住宅ローンニュース住信SBIネット銀行が、住宅ローンの新規借り入れ及び借り換えるユーザーを対象に、キャッシュバックキャンペーンを実施。さらにLGBTへの取り組みも

住宅ローン比較 最新ニュース

住信SBIネット銀行が、2018年2月、3月限定で住宅ローンのキャッシュバックキャンペーンを実施※新規借り入れ、借り換え共にキャンペーン対象住宅ローン比較 最新ニュース 第48回

今月の住宅ローン比較ニュースは、住信SBIネット銀行が2018年2月1日~3月30日までに住宅ローンを新規借り入れ、または借り換えた利用者を対象に実施する住宅ローンキャッシュバックキャンペーンの情報をご紹介します。また住信SBIネット銀行は、2018年1月からLGBTの住宅ローン利用に対する取り組みを開始しました。本情報も併せてご紹介します。

住信SBIネット銀行 ネット専用住宅ローン キャッシュバックキャンペーンの内容は?

今回住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローンが実施するキャッシュバックキャンペーンは、以下の通りです。

期間 2018年2月1日~2018年3月30日まで
対象 期間中、住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローンに申し込み、1,000万円以上借り入れを実行した方
キャンペーン内容 もれなく現金1万円キャッシュバック

本キャンペーンのポイントは、新規借り入れ、借り換え問わず1,000万円以上借り入れを実行すると、1万円キャッシュバックの対象になるという点です。

また借り入れ実行が条件ということは、住宅ローン仮審査申込みから本審査の通過、借り入れ実行まで通常2~3週間程度要することを考えると、実質1月中旬から3月中旬までに住宅ローンを申し込んだ方が対象と考えて良いでしょう。

住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローンの特徴は?

いくらキャッシュバックキャンペーンを実施するとはいえ、住宅ローン自体に魅力がなければ、利用する意味はありません。

住信SBIネット銀行は、住宅ローン比較が実施する各種ランキングで、常に利用者からトップクラスの評価を獲得しており、変動金利及び固定金利の低さ、繰り上げ返済のし易さ、全ての病気をカバーする団体信用生命保険という3点で、他の住宅ローンと比較した際、優位性があります

住信SBIネット銀行の3つの特徴

  • 変動金利・固定金利ともに金利の低さは、数ある住宅ローン商品の中でトップクラス
  • 1円から手数料無料で一部繰り上げ返済に対応
  • 保険料の負担なしで、全ての疾病、病気、ケガで就労不能状態になった場合、月々の返済を保障。就業不能状態が続いた場合、住宅ローン残高相当額を団信から充当する全疾病保障が基本付帯

2018年1月からLGBTへの取り組みを開始

LGBT・画像

さらに住信SBIネット銀行は2018年1月からLGBTへの取り組み開始を開始。従来までLGBTは、ペアローンや収入合算を利用することはできませんでしたが、住信SBIネット銀行は配偶者の定義に同性パートナーを含めることで、これらの住宅ローン商品を利用できるように改善。

住宅金融支援機構との提携ローンであるフラット35は対象外になる点には注意が必要ですが、ネット専用住宅ローンはもちろん対象に含まれています。

LGBTへの取り組みは、金融機関がどれだけユーザーの立場を考え、商品開発を行っているかがわかる指標の一つです。

今回のキャッシュバックキャンペーン含め、住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローンの魅力は、さらにアップしたと言えるでしょう。

住信SBIネット銀行 ネット専用住宅ローン

住信SBIネット銀行画像

住信SBIネット銀行と三井住友信託銀行が提携し、提供する住宅ローン商品。変動金利、短期・中期・長期と全ての期間で住宅ローン金利の低さに定評がある。2017年3月3日に全ての契約手続きをWebで完結させるサービスを開始。2017年6月に全ての疾病・病気・ケガが対象になる全疾病保障をリリース、2018年1月にはLGBTの住宅ローン利用に対応するなど、常に利用者の視点に立ったサービスを提供している。

このサイトへ行く