東海・九州・全国の情報を掲載。女性向け・シニア向け・シングル向けなどライフスタイル別提案ページがある。
HOME'S新築分譲マンション
ほぼ全国を網羅しており、「タワーマンション」「オール電化マンション」「ペットと暮らせる物件」など全18テーマから探すこともできる。
NICE
得意な地域に特徴があり、新築マンション情報は、東京・神奈川・仙台・郡山・新潟・宇都宮・前橋・高崎・浜松・豊田の物件を扱う。