住宅ローンニュースヤマダ電機が銀行「ヤマダネオバンク」を設立し、住宅ローンの提供を開始!

住宅ローン比較 最新ニュース

ヤマダ電機を運営するヤマダホールディングスが銀行を設立し、住宅ローンを提供 住宅ローン比較 最新ニュース 第80回

画像

ヤマダ電機を運営するヤマダホールディングス(HD)銀行代理業の免許を取得し、住宅ローン含む新たな個人向けサービスの提供を発表しました。銀行代理業の免許取得は、家電量販チェーン初になります。

銀行サービスに関してはゼロから全てを作るのではなく、住信SBIネット銀行と提携し、スピーディーにサービスの提供を開始する予定です。サービス開始予定日は2021年6月初旬となっており、なかでも最大の目玉は住宅ローン含む、ローンサービスの提供になりそうです。

ヤマダネオバンクの住宅ローンとは?

現時点で判明しているのは、住信SBIネット銀行が仮想銀行「ヤマダネオバンク」を設置し、ユーザーはこの仮想銀行の口座を通じてサービスを利用するという点です。

普通預金や定期預金はもちろん、住宅ローン、カードローン、デビットカードなども展開し、ヤマダネオバンク上でヤマダポイント等が貯まり、使える仕組みを作る事で、他のネット銀行と差別化する予定です。

その中でも注目度の高いのが住宅ローンと家具・家電の購入を組み合わせたサービスです。

画像

例えばヤマダホールディングスのグループ会社が取り扱う新築住宅を購入した場合、住宅ローンに家電や家具を合算し、ローンを組めるようにするなど、他の住宅ローンにはないサービスの提供が可能になります。

またヤマダネオバンクで住宅ローンを組むと、ヤマダ電機のポイント還元率が5%アップするサービス等も検討されており、消費者にとってお得度の高い新たな住宅ローンが誕生するのはまず間違いないでしょう。
※肝心の住宅ローンですが、住信SBIネット銀行が提供するネット専用住宅ローンをベースに、ほぼ変わらない仕組みのサービスになる可能性が高そうです。

ヤマダネオバンクの住宅ローン以外のサービスは?

ヤマダネオバンクは、住宅ローン以外にも様々なサービスを展開予定です。独自のデビットカードをヤマダホールディングスのグループ会社で利用すると、購入金額の0.5%がポイント還元されます。

今後はイオン銀行のように住宅ローン利用者向けに預金金利をアップしたり、専用のゴールドカードを発行する可能性も十分あります。

ヤマダ電機を利用する機会が多い方は、2021年6月から提供を開始するヤマダネオバンクの住宅ローンも検討対象に加えるべきでしょう。

著者・監修 早川 聡

著者・総監修 早川聡

住宅ローン含め、金融の専門家(プロ)として様々な記事を執筆しており、最新の金利動向の記事執筆を担当。世界経済の動向を踏まえた金利分析と予測の精度に定評がある。住宅ローン金利の動向に関しては日本経済新聞からの取材を受けた経験あり。