住宅ローンニュース様々な病気をカバーする、住宅ローンの特約付き団体信用生命保険が増加

住宅ローン比較 最新ニュース

様々な病気をカバーする、住宅ローンの特約付き団体信用生命保険が増加住宅ローン比較 最新ニュース 第27回

三菱東京UFJ銀行は、住宅ローンの特約付き団体信用生命保険「7大疾病保障付住宅ローン ビッグ&セブン」の保障内容を拡充し、2016年4月18日から、「7大疾病保障付住宅ローン ビッグ&セブン〈Plus〉」の取り扱いを開始しました。

「7大疾病保障付住宅ローン ビッグ&セブン〈Plus〉」は、住宅ローン金利に年0.3%上乗せすることで利用できる「3大疾病保障充実タイプ」と、保険料を毎月支払う「安心の保険料タイプ」の2種類から選択することが可能です。 特に注目したいのが「3大疾病保障充実タイプ」の保険適用条件。脳卒中や急性心筋梗塞を発病し、治療を目的に入院する場合も保険の適用条件に含まれており、このケースでも住宅ローン残高が0円になります
他の住宅ローンが提供する特約付き団体信用生命保険の多くが、脳卒中や急性心筋梗塞の場合、保険の適用条件として「その病気を発病し、所定の状態(※1)が60日以上継続した場合」等、厳格な条件を適用しており、一定期間を待たずして、保険の適用を受けることができる点は、他と比較した際の「3大疾病保障充実タイプ」の優位性と言えるでしょう。

※1 所定の状態とは

  • 脳卒中…言語障害、運動失調、麻痺等の他覚的な神経学的後遺症が継続した場合
  • 急性心筋梗塞…労働制限を必要とする状態が継続した場合

また、三菱東京UFJ銀行とKDDIがそれぞれ50%ずつ出資するネット銀行「じぶん銀行」は2015年12月から、がん保障に特化した住宅ローンの提供を開始し、利用者数を急速に伸ばしています。
じぶん銀行 住宅ローンの特約付き団体信用生命保険の特徴は以下の通り。

じぶん銀行 住宅ローンの特約付き団体信用生命保険の特徴

じぶん銀行 住宅ローン(特約付き団体信用生命保険)

じぶん銀行

保険料
  • がん50%保障団信…無料
  • がん100%保障団信…年利0.2%上乗せ
  • がん100%保障団信+11疾病保障団信(生活習慣病団信)…年利0.3%上乗せ
保険の適用条件 保険期間中に、がんの進行程度(初期~末期)に関わらず、「がん」と診断された場合
※ただし、皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚がんおよび上皮がん(子宮頸がん0期、大腸粘膜内がん、非浸潤がん、食道上皮内がんなど)は除く
保障内容
  • がん50%保障団信…住宅ローン残高が1/2になる
  • がん100%保障団信…住宅ローン残高が0円になる
  • がん100%保障団信+11疾病保障団信(生活習慣病団信)…住宅ローン残高が0円になる

じぶん銀行 住宅ローン

この表からもわかるように、じぶん銀行 住宅ローンの特約付き団体信用生命保険では、がんの進行程度に関わらず、「がん」と診断された場合、住宅ローン残高が0円(または1/2)になります
上述した三菱東京UFJ銀行が提供する特約付き団体信用生命保険と同様、比較的軽い症状の場合でも保険が適用される点が大きな特徴です。またじぶん銀行のがん保障特約(50%)の場合、上乗せ金利がない(無料)という点も大きな魅力と言えるでしょう。

以上のように、近年、住宅ローンの団体信用生命保険には様々な特約が登場しています。
住宅ローンを利用する際、つい金利を重点的に見てしまいがちですが、長期にわたる住宅ローンを不安なく返済していけることも、住宅ローンを利用する上で大切なポイント。
住宅ローン金利ももちろん重要ですが、金利だけでなく、住宅ローンを提供する各社が用意している特約付き団体信用生命保険もしっかり考慮したうえで、利用する住宅ローンを検討すると良いでしょう