住宅ローンニュース住宅ローン手続きは書類不要の時代に? 日本住宅ローンが電子契約サービスを導入

住宅ローン比較 最新ニュース

住宅ローン手続きは書類不要の時代に? 日本住宅ローンが電子契約サービスを導入住宅ローン比較 最新ニュース 第30回

個人向け住宅ローンの金融機関「日本住宅ローン」は、ITソリューションの大手企業「新日鉄住金ソリューションズ」のクラウド型電子契約サービス「コントラクトハブ@アブソンヌ」(CONTRACTHUB@absonne)を自社サービスとして導入することを発表しました。
今後、日本住宅ローンはこの電子契約サービスを活用し、住宅ローンの手続き書類のペーパーレス化(オンライン契約)を進めていく方針です。サービスがスタートした際には、電子署名法および電子帳簿保存法に基づいた住宅ローン契約の、国内初のケースとなります。

住宅ローンの手続きのペーパーレス化自体は、日本住宅ローンよりも前に「じぶん銀行」が導入。じぶん銀行は実店舗を持たないネット銀行で、元来かかる経営コストをほかのサービスに回せる点が強みです。住宅ローンのサービス提供は2015年12月からと日が浅いものの、利用者にとって魅力的な金利を提供し、早くもスタンダードな商品として選ばれています。

じぶん銀行の住宅ローン契約を分析してみると、書類のペーパーレス化は主に次のようなメリットを見せています。

  • 住宅ローン手続きの迅速化……オンライン利用によって書類のやりとりのタイムロスを減少
  • 契約業務のコストカット……契約書に貼付する万単位の収入印紙代や書類の郵送代などを撤廃
  • 顧客サービスの拡大の余地……ペーパーレス化で削減したコストがほかのサービスへ充当可能

住宅ローン比較 最新ニュース

じぶん銀行の住宅ローンでは、仮審査から契約までをパソコンやスマートフォン上で締結できます。住民票などの必要書類は、デジタルカメラなどで撮影した画像をオンライン上で提出可能に。契約書の記載・捺印も、原則として不要です。
住宅ローン手続きのこうした簡略化により、申し込みから契約まで通常1カ月ほどかかっていた一連の審査期間は、最短10日間程度にまで縮められています(住宅ローン契約に付随する司法書士との抵当権設定手続きでは、直接の面談が必要)。
また、じぶん銀行では、有利な住宅ローン金利(変動金利0.497%/2016年7月現在)や手厚い団体信用生命保険(例:がんの診断が下りた際には住宅ローンの残高を半減)を提供。契約者はオンライン上のマイページから手数料無料で繰り上げ返済の手続きができるほか、返済口座への資金移動も無料で行えるなど、多くのメリットが与えられています。

住宅ローンの契約手続きのペーパーレス化で特に注目すべきは、審査期間の速さです。機械でのデータ処理速度は人間の手によるスピードをはるかに上回るため、住宅ローンの審査を申し込んだ当日に結果が判明する例も多数あります。
従来であれば金融機関の営業時間内に出向かねばならなかった契約も、オンラインシステムを介することで、好きな時に、どこからでも行えるようになりました。今まで煩雑だった住宅ローンの手続きが簡易化され、利用者の負担が軽減することになったのです。

これまでは金利や事務手数料の比較が重要視されてきた、住宅ローンの選び方。これからは仮審査から契約までにかかるスピードや、契約時・返済中の手続きの簡便さなども見逃せない項目となりそうです
住宅ローン契約のペーパーレス化に参入する日本住宅ローンは、上記のポイントに加え、コントラクトハブ@アブソンヌの強みである「各種法令に準拠したコンプライアンスの強化」もアピール点としています。一段と堅い情報セキュリティーを武器に、"選ばれる住宅ローン"へとどのように成長していくか、大いに注目したいところです。

日本住宅ローン

日本住宅ローン画像

積水ハウス・大和ハウス工業・住友林業・セキスイハイム・日立キャピタルの共同出資による、個人向け住宅ローンの専門機関。2016年7月、最長35年の固定金利が魅力の住宅ローン「フラット35」などの契約をオンライン上で締結できるサービスの提供開始を発表。電子署名法および電子帳簿保存法に基づく電子契約は、住宅ローン契約においては日本初。すでに熱い注目を集めている。

このサイトへ行く

じぶん銀行 住宅ローン

じぶん銀行 住宅ローン画像

実店舗を持たないネット銀行がゆえに経営コストを大幅に抑えられる点が強みの「じぶん銀行」。KDDIと三菱東京UFJ銀行の共同出資によって誕生した。申し込みから契約までをネットで完結させる住宅ローンを日本の銀行で初めて導入したことは、当時、大きな話題に。ほかにも、住宅ローンの中でトップクラスの低金利や手厚い団信といった画期的なメニューを盛り込み、契約者を増やし続けている。

このサイトへ行く