住宅ローンニュース借り換え経験者の9割以上が「得をした」と回答!住宅ローンの借り換えを利用するメリットとは?

住宅ローン比較 最新ニュース

借り換え経験者の9割以上が「得をした」と回答!住宅ローンの借り換えを利用するメリットとは?住宅ローン比較 最新ニュース 第29回

コンテンツマーケティングの専門会社「エコンテ」が、住宅ローンの借り入れを行った経験がある20~59歳までの男女400人を対象に、住宅ローンに関する意識調査を実施し、興味深い結果を公表しています。
(※調査期間:2016年3月16日~3月22日 経験者の9割以上が「得をした」!マイナス金利で関心が高まる住宅ローンの借り換え事情

本調査が住宅ローンの借り換え経験者に対し、「住宅ローンの借り換えをして得をしたか、損をしたか」を聞いたところ、回答結果は以下のようになっています。

  • 得をした … 46.3%
  • どちらかといえば得をした … 47.0%
  • どちらかといえば損をした … 4.5%
  • 損をした … 2.2%

本調査結果を見る限り、住宅ローンの借り換えを利用し、「得をした(46.3%)」または「どちらかといえば得をした(47.0%)」と回答した人は、合わせて93.3%。多くの人が、住宅ローンの借り換えを利用し、得をしたと感じていることがわかります
その理由としては、

  • 住宅ローンの総返済額を減らすことができた
  • 今までよりも住宅ローンの金利が下がった
  • 住宅ローンの返済期間を短くできた

等が挙げられており、以上の点は、住宅ローンの借り換えを利用する際のメリットと言えるでしょう。

ちなみに、利用者の多くがメリットを感じている住宅ローンの借り換えですが、現在、住宅ローンを利用している全ての人が、住宅ローンを借り換えることによって、メリットを受けられるわけではない点には注意が必要です。 場合によっては、住宅ローンを借り換えることで、損をしてしまうケースも。

一般的に、住宅ローンの借り換えでメリットを受けるためには、以下の条件が目安になります。

住宅ローンの借り換えでメリットを受けられる条件の目安

  • 住宅ローン残高が1,000万円以上
  • 住宅ローンの返済期間が10年以上残っている
  • 現在利用している住宅ローンの金利と、借り換え後の金利の差が1%以上

また、今回の調査結果によると、住宅ローンの借り換えを行う際に得をするポイントとして、以下の点が挙げられています。

  • 住宅ローン残高や住宅ローンの借り換え時に必要となる諸費用をしっかりと試算する
  • 住宅ローンを提供している複数の金融機関を比較する
  • 金融機関に相談し、プロのアドバイスをもらう

つまり、住宅ローンを借り換える場合、現在の住宅ローンの利用状況を確認した上で、借り換えを検討している住宅ローンと条件を比較し、借り換えを検討することが大切です。 住宅ローンの負担を少しでも減らしたいと考えている方は、住宅ローンの借り換えを上手に活用してみてはいかがでしょう。

借り換えにおすすめの住宅ローン

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行

特徴
  • ネット銀行最大手「住信SBIネット銀行」が提供する借り換えに対応した住宅ローン
  • 団信に加えて、8疾病保障が無料付帯
  • 最低水準の住宅ローン金利が魅力
一部繰上げ返済手数料 無料
保証料 無料
事務手数料 融資金額の2.16%(税込)

このサイトへ行く

じぶん銀行

じぶん銀行画像

特徴
  • 三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同出資し、設立したネット銀行「じぶん銀行」が提供する借り換えに対応した住宅ローン
  • がんと診断された場合、住宅ローン残高が半分になる「50%保障団信」が無料付帯
  • 業界トップクラスの低金利を実現
一部繰上げ返済手数料 無料
保証料 無料
事務手数料 融資金額の2.16%(税込)

このサイトへ行く