住宅ローン金利動向2017年6月の住宅ローン金利動向

2017年6月の住宅ローン金利動向住宅ローン金利動向

住宅ローン金利の動向

2017年6月の住宅ローン金利は、一部金融機関を除き、5月の金利と比較するとわずかながら上昇しました。世界の金利動向のベンチ―マークになる米国債の金利が2017年5月は安定的に推移、日本の国債の金利はここ数ヶ月低下傾向にあった反動もあり、上昇したことが住宅ローン金利の動向に影響を与えたと考えられます。2017年に入り、住宅ローン金利は乱高下を繰り返しており、今後も不安定な値動きが続く可能性が高いでしょう。
ちなみに米国の景気指標を見ると、想像以上に強く、いきなり景気が腰折れする可能性は低いと言えるでしょう。米国の金利を決定するFOMCは、2017年6月に今年2度目の利上げを予定しており、問題なく実施されるというのが市場のコンセンサスになっています。6月に金利の引き上げが実施された場合、米国債の金利が低下するとは考え難く、日本国債の金利も低下する余地は少ないと言えるでしょう。
唯一の懸念材料は北朝鮮情勢ですが、市場はミサイルの発射くらいでは動揺しないほど強くなっています。6月も現在のような小康状態が続くのであれば、住宅ローン金利に影響を与えることはないでしょう。 ※ただしこの問題は解決した訳ではありません。北朝鮮と米国が戦争状態に入ると、地政学的リスクを反映し、金利は高騰する可能性が高いでしょう。その一方で物件価格は下がる可能性もあります。
新規で家の購入を予定されている方は、しばらく様子を見るというのも選択肢の一つですが、住宅ローンの借り換えを検討している方は、金利が低いうちに借り換えるのが鉄則です。将来の金利上昇に備えるという意味では2017年6月は、良いタイミングと言って良いでしょう。住宅の新規購入も住宅ローンの借り換えも、今後の人生設計に影響を与える一大イベントです。
住宅ローン比較が調査した情報はもちろん、各住宅ローンの利用者の評判もしっかりチェックし、納得できる借り入れ&借り換えをしましょう。

各社の住宅ローン金利動向

それでは次に各社の住宅ローンの金利動向をチェックしていきます。住宅ローン比較が実施しているユーザーの満足度調査で、2017年6月も引き続き1位にランクインした住信SBIネット銀行は、多くの金融機関が住宅ローン金利を引き上げるなか、変動金利をさらに引き下げました。その他の金利帯に関しても10年固定をわずかに引き上げたものの、ほぼ全ての金利を据え置いており、他の住宅ローンと比較した際、金利の低さが際立つ結果になりました。次に見かけの金利は他の住宅ローンと比較すると若干高めですが、諸費用が安く、総返済額で見ると魅力がある新生銀行の金利動向を見ていきます。新生銀行も、他のネット銀行やメガバンクが金利を引き上げる中、全ての金利を据え置きました。また新生銀行は2017年6月も、条件を満たすと事務手数料108,000円が無料になるキャンペーンを継続。このキャンペーンを活用すると総返済額をさらに圧縮可能です。新生銀行の住宅ローンを検討している方は、キャンペーン期間中の申し込みを検討すると良いでしょう。

次に変動金利・固定金利の低さに加え、月中に翌月の住宅ローン金利がわかる利便性の高さが魅力のソニー銀行の動向を見ていきます。ソニー銀行の2017年6月の住宅ローン金利は、前月、前々月と金利を大幅に引き下げた反動か、ほぼ全ての金利帯で上昇しています。ソニー銀行は他の金融機関とは異なり、月中に翌月の住宅ローン金利を発表しており、2017年5月中旬の金利が高かったことも今回の金利引き上げの理由の一つと言えるでしょう。現在のように金利の変動が激しくなると、ソニー銀行は他の金融機関とは違う動きになることが多くなりますが、今月は他の金融機関とほぼ同じ動きになっています。またソニー銀行は、自己資金が10%以上ある新規借り入れユーザーの金利を優遇するサービスを提供していることから、条件を満たす方は、より有利な条件で住宅ローンの借り入れが可能です。
ここまでは住宅ローン比較の調査で常に上位にランクインしている人気の住宅ローンの動向を解説しました。ここからはここ数年、評価が急上昇している金融機関の動向を見ていきます。まずは2016年中盤から後半にかけて人気が急上昇し、2017年では住宅ローン変動金利ランキングで1位を奪取したじぶん銀行の金利動向をチェックします。じぶん銀行の住宅ローンは、特に変動金利と短期固定金利に強みがあり、他の金融機関の住宅ローンと比較しても大きな魅力があります。また、万一がんになった場合、ローン残高が半分になる50%がん団信も利用者の追加費用負担なく加入できることから、高い評価獲得、その先進的なサービスは大きな注目を集めています。2017年6月の金利を見ると、変動金利に関しては0.5%以下で据え置き、サービスを提供。その他の金利に関しても、2年固定を据え置く一方で、他の期間に関しては、引き上げました。これは先月ほぼ全ての住宅ローン金利を引き下げた影響が出たのかもしれません。金利に動きはあったものの、変動及び短期・中期の金利帯を中心に住宅ローンの借り入れ(借り換え)を検討している方にとって、じぶん銀行が有力な選択肢の一つになることは変わりません。特に前述した50%がん団信は他の金融機関にはないじぶん銀行独自のサービスで、他と住宅ローンの付帯サービスと比較しても、大きな優位性があります。その他にもスマホ経由で1円から手数料無料で繰上返済できる利便性の高さ、印紙代不要で住宅ローンの契約が完結する最新のシステムも、住宅ローンの総返済額を節約する上で一役買っています。

最後に日本を代表するメガバンクの住宅ローン金利の動向を見ていきます。まず最初はメガバンクのみならず、日本全体の住宅ローン金利の指標となっている三菱東京UFJ銀行の動向です。三菱東京UFJ銀行では、2017年6月の変動金利及び3年、5年固定金利を据え置く一方で、10年を超える住宅ローン金利を引き上げています。三菱東京UFJ銀行に次ぐ人気を誇る三井住友銀行は、変動金利を据え置く一方で、固定金利に関してはボリュームゾーンの10年固定を引き上げました。その一方で35年固定に関しては据え置くなど、金利を微調整した印象があります。みずほ銀行に関しては10年を超える住宅ローン金利を軒並み引き上げており、2017年6月はメガバンクの多くが金利に調整した月になりました。

2017年6月の住宅ローン金利の動向を総括すると、住信SBIネット銀行と新生銀行が金利を据え置く抵抗を見せる一方で、多くの金融機関が10年を超える金利の引き上げに動きました。以前と比較すると、金融機関の足並みが揃いずらくなっている点も2017年の特徴と言えるかもしれません
2017年6月も日銀の政策を据え置きでほぼ間違いないでしょう。金利動向の鍵を握るのは米国の動向と北朝鮮情勢になりそうです
住宅ローン比較 編集部は、一貫して2017年の金利は上向きと予想しています。新規購入の方は現在無理に物件を購入する必要ありません(※気に入った物件がある場合は買うべき)が、借り換えを検討している方は、早めに借り換えておいて損はありません。総返済額を圧縮できるのであれば、多少手間がかかっても早めに借り換えることをおすすめします。