住宅ローンニュース住信SBIネット銀行が住宅ローンの取扱額2兆5,000億円を突破!数ある住宅ローンの中でも、住信SBIネット銀行が人気を集める理由は?

住宅ローン比較 最新ニュース

住信SBIネット銀行が住宅ローンの取扱額2兆5,000億円を突破!数ある住宅ローンの中でも、住信SBIネット銀行が人気を集める理由は?住宅ローン比較 最新ニュース 第21回

2015年10月21日、住信SBIネット銀行は、住宅ローンの取扱額が2兆5,000億円を突破したことを発表しました。

住信SBIネット銀行は、2007年9月に営業を開始。翌2010年に5,000億、2012年に1兆円、2013年に1兆5,000億円と順調に業績を伸ばし、今回、営業開始から8年1ヵ月で住宅ローンの取扱額が2兆5,000億円を達成しました。
この取扱額2兆5,000億円を達成した背景には、他の住宅ローンと比較して、低金利を実現している点や充実した付帯サービス等、住信SBIネット銀行の住宅ローンの利便性の高さが評価された結果だと言えるでしょう。

そこで、今回のニュースでは、住信SBIネット銀行の住宅ローンをピックアップ。
オリコンの顧客満足度ランキングでも2年連続で1位を獲得する等、利用者から高い人気と満足度を誇る住信SBIネット銀行の住宅ローンが人気を集める理由を紹介します。

「住信SBIネット銀行 住宅ローン」人気の理由

住宅ローン金利が低い

住信SBIネット銀行の住宅ローン金利は変動金利・固定金利共に他の住宅ローンと比較し、最低水準の低金利を実現

付帯サービスの充実

  • 団体信用生命保険・8疾病保障の保険料が無料
  • 保険料無料でがん診断給付金を付与(※女性のみ)
  • 繰り上げ返済手数料無料(※24時間受付可)
  • 保証料無料

インターネットからの申し込みが可能

インターネットから申し込むことができ、手続きが簡単

住宅ローンの金利の低さや付帯サービスの充実度は、利用する住宅ローンを決める際に大きな決め手となります。
他の住宅ローンと比較し、これらの点で有利にある住信SBIネット銀行の住宅ローンは、利用を検討する際、候補に入れておきたい住宅ローンと言えるでしょう。

また、住信SBIネット銀行は2015年9月から「フラット35」の取り扱いを開始。住信SBIネット銀行の「フラット35」は、借入れ金額の0.5%(税別)を手数料に上乗せする必要がありますが、「8疾病保障」に加入できるほか、保証料・繰り上げ返済・返済条件変更の際の手数料が無料になる等、他のフラット35提携の住宅ローンと比較しても付帯サービスが充実。長期固定型の住宅ローンを検討する場合、十分に魅力的な内容になっています。
「フラット35」の取り扱いを開始したことにより、今後、住信SBIネット銀行の住宅ローンを利用する人の数はさらに増えると予想されます。住信SBIネット銀行の取扱額が3兆円を超える日もそう遠くないでしょう。