東京スター銀行 住宅ローンの評判

東京スター銀行 住宅ローン 評判

住宅ローン比較.jp
ホーム > 東京スター銀行 スターワン住宅ローンの評判

東京スター銀行 スターワン住宅ローンの評判(金利と審査のポイント)

東京スター銀行 スターワン住宅ローン

  • 会社情報
  • 所在地:東京都港区赤坂2-3-5
  • 資本金:260億円
  • 設立日:2001年6月

東京スター銀行 住宅ローンの評判

住宅ローンの評判画像東京スター銀行の「スターワン住宅ローン」は、他の住宅ローンにはない特徴を持つ商品として一部では高く評価されています。
その魅力をひと言で表すと、預金連動型住宅ローンと呼ばれる、非常に珍しい住宅ローンの仕組みと、「借り入れ条件のハードルの低さ」。東京スター銀行のスターワン住宅ローンは、普通預金の積み増しが繰り上げ返済と同じ効果を持ち、住宅ローン借入額の最大で7割を実質金利負担ゼロとすることができます。
一方で、他の住宅ローンの金利水準と比較すると、金利は高めに設定されているため、自己資金をしっかり用意できなければ、メリットを享受できないという点には注意しましょう!
今回の住宅ローンの評判は、他の住宅ローンにはない特徴を持った、東京スター銀行の住宅ローン金利や審査基準について、詳しく解説します。

東京スター銀行 住宅ローンの特徴

冒頭でもご紹介したとおり、東京スター銀行 スターワン住宅ローンの特徴は、上述したように預金残高と同額分の住宅ローン残高に対して、金利負担が発生しない点にあります。しかも預金連動後の住宅ローン金利は毎日計算されており、普通預金に増やしたお金を1円も無駄にすることなく活用することができます。

一方で端緒として挙げられるのは金利の高さです。他のネット銀行では1%を大きく下回ることの多い3年、5年といった短期金利に関しても、東京スター銀行は1%程度となっており、預金連動型住宅ローンの仕組みを上手く活用することができなければ、利用するメリットは乏しいと言えるでしょう。
ちなみに住宅ローン金利をゼロにできる金額は住宅ローン借り入れ額の最大7割までとなっています。例えば金利1%で住宅ローンを借り入れたとして、7割の自己資金を用意できる場合は0.7%分に金利がかからないということになり、実質0.3%の金利で住宅ローンを借り入れることができる訳です。ちなみに普通預金に積み増したお金はいつでも引き出すことができます。例えば急な出費でお金が必要になったら、この普通預金から引き出し、またお金が作れたら普通預金に入金するといった運用ももちろんOK。この利便性の高さも東京スター銀行のスターワン住宅ローンが支持される理由の一つになっています。

東京スター銀行 住宅ローン金利表

変動金利6カ月 基準金利 2.3%→引き下げ後のお借入れ金利 1.20%
固定金利3年 基準金利 2.8%→引き下げ後のお借入れ金利 1.100%(※預金連動型)
固定金利5年 基準金利 2.85%→引き下げ後のお借入れ金利 1.100%(※預金連動型)
固定金利10年 基準金利 2.7%→引き下げ後のお借入れ金利 1.450%(※預金連動型)

その他にも東京スター銀行の住宅ローンには、注意すべき点があります。
それは、住宅ローン商品自体に団体信用生命保険が付帯せず、特定のメンテナンスパックに加入することで付帯させることができるという点です。また、このメンテナンスパックは3種類用意されており、メンテナンスパック3は、返済休暇制度の無料利用、固定金利の無料選択、一部繰り上げ返済・全部繰り上げ返済無料の3点が付帯しますが、団信は付帯しないため、必要に応じて自分で用意する必要があります。メンテナンスパック1とメンテナンスパック2には、これらのサービスに加え、団信や入院保険が付帯(※メンテナンスパック2にはがん団信が付帯)するなど、補償が充実。その分住宅ローン金利が上乗せになるので、自分に合ったもの選択しましょう。

メンテナンスパックも含めると、見かけの金利が高くなる点には注意が必要ですが、預金連動型住宅ローン商品であるという点と、メンテナンスパックに付帯する様々な特典を加味した上で判断することが大切です。

東京スター銀行 住宅ローンの金利の推移

以下は東京スター銀行のスターワン住宅ローンを、変動金利もしくは固定金利10年で借り入れた場合の金利の推移になります。

金利区分 2016年8月 2016年9月 2016年10月 2016年11月 2016年12月 2017年1月
変動金利 年1.20% 年1.20% 年1.20% 年1.20% 年1.20% 年1.20%
固定金利10年 年1.30% 年1.40% 年1.40% 年1.40% 年1.45% 年1.50%

東京スター銀行 住宅ローンの審査

東京スター銀行では、他の住宅ローンと比較すると、審査基準を低く設定しているため、安定した収入があれば職業に関係なく申し込むことが可能です。

もう1点、東京スター銀行のスターワン住宅ローンには注目すべきサービスがあります。それは住宅ローンの借り入れ(借り換え)審査を受ける際、「収入合算」が可能となっている点です。通常の住宅ローンの審査では、借り入れを行う主契約者の収入及び資産を重視しますが、東京スター銀行の場合、同居する配偶者及び家族が正社員として就業している場合、収入を合算し、住宅ローン審査を行うことが可能です。つまり、審査対象となる所得が増えるため、収入合算による審査に対応していない住宅ローンと比較すると、審査を通過する可能性が大幅に上がります。
現在の自分自身の収入では、住宅ローン審査に通るのは難しいが、夫婦の収入を合算すれば、収入が大幅にアップし、無理なく返済できるという方にとって、東京スター銀行の住宅ローンは、チャレンジしてみる価値がある住宅ローンといえるでしょう。

東京スター銀行 住宅ローンの審査

住宅ローン審査 申し込み条件
・日本国籍の方または外国籍で永住権をお持ちの方。
・20歳以上65歳以下の方で、完済時の年齢が75歳以下の方。
・正社員として1年以上、または自営業・契約社員・派遣社員として2年以上の安定した収入があることを公的書類にて証明できる方。
・前年年収300万円(税込)以上の方。収入合算の場合は、同居の配偶者または親族の安定収入(年金収入、パート・アルバイト収入は除く)を対象とし、合算後の年収が400万円(税込)以上の方。
・東京スター銀行の住宅ローン商品を取扱う本支店に、おおむね2時間以内に来店できる方。
※取扱店に関しては、東京スター銀行ホームページにて確認。もしくは商品パンフレット記載の電話番号へ要問い合わせ
・その他、東京スター銀行が規定する所定の審査基準を満たしている方。
(参考元:スターワン住宅ローン | 借りる | 商品ガイド | 東京スター銀行
Ranking低金利住宅ローン(固定金利)ランキング
新生銀行 住宅ローン
固定期間は最大で35年、繰上げ返済手数料、保証料、団体信用保険料無料と他社にないサービス内容が魅力。金利も低い
住信SBIネット銀行
固定期間は最大で35年。優遇金利適用後の金利はフラット35を大きく上回る。保証料、繰り上げ返済手数料、8疾病保障も無料
イオン銀行 住宅ローン
イオンでの買い物が毎日5%OFFになるイオンセレクトクラブへの加入が出来るなど、サービスが充実。優遇金利に大きな魅力
ソニー銀行 住宅ローン
固定期間は最大35年。金利を簡単にスイッチできるサービスを提供。金利も低く、繰り上げ返済は24時間365日対応し、手数料も無料
楽天銀行 フラット35
住宅金融支援機構と楽天銀行が提携し、提供する長期固定金利住宅ローン。楽天銀行は数あるフラット35の中で最低金利を実現。事務手数料にも優位性がある
Ranking住宅ローン(変動金利)ランキング
じぶん銀行 住宅ローン変動金利
住宅ローンの提供開始は2015年からと新しいが、他の住宅ローンにはないサービスを提供。特に変動金利の優遇幅やがん50%団信が無料付帯できる点は大きな魅力
住信SBIネット銀行 住宅ローン変動金利
保証料、団信保険料、8疾病保障、一部繰上げ返済手数料無料という高い利便性を誇る。数ある住宅ローン変動金利の中でも圧倒的な低金利を実現
イオン銀行 住宅ローン(変動金利)
イオン銀行が提供する変動金利型の住宅ローン商品。イオン銀行では変動金利及び短期固定~10年固定金利に特に力を入れており、金利を優遇している
ソニー銀行 住宅ローン(変動金利)
通常の金利プランの他にも選択できるプランが多い。「変動セレクト住宅ローン金利プラン」では表面金利が大幅に低く設定されている
新生銀行 住宅ローン変動金利
保証料や繰上げ返済手数料、団信生命保険料無料など、充実したサービスを提供。変動金利は、特約条項付きながら低金利を実現。団信が充実した安心パックWも好評