住宅ローン講座住宅ローンの団体信用生命保険(団信)に入れない場合の対処法

住宅ローンの団体信用生命保険(団信)に入れない場合の対処法

団体信用生命保険(団信)とは、住宅ローン返済期間中、契約者に万一のことがあった場合に適用される生命保険のこと。
民間の金融機関が提供する住宅ローンの多くが、契約者に万一のことがあった場合のリスクに備え、団信への加入を住宅ローンを組む際の必須条件としています。
しかし、住宅ローンを組もうと考えている人の中には、様々な事情から団信へ加入することが難しいケースがあるのも事実。では、そのような場合、団信に加入できない人は、住宅ローンを組むことができないのでしょうか?

実は住宅ローンの中には、団信への加入が必須ではない住宅ローン商品や加入条件を緩和した住宅ローン商品があり、一般の団信に入れない場合でも、住宅ローンを組むことが可能です
そこで今回は、団信の加入条件や、団信に入れない場合に住宅ローンを組むための方法をご紹介します。

住宅ローンの団体信用生命保険に加入できないケース住宅ローンの団体信用生命保険(団信)に入れない場合の対処法

団信への加入には、「年齢」と「健康状態」に所定の条件があり、これを満たしていない場合、加入することができません。
「年齢」と「健康状態」それぞれの条件について、詳しく見ていきましょう。

年齢

団信には、申込年齢70歳未満(※保障期間は80歳まで)という年齢制限があり、この条件に引っかかってしまう場合、団信に加入することができません。

健康状態

団信へ加入する際は、健康状態の申告が必要になり、「過去に病歴がある」「持病がある」等、健康状態に何らかの問題がある場合、団信への加入が難しくなるケースがあります。

団信加入時に申告する健康状態

1. 直近3ヶ月以内に、医師による治療(指示・指導含む)や投薬を受けたことがあるか

2. 直近3年以内に、下記の対象疾患による手術・2週間以上にわたる医師の治療(指示・指導含む)・投薬を受けたことがあるか

主な対象疾患

  • 狭心症、心筋梗塞、心臓弁膜症、先天性心臓病、心筋症、高血圧症、不整脈、その他心臓病
  • 脳卒中(脳出血・脳梗塞・くも膜下出血)、脳動脈硬化症、その他脳の病気
  • 精神病、うつ病、神経症、てんかん、自律神経失調症、アルコール依存症、薬物依存症、知的障害、認知症
  • ぜんそく、慢性気管支炎、肺結核、肺気腫、気管支拡張症
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、すい臓炎、クローン病 など

3. 手・足の欠損や機能障害、背骨(脊柱)・視力・聴力・言語・そしゃく機能の障害の有無

住宅ローンの団体信用生命保険(団信)に入れない場合の対処法

上記項目に該当箇所がある場合、団信への加入が不利になるからといって、誤った情報を告知すると、告知義務違反になります。
告知義務違反とみなされた場合、保険契約の解除や保険金が支払われないといったペナルティーが課せられるため、必ず正しい情報を申告しましょう。

団信加入の審査基準には明確な決まりがなく、金融機関によって、その基準は異なります
つまり、ある金融機関では団信に加入できなくても、別の金融機関では加入できるケースがあるのも事実。申請した金融機関の審査に通過できなかったとしても、諦める必要はありません。

住宅ローンの団体信用生命保険に入れない場合の対処法住宅ローンの団体信用生命保険(団信)に入れない場合の対処法

ここでは、住宅ローンの団信に入れない場合の対処法をご紹介します。

団信に入れない場合の対処法としては、大きく以下の3つの方法があります。

健康状態に不安があり、団信に入れない場合、「①ワイド団信が付帯できる住宅ローンを利用する」を検討するとよいでしょう。
また、団信に当たる部分を他の生命保険でカバーする場合は、団信へ加入しなくても住宅ローンの借り入れができる「②フラット35を活用する」「③団信への加入がオプションの住宅ローンを利用する」の対処法がおすすめです。

それぞれの対処法について、詳しく見ていきましょう。

1ワイド団信が付帯できる住宅ローンを利用する

ワイド団信とは、従来の団信よりも、引き受け条件が緩和された団信のこと。住宅ローン金利が高くなる点には注意が必要ですが、高血圧症、糖尿病、うつ病、肝炎といった持病がある場合でも、加入することが可能です。
(※ただし、「病気の程度がどのくらいまでであればワイド団信に加入できる」といった明確な基準は公表されていないので、その点には注意が必要)
健康状態に問題があり、団信に入れない場合は、「ワイド団信」が付帯できる住宅ローンの利用を検討するとよいでしょう。

ワイド団信が付帯できるおすすめの住宅ローン

イオン銀行

イオン銀行

保証料 無料
繰り上げ返済手数料 無料※一部繰り上げ返済は50万円から可能。全額繰り上げ返済の場合は54,000円
ワイド団信上乗せ金利 年0.3%
特徴 イオングループの「イオン銀行」が提供する住宅ローン。
イオン銀行では、健康上の理由から団信に入れない人向けに、ワイド団信付き住宅ローンを用意しており、住宅ローン金利を年0.3%上乗せすることで加入することができる。
また、イオン銀行の住宅ローンは、住宅ローン利用者限定の保険料が適用される火災保険や、イオンでの買い物が毎日5%OFFになるイオンカードセレクトクラブへの加入等、特典が充実している点も魅力
ワイド団信を付帯できる住宅ローンを検討する際は、ぜひ候補に入れておきたい。

このサイトへ行く

みずほ銀行

みずほ銀行

保証料
  • 借入時に一括払い(※借入金額、借入期間等により変動する)
  • 融資利率に0.2%上乗せ
繰り上げ返済手数料
  • インターネットバンキング:無料
  • テレホンバンキング:5,400円~54,000円
ワイド団信上乗せ金利 年0.3%
特徴 メガバンクの一角である「みずほ銀行」が提供する住宅ローン。
みずほ銀行では、健康上の理由により、通常の団信に入れない人向けにワイド団信付き住宅ローンを用意しており、住宅ローン金利を0.3%上乗せすることで加入することができる。
また、産休や育休、子供の教育費増加など、ライフイベントに応じて返済額の見直しが可能になる「返済額増減サービス」や、20歳未満の子供がいる場合に特典を利用できる「子育て支援サービス」等、他の住宅ローンにはないサービスが充実している点も要チェック。

このサイトへ行く

2フラット35を活用する

住宅ローンの団体信用生命保険(団信)に入れない場合の対処法

フラット35とは、住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携し、販売する住宅ローン商品の総称です。
「国民の多くが住宅ローンを組めるように」という理念から、長期的かつ低金利の住宅ローンを提供しており、実際に長期固定金利で住宅ローンを組む方の多くが、フラット35を選択しています。

フラット35の特徴は、長期固定金利であることに加え、団信への加入が必須ではない点。つまり、団信に入れない場合でも、住宅ローンを組むことが可能です
ただし、この場合、団信に代わる保険を自分で用意する必要があります。フラット35の審査に通った方は、住宅ローンの借り入れを行うタイミングに合わせ、住宅ローン借り入れ相当額の生命保険などに加入するとよいでしょう。

おすすめのフラット35

楽天銀行 フラット35

楽天銀行

融資手数料 1.08%~1.404%(税込)
借り換え・融資
  • 借り換え対応:〇
  • あわせ融資:〇
  • つなぎ融資:〇
特徴 楽天グループのネット銀行「楽天銀行」が提供する長期固定金利住宅ローン。
楽天銀行フラット35の特徴は、住宅ローン金利に加え、融資手数料も数あるフラット35の中で最低水準に設定されている点。通常の融資手数料は、1.404%だが、楽天銀行をフラット35の返済口座に指定すると、融資手数料が1.08%に優遇される
また、住宅ローンの借り入れを行うと、ATM手数料が毎月5回まで無料になるといった特典も充実。
楽天銀行フラット35は、住宅ローンの借り入れにフラット35を利用する際、ぜひ候補に入れておきたい。

このサイトへ行く

ARUHI(旧SBIモーゲージ) フラット35

ARUHI(旧SBIモーゲージ)フラット35

融資手数料 2.16%(税込)※Webからの申し込みおよび手続き完結で、手数料が1.08%になる優遇サービスあり
借り換え・融資
  • 借り換え対応:〇
  • あわせ融資:〇
  • つなぎ融資:〇
特徴 7年連続(※2017年時点)でフラット35の取扱高No.1を誇るARUHI(旧SBIモーゲージ)が提供する長期固定金利住宅ローン。
ARUHIが提供するフラット35の特徴は、住宅ローン金利の低さに加え、実店舗を構えている点。全国150ヵ所以上(2017年8月1日現在)に店舗を展開し、フラット35の借り入れ・借り換えについて、無料で相談することができる。
さらに、Web経由でARUHIのフラット35に申し込むと、通常2.16%(税込)の融資手数料が1.08%(税込)に優遇される点も魅力

このサイトへ行く

3団体信用生命保険への加入がオプションの住宅ローンを活用する

非常に数は少ないものの、民間が提供する住宅ローンの中にも、東京スター銀行のように、団体信用生命保険への加入がオプションとなっているものがあり、条件が合えば、これらの住宅ローンも選択肢の一つです。
他の住宅ローンと比較すると、金利がやや高くなる点には注意が必要ですが、東京スター銀行の場合、住宅ローン借り入れ額に相当する預金を積み立てる(※借り入れ額の7割が上限)ことで、その部分の住宅ローン金利を0にすることができるため、自己資金を十分に用意できる人であれば、有利な条件での借り入れが可能です
ワイド団信、フラット35以外の選択肢として、憶えておくと良いでしょう。

団体信用生命保険への加入がオプションの住宅ローン

東京スター銀行 スターワン住宅ローン

東京スター銀行

保証料 無料
繰り上げ返済手数料 無料
メンテナンスパック メンテナンスパック1
年率:+0.504%
…返済休暇制度の無料利用、固定金利の無料選択、一部繰り上げ返済・全額繰り上げ返済無料、入院保険、団信が付帯
メンテナンスパック2
年率:+0.702%
…返済休暇制度の無料利用、固定金利の無料選択、一部繰り上げ返済・全額繰り上げ返済無料、入院保険、団信、ガン団信が付帯
メンテナンスパック3
年率:+0.300%
…返済休暇制度の無料利用、固定金利の無料選択、一部繰り上げ返済・全額繰り上げ返済無料が付帯 ※団信部分を自身で用意
特徴 東京スター銀行が提供する住宅ローン。預金を積み増すことで、住宅ローン残高と同額分の金利負担が0%になる「預金連動型住宅ローン」という仕組みを採用しており、他の住宅ローンにはない特徴を持つ商品として、高く評価されている。
また、東京スター銀行の住宅ローンは、特定のメンテナンスパックに加入することで、団信に加入せず、住宅ローンを借り入れることができる(※団信を付帯させる場合、住宅ローン金利が年0.504%上乗せになる「メンテナンスパック1」または金利が年0.702%上乗せになる「メンテナンスパック2」を選択)
団信が付帯しない住宅ローンを利用し、団信にあたる部分を自分で用意したいと考えている人は、ぜひ利用を検討したい。

このサイトへ行く

まとめ住宅ローンの団体信用生命保険(団信)に入れない場合の対処法

住宅ローンの団体信用生命保険(団信)に入れない場合の対処法

住宅ローンの団信に入れない場合の対処法を紹介した今回の特集はいかがでしたでしょうか?

多くの金融機関が団信への加入を住宅ローンを組む際の必須条件としていますが、団信へ入れない場合でも住宅ローンを組むことは十分に可能です

本特集を参考に、団信に入れない場合の対処法をチェックし、自分に合った最適な方法を見つけ、住宅ローンの借り入れを実現しましょう。