住宅ローン金利動向2016年12月の住宅ローン金利動向

2016年12月の住宅ローン金利動向住宅ローン金利動向

住宅ローン金利の動向

2016年12月の住宅ローン金利は、米国の国債金利が大きく上昇したことを受け、世界中の金利が上昇。日本国債に関しても連動し、前月と比較すると一部住宅ローン、一部金利帯を除き、上昇する結果になりました。日銀内からはこの金利上昇を問題視する声はまったくでておらず、一定の金利上昇であれば容認する姿勢を見せています。現在日銀が導入している金融緩和の枠組み「イールドカーブコントロール」の仕組みは、金利を一定範囲に留めることを目的としていますが、その範囲をきっちりコントロールできるのかにも今後は注目が集まりそうです。2016年12月には米国のFOMCで金利が引き上げられる可能性が極めて高く、その結果、再度金利が上がるのか、材料出尽くしとして逆に金利が低下するかで、日本の住宅ローン金利も大きな影響を受けそうです。 米国の新しい大統領が決まり、11月後半から12月前半にかけ、世界中のマーケットが波乱の展開となっていますが、不動産市況を見ると悪いことばかりではありません。今後インフレ期待が高まると不動産価格は基本的に上昇することが予想されます。不動産を購入する場合のハードルは当然上がりますが、不動産を保有している場合、資産価値が上昇し、消費にとってもプラスになるでしょう。一旦不動産市況は停滞していますが、今後は上方向にぶれる可能性が高くなっています。住宅購入を検討している方は、不動産価格や住宅ローン金利が本格上昇する前に、決断したほうが良いかもしれません。

各社の住宅ローン金利動向

それでは次に各社の住宅ローンの金利動向をチェックしていきます。住宅ローン比較が実施しているユーザーの満足度調査で、2016年12月も前月と変わらず1位をキープした住信SBIネット銀行は、変動金利と固定金利2年、3年を据え置く一方で、中期・長期の住宅ローン金利に関しては若干引き上げています。ちなみに変動金利に関しては今月も0.5%を下回る金利で提供しており、大手都銀と比較すると、金利の低さがより際立つ結果になっています。次に住信SBIネット銀行と共に利用者から高い評価を受けている新生銀行は、3年、5年、10年の住宅ローン金利を据え置き、7年、15年、20年、30年の金利をわずかに引き上げました。その一方で条件を満たすと住宅ローンの借り入れ金利を0.15%引き下げるキャンペーンをスタート。実質2016年11月と比較しても低金利で住宅ローンを借り入れることができます。

次に変動金利・固定金利の低さと、月中に翌月の住宅ローン金利がわかる利便性の高さが高い評価を獲得しているソニー銀行ですが、2016年12月は、ボリュームゾーンの変動金利と固定金利に関しては据え置きましたが、それ以外の金利帯は軒並み上昇しています。ソニー銀行は、自己資金が10%以上ある新規借り入れるユーザーに対して金利を優遇するサービスを、2016年12月も継続。住宅ローンの新規の借り入れで、自己資金を物件価格の10%以上用意できる方は、より有利な金利条件での借り入れが可能です。
ここまでは住宅ローン比較が掲載している数ある住宅ローンの中で、屈指の人気を誇る金融機関3行の状況を見ていきました。次にここ最近、注目度が急上昇している住宅ローンの金利動向をチェックしていきます。住宅ローンの提供開始は2015年からと新興勢力ながら、他の住宅ローンと比較しても魅力ある金利水準と団信で高い評価を獲得しているじぶん銀行は、2016年12月も0.5%を切る変動金利を継続。数ある住宅ローンの中でもトップクラスの低金利でサービスを提供しています。その他の金利に関しては、ボリュームゾーンの2年、10年の金利を据え置き、3年に関しても0.5%以下を維持。15年、20年、30年といった長期金利を小幅ながらに引き上げました。この引き上げを考慮したとしても、現在の他行の住宅ローン金利の状況をもとに検討するのであれば、住宅ローンの借り入れ(借り換え)を検討している方であれば、じぶん銀行は有力な選択肢になります。ちなみにじぶん銀行は、がん団信に他の住宅ローンにはない強みがあり、なかでも万一がんになった場合、住宅ローンの返済額が半額に圧縮される「がん50%保障団信」を費用負担なしで付帯することができます。この団信は他の金融機関にはないじぶん銀行独自のサービスで、他と住宅ローンとサービスを比較する上で、大きなアドバンテージになっています。その他にもスマホ経由で1円から手数料無料で繰上返済できる利便性の高さも、じぶん銀行の特筆すべき魅力の一つです。

最後に日本を代表する銀行「メガバンク」の住宅ローン金利の動向を見ていきます。メガバンクのみならず、日本全体の住宅ローン金利の指標となっている三菱東京UFJ銀行は、3年、30年の金利を引き上げる一方で5年、10年の金利は据え置きました。三菱東京UFJ銀行に次ぐ人気を誇る三井住友銀行はボリュームゾーンである10年固定を据え置く一方で、35年固定を引き上げています。

2016年12月の住宅ローン金利の動向を総括すると、日銀の政策は据え置かれたものの、日本も世界経済のトレンドとは無関係ではなく、全体のトレンドとしては金利が上がる結果となりました。
日銀の黒田総裁は長期金利はもう少し上がっても良いと発言しており、日銀OBからも金利がもう少し上がるべきだという声が上がっていることを考えると、金利のトレンドに関しては今後も上方向を意識する必要があると言えるでしょう。住宅の購入を検討している方は、世界経済の動向次第では、今後大幅に金利が上昇する可能性があることも視野に入れなければいけません。一方で現在の金利水準は、過去の住宅ローン金利と比較すると、まだ圧倒的に低い水準にあることは間違いありません。新規で住宅ローンを組むという方も、住宅ローンの借り換えを検討している方も、少し早めに行動することが今後は大事になってくるでしょう。
住宅ローン比較 編集部としては、前月と変わらず、今後の緩やかな金利上昇を予想していることから、住宅ローンの利用を検討している方は今後の金利動向をしっかりチェックしておきましょう。