住宅ローン講座住宅ローン借り換えのポイント

住宅ローン借り換えのポイント

住宅ローンの借り換えを検討する前に住宅ローン借り換えのポイント

住宅ローン特集第5回は住宅ローンの借り換えを検討している方に贈るお役立ち情報です。

金利が少しずつ上昇しているとはいえ、まだまだ住宅ローンの金利は以前と比較すると低水準です。現在より高い金利で住宅ローンの借り入れを行っている人であれば、住宅ローンの借り換えを検討してみる価値はあります。

但し、住宅ローンを借り換えれば、必ずお得になるというわけではありません。まずは、住宅ローン借り換えの基本をしっかりとチェックしておきましょう。

住宅ローンの借り換えは無料ではない住宅ローン借り換えのポイント

住宅ローン借り換えのポイント

住宅ローンを初めて組んだとき、保証料、登記費用、抵当権設定費用、事務手数料等の費用が発生したように、住宅ローンを借り換える際も、これらの費用が発生します。

具体的な額は借入金額、返済期間などによって変動しますが、一般的には30万円程度でしょう。つまり、住宅ローンを借り換える際は、この費用も含めてお得になるかどうかを計算する必要があります。

住宅ローンの借り換えには一部制限有り住宅ローン借り換えのポイント

住宅ローン借り換えのポイント

住宅ローンの借り換えには制限があり、民間融資から公的融資への借り換えや公的融資から公的融資への借り換えはできないようになっています。例えば、銀行から住宅金融公庫への借り換え、住宅金融公庫からより金利が低い住宅金融公庫への借り換えはできません。住宅ローンを公庫や年金、財形、自治体融資等で組んでいる方は十分に注意しましょう。

逆に民間金融機関同士であれば、住宅ローンの借り換えに対して全く制約はありません。

住宅ローン借り換えのメリット住宅ローン借り換えのポイント

住宅ローン借り換えの最大のメリットが総返済額を減らせる点にあることは言うまでもありませんが、返済期間や返済額を工夫することで更にいくつかのメリットを享受することができます。例えば、下記のようなメリットがあるでしょう。

メリット

  • 借り換え前と同程度の返済を行えば住宅ローンの返済期間を短縮できる。
  • 返済期間を変えなければ毎月の返済額を減らす事ができる。

また、返済額を増やせば更に返済期間を短縮できる他、一部繰り上げ返済を活用すれば返済期間に加え、総返済額を更に削減することもできます。

借り換え用住宅ローン選びはココをチェック!住宅ローン借り換えのポイント

実際に住宅ローンを借り換える際は、下記のポイントをチェックし、住宅ローンを比較しましょう。

  • 金利
  • 金利タイプ(固定、変動、固定金利選択型)
  • 繰り上げ返済のし易さ
  • 借り換え時の諸費用

住宅ローンの残年数や残高が少ない場合や金利差が余り無い場合は、借り換えてもお得にならない場合があります。現在の住宅ローンで返済し続けた場合の総額と、住宅ローンを借り換えた場合の総額を比較は忘れずに。借り換えの相談をする際、住宅ローンの担当者に試算をお願いすれば計算してくれるはずです。

住宅ローンをうまく借り換えることができれば総額で数百万円お得になることも珍しくありません。可能性があると思ったら手続きの手間を惜しまずに検討してみましょう。