2017年1月の住宅ローン金利の動向を詳しく解説。各社の住宅ローン金利を比較しよう

毎月の住宅ローン金利の動向をチェック

住宅ローン比較.jp
ホーム > 住宅ローン金利動向 バックナンバー > 2017年1月の住宅ローン金利動向

2017年1月の住宅ローン金利動向

2017年1月の住宅ローン金利は、2016年12月に米国の国債金利が上昇し、高値安定したことを受け、日本の国債の金利も長期を中心に堅調に推移、この流れに引っ張らる形で、一部上昇しました。ここ数ヶ月日本の住宅ローン金利は緩やかな上昇が続いていますが、それでもその幅は金利が急上昇した米国と比較すると限定的です。2017年1月には米国でトランプ大統領の就任が控えており、就任式以降、トランプ大統領の打ち出す政策次第で世界中のマーケットが動くと予想されます。積極的な財政政策を発表するようなことがあれば、金利はさらに跳ね上がる可能性がある一方で、落ち着いた経済運営になる場合、これまでの反動から金利が急低下する可能性も十分あります。どちらに動くにせよ、2017年は金利が上下に大きく動く可能性が高く、我々消費者としては注意が必要な年になりそうです。 このような状況では、中長期間金利を固定できる住宅ローン商品の人気が高まる傾向があります。住宅ローン比較 編集部としては、中長期で金利を固定する選択を推奨しつつ、現時点で最も金利が低い3年~5年程度の住宅ローンを一旦借り入れ、2年程度経過した段階で、長期固定するか、このまま住宅ローンを短期で借り入れていくかを選ぶのも賢い選択肢の一つと考えています。日本が置かれた状況を考えると、日銀はこれまでの政策を簡単にゼロ金利政策を終わらせることはできないはずです。この期間を約2年とし、この間の金利動向を見て判断しても手遅れにはなる可能性は低いでしょう。その一方で注意しなければいけないのは不動産価格です。ここ数年上がり続けている不動産価格ですが、この勢いが2017年に止まるとは今のところ考えられません。都市部の不動産は昨今の上昇で、すでに一般的なサラリーマンが購入できる上限に達しつつあります。住宅の購入を検討している方は、まだ購入できるうちに住宅購入を検討するか、賃貸を選ぶかのデットラインが迫っています。昨今の政治と経済の状況を見ると、自分が欲しいと思う物件があり、その物件に大きな魅力がある場合は買いで良いでしょう。

各社の住宅ローン金利動向

それでは次に各社の住宅ローンの金利動向をチェックしていきます。住宅ローン比較が実施しているユーザーの満足度調査で、2017年1月も引き続き1位をキープした住信SBIネット銀行は、変動金利を引き下げ、固定金利2年、3年、5年、10年と借り入れるする人が多いボリュームゾーンの金利を据え置く一方で、20年、30年長期の固定金利に関しては、若干引き上げました。次に、住信SBIネット銀行に負けず劣らず、高い評価を獲得している新生銀行の金利動向を見ていきます。新生銀行は、10年、30年の金利に関してはわずかに引き上げていますが、その他の期間に関しては全て金利を据え置きました。また2016年12月にスタートした、全金利タイプの金利を0.15%引き下げるキャンペーンは今月も継続。このキャンペーンを利用することで、どの金利帯でも有利な条件で借り入れ(借り換え)できるので、新生銀行の利用を検討されている方は今が大きなチャンスです。

次に変動金利・固定金利の低さと、月中に翌月の住宅ローン金利がわかる利便性の高さが魅力のソニー銀行の動向を見ていきます。ソニー銀行の2017年1月の住宅ローン金利は、変動金利を据え置く一方で、3年、5年、10年、30年といった期間は前月に引き続き、軒並み上昇。ソニー銀行が金利を発表する月中は国債金利が高かった影響を受けた形になりました。またソニー銀行は、自己資金が10%以上ある新規借り入れるユーザーに対して金利を優遇するサービスを、2017年1月も継続。住宅ローンの新規の借り入れで、自己資金を物件価格の10%以上用意できる方は、今年もより有利な条件での借り入れすることができます。
ここまでは住宅ローン比較が掲載している数ある住宅ローンの中で、屈指の人気を誇る金融機関3行の状況を見ていきました。次にここ最近、注目度が急上昇し、ランキングの上位に食い込んでいるじぶん銀行の金利動向をチェックしていきます。じぶん銀行の住宅ローンの提供開始は、2015年からと新しいものの、他の住宅ローンと比較しても魅力ある金利水準と団信の提供で高い評価を獲得。大きな注目を集めています。2017年1月も変動金利は0.5%以下での提供を継続。その他の金利に関しては、全ての金利帯の金利を少しずつ引き上げました。この金利の引き上げで昨年度のような圧倒的な優位性は若干薄くなりましたが、それでも十分に金利は低く、特に短期及び中期での住宅ローンの借り入れ(借り換え)を検討している方であれば、じぶん銀行は有力な選択肢になります。ちなみにじぶん銀行は、多彩な団信に他の住宅ローンにはない強みがあり、なかでも万一がんになった場合、住宅ローンの返済額が半額に圧縮される「がん50%保障団信」を費用負担なしで付帯することができる点は、特筆すべき特徴の一つです。この団信は他の金融機関にはないじぶん銀行独自のサービスで、他と住宅ローンとサービスを比較する上で、大きなアドバンテージになっています。その他にもスマホ経由で1円から手数料無料で繰上返済できる利便性の高さも、じぶん銀行の大きな魅力です。

最後に日本を代表する銀行「メガバンク」の住宅ローン金利の動向を見ていきます。メガバンクのみならず、日本全体の住宅ローン金利の指標となっている三菱東京UFJ銀行は、変動金利及び3年、5年の短期金利を据え置く一方で、10年、30年といった中長期金利を引き上げました。三菱東京UFJ銀行に次ぐ人気を誇る三井住友銀行は変動金利を据え置く一方で、ボリュームゾーンである10年固定を引き上げ、35年固定に関しても金利を引き上げています。

2017年1月の住宅ローン金利の動向を総括すると、各金融機関で対応は分かれたものの、多くの金融機関が変動金利に関しては据え置き、その一方で中長期金利に関しては引き上げるという結果になりました。日銀は2016年12月も政策を据え置いており、その中で金利が上昇するということは、日本の金利が世界経済に引っ張られ変動するということの明確な証拠と言えます。
2017年1月に関しても日銀が積極的に動くとは考えずらく、日本の金利動向(=住宅ローン金利)は、世界経済に大きく左右されることになりそうです。大局的に考えるのであれば、金利は2016年に底を打っており、2017年もトレンドも上方向を意識したほうが良いでしょう。住宅の購入を検討している方は、住宅ローン金利の上昇が総返済額に大きな影響を与えるため、物件価格だけではなく、住宅ローン金利の動向にも十分に気を付ける必要があります。ちなみに物件価格は不動産会社の決算期である3月に向け、若干緩む傾向があり、この期間は購入のチャンスでもあります。新築マンションや新築の戸建ての購入を検討されている方は、2017年の春はねらい目と言えるかもしれません。
住宅ローン比較 編集部では、2017年は上下を繰り返しながら緩やかな金利上昇を予想しています。住宅ローンの利用を検討している方は、2017年の金利動向をしっかりチェックし、金利が上昇する前に賢く住宅ローンを借り入れ(借り換え)ましょう。

住宅ローン金利動向 バックナンバー

Ranking低金利住宅ローン(固定金利)ランキング
新生銀行 住宅ローン
固定期間は最大で35年、繰上げ返済手数料、保証料、団体信用保険料無料と他社にないサービス内容が魅力。金利も低い
住信SBIネット銀行
固定期間は最大で35年。優遇金利適用後の金利はフラット35を大きく上回る。保証料、繰り上げ返済手数料、8疾病保障も無料
イオン銀行 住宅ローン
イオンでの買い物が毎日5%OFFになるイオンセレクトクラブへの加入が出来るなど、サービスが充実。優遇金利に大きな魅力
ソニー銀行 住宅ローン
固定期間は最大35年。金利を簡単にスイッチできるサービスを提供。金利も低く、繰り上げ返済は24時間365日対応し、手数料も無料
楽天銀行 フラット35
住宅金融支援機構と楽天銀行が提携し、提供する長期固定金利住宅ローン。楽天銀行は数あるフラット35の中で最低金利を実現。事務手数料にも優位性がある
Ranking住宅ローン(借り換え)ランキング
住信SBIネット銀行
フラット35を超える優遇金利、団信保険料無料、繰上げ返済手数料無料等サービスが充実。8疾病保障も無料付帯する注目の住宅ローン
新生銀行 住宅ローン
固定期間は最大で35年、繰上げ返済手数料、保証料、団体信用保険料無料と他社にないサービス内容が魅力。借り入れも借り換えも可能
ソニー銀行 住宅ローン
ソニー銀行の住宅ローン。2種類の金利タイプに加え、繰り上げ返済手数料、団信保険料無料等サービスが充実。金利スイッチにも対応
イオン銀行 住宅ローン
変動金利、固定3年、固定10年等、特定の期間の住宅ローン金利を大幅に優遇。また住宅ローン利用者はイオングループでの買い物時に優遇が受けられる等特典が充実
楽天銀行 フラット35
最長35年固定で借りることができ、数あるフラット35提携住宅ローンの中でも最も金利が低い。またフラット35の返済口座を楽天銀行に指定すると事務手数料がさらに割安に