住宅ローン比較.jp×じぶん銀行特別企画

日本初!申込から契約までネットで完結する「じぶん銀行」の住宅ローンに注目!

introduction

スマホ銀行を標榜し、様々な取引をスマホで提供するネット銀行として、高い顧客満足度を誇るじぶん銀行が、2015年12月1日から住宅ローンの提供を開始しました。住宅ローン比較.jp編集部内では、メガバンクはもちろん、既に様々なネット銀行が住宅ローンを提供しており、これ以上新しい住宅ローン商品は難しいだろうと考えていたため、当初の注目度はあまり高くなかったのですが、実際にサービスをチェックしていくと、他の住宅ローンと比較しても有利なサービスを多数提供しており、評価が急上昇。現在最も注目度の高い住宅ローンの一つになっています。

そこで今回、じぶん銀行で本商品の開発を担当された方に住宅ローン比較.jp編集部が直接インタビュー。じぶん銀行の住宅ローンの特徴はもちろん、新しい住宅ローン商品の開発に挑戦された理由や困難だった点等も伺ってきました。

本特集を読んで頂ければ、公式ホームページの情報にはない、じぶん銀行の住宅ローンを作った人の気持ちと、その商品の魅力が伝わるはずです。現在、住宅ローンの新規借り入れや借換えを検討している人は、是非チェックしてみてください。

ARUHIフラット35

じぶん銀行 コンシューマーファイナンス営業部 次長 正藤 清美さん プロフィールを見る

じぶん銀行 住宅ローンの商品設計を担当。約1年間という短いプロジェクト期間で、日本で初めて申込から契約までネットで完結する住宅ローン商品を誕生させた立役者の一人。

じぶん銀行 住宅ローン

じぶん銀行 住宅ローン フラット35画像

KDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資し、設立したネット銀行「じぶん銀行」が新しく提供を開始した住宅ローン。日本の銀行で初めて申込から契約までネットで完結する仕組みを実現。

注目の住宅ローン金利
  • 変動金利(全期間引下げプラン)年0.497
  • 固定10年(当初期間引下げプラン)年0.500

2017年2月現在
※金利は毎月見直します。

interview

Q1.新しい住宅ローンの開発に挑戦された理由を教えてください。

以前から住宅ローンは手続きが本当に煩雑で、もっと簡素化できないのかなぁと思っていたんです。当行は「スマホで銀行取引を完結できるスマホ銀行」をコンセプトに、お客様の様々な不便の解消に取り組んでおり、住宅ローンに関しても、スマホ銀行だからこそ「スマホで完結できる新しい住宅ローン」を念頭に商品開発を進めました。店舗やPCではなく、スマホで完結できるという事を実現するためには、できるだけ面倒な手続きを減らさなければいけません。手続きが少しでも少なくなれば、お客様としてはその分使いやすくなる訳で、その実現を目指すという事が、本住宅ローンの開発に挑戦する際、プロジェクトメンバーの大きな原動力になりました。

画像

Q2.紙が当たり前の住宅ローンの申し込みを、スマホで完結させるとなると本当に様々な挑戦や困難があったのではないでしょうか?

そうですね。ただ紙を使わずネットで申込から契約まで完結させるという基本方針に関しては意外とスムーズに決まりました。住宅ローンは金額が大きいため、銀行の慣習としてペーパーレスに対する心理的なハードルがあり、どこも実現できていなかったというのが現実です。その心理的なハードルを越える事ができれば、あとはWeb上でしっかり記録を残す事で、法的な問題がクリアになるという事は理屈としては理解していました。

もちろん法的な問題がクリアになったからといって簡単に仕組みができる訳ではありません。やはり、最初から紙の記録ではなく、Web上の記録を正しいものと考え、マイページの中で手続きを完了させるという仕組みをゼロから作るのは大変でした。ただ、それが最終的に実現でき、「本当に良いものができたね」と周囲の方から言って頂けるので、本当に良い住宅ローン商品ができたんだなと実感しています。

あともう1点、じぶん銀行の住宅ローンでは、審査期間の短縮にも挑戦しています。一般的には住宅ローンの申込を行い、借り入れ(借り換え)が実行されるまでに早くても1ヶ月程度時間がかかります。じぶん銀行は、住宅ローンの申込から契約に加え、団信(※団体信用生命保険の略称)の申込と告知についてもネット完結を実現したことで、この期間を大幅に短縮し、最短10日で審査が完了する事ができます。このスピードも他の金融機関ではなかなか実現が難しい点ではないかと思います。じぶん銀行では、この期間をもっと短くできるよう今後も挑戦していく予定です。

画像

画像

Q3.ネット完結以外にもじぶん銀行の住宅ローンには様々な特徴があると思うのですが、ここを是非観て欲しい!という点があれば教えてください。

じぶん銀行の住宅ローンは、他の金融機関の住宅ローンと比較すると後発のサービスになります。その分我々は様々な角度から住宅ローンの分析を行い、どうすればユーザーにとって良い商品になるのかを徹底して考えました。

例えば住宅ローン金利に関しては、目先の金利の低さも重要ですが、お借入後に固定から変動、変動から固定に変更した際、金利の引き下げがなくなってしまうと金利が高くなり、結果的にご契約いただいた方のトータルコストが高くなってしまう可能性があります。住宅ローンは長くお借入いただき、ご返済頂くものですから、当行では、お借入当初だけではなく、お借入後に固定から変動、変動から固定にご変更頂いた際の金利にも最大限配慮しています。

また団信に関しても4種類用意しています。そのうちの2つはどちらかを選び無料付帯させる事ができ、もっと充実させたいという方のために残りの2つをご選択頂けるようにしました。その他にも一部繰上げ返済に関しては、24時間スマホ経由で1円から手数料無料でお手続きいただけます

ちなみに先ほどお話させて頂いた申込から契約までネット完結の仕組みを実現した事で、契約書に貼る印紙代が不要と言う点もじぶん銀行の住宅ローンの魅力の一つです。例えば1,000万~5,000万円までのお借入れであれば2万円、5,000万~1億円のお借入れであれば6万円印紙代を節約する事ができます。

どれか一つのサービスではなく、全体を通してトータルで考えて頂ければ、きっとじぶん銀行の住宅ローンの優位性や魅力をご理解頂けるのではないかと思います。

画像

Q4.先ほどのお話でも4種類の団信のお話が出ましたが、これは他の金融機関の住宅ローン商品を見ても、これほど団信が充実しているところはあまり見たことがありません。この団信について、もう少し詳しくお伺いできますか?

どういった保障内容を団信に付帯すればお客様にとって安心いただけるのかは我々の中でも一つのテーマでした。ご契約頂く方にとって、本当に「付帯されていて良かった」と思って頂ける保障内容とはどういうものなのか、また安心してご契約頂けるのか等、様々な視点で考えた結果、我々が注目したのが日本人の2人に1人が一生の中で1度はがんにかかるというデータです。がんは以前と比較すると早期発見により治癒率が飛躍的に向上しており、今では亡くならない病気になりつつあります。つまり、住宅ローン利用後に万一がんにかかってしまった場合、その多くの方が、がんにかかった後も住宅ローンの返済を続けていく事になります。

その際の住宅ローンの返済負担を軽減する仕組みとして、我々が今回導入したのががん50%保障団信です。これはご契約頂いている方が、がんと診断された場合、住宅ローンの残金が50%になるというもので、例えば2,000万円の返済が残っているご契約者様の場合、残金が1,000万円に軽減されます。住宅ローンのご契約時に50歳以下である事という年齢制限と、告知が必要になりますが、ご契約者様は無料でご加入頂けるようにしました。

この団信以外にも無料の一般団信や、年0.2%の上乗せ金利をお支払い頂く事で50%ではなく100%の保障が受けられるがん100%保障団信、年0.3%の上乗せ金利をお支払い頂く事でがん100%保障含む11疾病に対応した11疾病保障団信への加入も可能です。

万一がんにかかった場合に、住宅ローンの返済を軽減する事で、住宅ローンがその後の人生の大きな負担にならないようにすること、また様々なご契約者様のご要望に対応するため、様々な選択肢をご用意すること、この2点にこだわり、団信をご用意させて頂きました。

画像

画像

Q5.今後のサービス展開や、現在住宅ローンの利用を検討されている方に対してメッセージをお願いします。

まず今後のサービス展開に関してですが、今後もお客様の視点に立ち、スマホ銀行ならではの視点でサービスを改善し続けていければと考えています。例えば、住宅ローンのシミュレーション機能をさらに拡充して使いやすいものにしていく他、審査にかかる期間をさらに短くし、業界No.1のスピードで審査に回答し、融資を実行する銀行を目指します。

現在住宅ローンの利用を検討されている方は、是非一度じぶん銀行の住宅ローンのサービス内容をご確認頂き、評価して頂ければと考えています。

住宅ローンというと金利に目がいきがちだと思うのですが、保障面や繰り上げ返済のしやすさ、融資スピード、お借入期間中の金利優遇幅等、実は様々な要素で構成されています。じぶん銀行の住宅ローンは、これらをトータルして考えれば、どこにも負けない商品になっていると確信しています。

じぶん銀行と言うとauというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、住宅ローンはキャリアを問わずどなたにでもご利用頂けますし、スマホではなく、PCからの申し込みももちろん可能です。また入力項目が多い住宅ローンの申込を少しでもやりやすくするため、入力を途中保存する機能をご用意しているので、空き時間に少しずつ必要項目をご入力頂く事も可能です。

みなさまからのご利用を心からお待ちしています。

画像

じぶん銀行 住宅ローン

じぶん銀行 住宅ローン フラット35画像

KDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資し、設立したネット銀行「じぶん銀行」が新しく提供を開始した住宅ローン。日本の銀行で初めて申込から契約までネットで完結する仕組みを実現。金利の低さも業界トップクラスを誇る。

注目の住宅ローン金利
  • 変動金利(全期間引下げプラン)年0.497
  • 固定10年(当初期間引下げプラン)年0.500

2017年2月現在
※金利は毎月見直します。