基礎知識収入合算とペアローンの違いは?(シミュレーション付き)

収入合算とペアローンの違いは?(シミュレーション付き)

夫婦が収入を合わせて借入額を増やす方法には「収入合算」と「ペアローン」がある収入合算とペアローンの違いは?(シミュレーション付き)

住宅ローンを借りる際、夫婦や親子の収入を合わせて借入額を増やす方法があります。
「収入合算」や「ペアローン」と呼ばれる、これらの方法は、いずれも共働き夫婦や、それぞれに収入のある親子(同居が条件となる場合が多い)などが共同で住宅を購入する際に利用できます。

夫婦が収入を合わせて借入額を増やす方法には「収入合算」と「ペアローン」がある

一見、どこが違うのかわかりづらい収入合算とペアローンですが、実は団信や住宅ローン控除の適用範囲が異なるため、違いを知っておくことで大きく得をできる場合もあれば、その逆もあります
そこで今回は「収入合算とペアローンの違い」をテーマに、主として夫婦が住宅ローンを組む場合の、それぞれのメリット&デメリット、返済額の差、おすすめの住宅ローン商品などをご紹介します。

収入合算とペアローンの違いは?収入合算とペアローンの違いは?(シミュレーション付き)

収入合算とは1本の住宅ローンを夫婦で借り入れること

収入合算とは、1本の住宅ローン契約を夫婦で締結する方法です。2人が受け持つ債務の範囲によって「連帯債務」と「連帯保証」の2種類に分かれます。

連帯債務

連帯債務

1本の住宅ローンに対し、夫婦それぞれが全額の支払い義務を負うのが「連帯債務」です。仮に3,500万円の借入れをする場合、借入額を夫婦間で分割するのではなく、夫も妻も3,500万円を返済する義務を負います。ただし、実際にいくらずつを負担するか(住宅ローンの持ち分割合)は、債務者間で自由に決めることが可能。夫が主たる債務者、妻が連帯債務者となり、各自の年収に合わせて分けるケースが一般的です。
連帯債務型を取る代表的な住宅ローンは、フラット35。また、一部金融機関でも連帯債務型の住宅ローンの取り扱いがありますが、数は少なくなっています。

連帯債務のメリット 借入額を増やせる。夫婦の持ち分割合によって住宅ローン控除を受けられ、住宅の所有権も按分される。夫婦のどちらかに万一のことがあった場合、団体信用生命保険に加入していれば住宅ローンが完済される。
連帯債務のデメリット 主たる債務者が夫婦のうちどちらか1人になるため、もう1人は団体信用生命保険に加入できない。※ただし、フラット35は夫婦用団信(機構団体信用生命保険特約制度「デュエット」)を利用可能。保険料は2倍ではなく約1.56倍となる。
  • 住宅ローン控除の対象となる金額の割合は、最初に登記する持ち分割合によって決まる。
  • 持ち分は頭金や住宅ローン負担額に応じて公平に登記。バランスが悪いと贈与とみなされ贈与税を課せられる可能性あり。

連帯保証

連帯保証

夫婦のうちの1人が契約者=債務者、もう1人が連帯保証人となるのが「連帯保証」型の収入合算です。債務者の返済が滞った場合に限り、連帯保証人は住宅ローンの返済義務を負います。住宅ローンの契約者は債務者1人のみとなるため、連帯保証人は団信への加入や住宅ローン控除の適用を受けることはできません。家の所有権も債務者1人のものとなります。
民間金融機関が取り扱う住宅ローンの多くは、この連帯保証型となっています

連帯保証のメリット 借入額を増やせる。債務者に万一のことがあった場合、団体信用生命保険に加入していれば住宅ローンが完済される。
連帯保証のデメリット 連帯保証人は団体信用生命保険に加入できない。住宅ローン控除も対象外となる。家の所有権は主たる債務者のものとなる。

連帯債務と連帯保証を比較すると、夫婦がともに同等の債務を負う連帯債務の方が、「団信」「住宅ローン」「住宅の所有権」などの面でメリットが大きいことがわかります。

ペアローンとは夫婦で1本ずつ住宅ローンを契約すること

ペアローン

ペアローン

1本の住宅ローンを夫婦で債務分担する収入合算に対し、ペアローンでは夫婦それぞれが1本ずつの住宅ローンを組み、お互いがお互いの連帯保証人となります。契約が2本となるため、「諸費用」(事務手数料や契約書に貼付する収入印紙代など)も2契約分がかかることになりますが、夫婦ともに「住宅ローン控除」や「団信」の対象となることから、共働き夫婦であれば住宅ローン控除によって諸費用分をカバーできるケースが少なくありません。
ペアローンは連帯保証と同様、多くの民間金融機関が取り扱っています

ペアローンのメリット 借入額を増やせる。住宅ローン控除や団体信用生命保険は夫婦それぞれに適用される。住宅の所有権は借入額に応じて夫婦で按分される。
ペアローンのデメリット 住宅ローン事務手数料や契約書の印紙代等は夫婦それぞれの契約にかかる。夫婦どちらかに万一のことがあった場合も、もう1人の方の債務が残る。

収入合算やペアローンを組んだ場合の返済額をシミュレーション収入合算とペアローンの違いは?(シミュレーション付き)

それでは、夫婦が実際に住宅ローンを組む場合、収入合算(共働き夫婦におすすめなのは連帯債務)とペアローンでは、返済額にどの程度の違いが出るのでしょうか
以下の条件をもとに、収入合算で住宅ローンを組んだ場合と、ペアローンで組んだ場合とを比較してみましょう。

試算条件

年齢 夫:35歳、妻:35歳
年収 800万円(夫:500万円、妻:300万円)
物件価格 4,500万円
頭金 1,000万円
借入額 3,500万円(夫借入額:2,000万円、妻借入額:1,500万円)
借入期間 30年
返済方法 元利均等返済
住宅ローン手数料 定率型(融資額×2.16%)
金利 連帯債務=フラット35:1.120%(全期間固定)
ペアローン=民間金融機関:0.70%(変動金利)※金利の変動はないものとして計算

試収入合算(連帯債務)とペアローンの返済額をシミュレーション

連帯債務(フラット35) ペアローン(変動金利)
毎月の返済額 114,513円 107,815円
年間返済額 1,374,156円 1,293,780円
総返済額内訳 総返済額 41,224,658円 38,813,322円
利息分 6,224,658円 3,813,322円
利息割合 15.1% 9.9%
諸費用 3,909,400円 756,000円
うち当初諸費用 950,800円 756,000円
総支払額 45,134,058円 39,569,322円
その他諸費用 印紙税(ローン契約時) 20,000円 40,000円
登録免許税(抵当権設定) 35,000円 35,000円
抵当権設定のための司法書士報酬 60,000円 120,000円
その他諸費用計 115,000円 195,000円

※上記シミュレーションは「返済プラン比較シミュレーション」(住宅金融支援機構)をもとに作成しています。

ペアローンの試算条件を変動金利で設定していることもあり、連帯債務(フラット35)のほうが、総返済額は550万円ほど多くなります。ただし、金利が全期間固定されること、夫婦のどちらかに万一のことがあった場合、住宅ローンが完済される点は大きな魅力

一方、ペアローンで試算条件とした変動金利は、総返済額の低さが魅力ですが、金利上昇リスクをつねに視野に入れておく必要があります。ただし、ペアローンの場合は、夫婦で違う金利タイプを選ぶといったリスク対策も可能。ペアローンを扱う民間金融機関では、ネット銀行を中心に、保証料や団信が無料(金利上乗せなし)の金融機関も増えています

今回のシミュレーションに近いサービスを提供している住宅ローン

楽天銀行 フラット35

楽天銀行 フラット35

特徴 楽天グループのネット銀行が提供するフラット35。金利水準に加えて、融資手数料も業界最低水準を実現している。住宅ローン契約者向けにはATM手数料や振込手数料の優遇、楽天スーパーポイントの付与率アップなどの特典を提供。
2017年12月実行金利
  • 15-20年固定1.27
  • 21-35年固定1.34
※いずれも団信ありの場合。団信に加入しない場合は表示金利-0.2%
融資手数料(新規借り入れ) 借入金額×1.08~1.404%(税込)
保証料 無料
団信保険料 任意加入
一部繰上げ返済手数料 無料
その他サービス
  • 楽天銀行ユーザーは融資手数料を優遇
  • 楽天銀行のATM手数料や振込手数料優遇が受けられるハッピープログラムのVIP会員に

このサイトへ行く

じぶん銀行 住宅ローン

じぶん銀行

特徴 変動金利や当初固定金利の低さに定評がある住宅ローン。がんと診断された場合に住宅ローンの残債が50%削減される「がん50%保障団信」を無償で提供。住宅ローン契約のペーパーレス化を進めており収入印紙代等がかからない。
2017年12月実行金利
  • 変動0.457
  • 当初10年固定0.610
融資手数料(新規借り入れ) 借入金額×2.16%(税込)
保証料 無料
団信保険料 じぶん銀行が負担
一部繰上げ返済手数料 無料
その他サービス
  • 印紙代不要&最短10日で住宅ローン審査完了
  • がんと診断された場合、住宅ローンの返済額1/2になるがん50%保障団信が無料

このサイトへ行く

収入合算とペアローンの違いは?~まとめ~収入合算とペアローンの違いは?(シミュレーション付き)

収入合算とペアローンの違いは?~まとめ~

「収入合算とペアローンの違い」いかがでしたか。夫婦の収入を合わせる(もしくは夫婦それぞれで住宅ローンを組む)ことにより、住宅ローンの借入額を増やすことができれば、そのぶん購入する住宅の選択肢を広げることもできます。
共働き世帯がメジャーになりつつある現在は、夫婦が協力して住宅の購入計画を練ることができる、おすすめの住宅ローンの契約方法と言えるでしょう。

ただし、収入合算やペアローンで借入額を増やした場合、妻が出産・育児などで、育休に入ったり退職をするなどして収入が減ると、返済額が家計を圧迫し、返済が難しくなる可能性もあります。

住宅ローンの収入合算、ペアローンを検討する際は、将来的な収入の変動も考慮したうえで、夫婦にとってベストの契約方法や金利タイプ、住宅ローン商品を選びましょう