住宅ローン 銀行の選び方住宅ローンの特典を比較!お得度が高いおすすめの金融機関7選

住宅ローンの特典を比較

数ある住宅ローンの中には、買い物時の割引や各種手数料の割引、特約付き団信の無料付帯など、その住宅ローンに加入することで、様々な特典が利用できる住宅ローンがあります。

こうした住宅ローンの特典は上手く活用することで、家計の節約につながったり、住宅ローン返済期間中の万一に備えられたりと、さまざまなメリットが期待できます。
そのため、住宅ローンの新規借り入れや借り換えを検討する際は、各住宅ローンに付帯する特典についてもしっかりと比較しておくことが大切です。

そこで今回は、数ある住宅ローンの中から、特典が充実している人気の住宅ローンをピックアップ。 それぞれの住宅ローンに付帯する特典をわかりやすく比較していきます
住宅ローンの新規借り入れ・借り換えを予定している方は、本特集を参考に、メリットを最大限享受できるお得な住宅ローンを見つけましょう。

あわせて読みたい

住宅ローンの特典を一覧で比較住宅ローンの特典を比較

住宅ローンに付帯する特典は、金融機関によって大きく異なります。住宅ローンの特典を賢く利用するには、まず、その内容をしっかり把握しておくことが大切です。
以下では、人気の住宅ローンに付帯する特典を、「割引・優遇特典」「団信特典」「マイル・ポイント特典」「その他特典」にジャンル分けし、一覧で比較しています。各住宅ローンに付帯する特典をチェックし、自分に合った住宅ローンを見つける際に役立てましょう。

住宅ローンの特典 比較一覧

住宅ローン 割引・優遇特典 団信特典 マイル・ポイント特典 その他特典
イオン銀行
住宅ローン

  • お買物5%割引特典
  • 定期預金金利優遇特典
  • 全疾病団信無料付帯
  • イオンカードセレクトの特典
  • 「イオンゴールドカードセレクト〈イオンセレクトクラブ〉」発行
  • イオングループ各社の特典利用
auじぶん銀行
住宅ローン

  • au金利優遇割
  • がん50%保障団信無料付帯(※全疾病保障付帯)
ARUHI
フラット35

  • 融資事務手数料優遇
  • ARUHI 暮らしのサービス
ソニー銀行
住宅ローン

  • 新規借入&自己資金10%以上で住宅ローン金利を優遇
  • がん団信50無料付帯
  • 優遇プログラム「Club S」のステージランクアップ
  • 給与振込10万円で3,000円プレゼント
楽天銀行
フラット35

  • 融資事務手数料優遇
  • 楽天会員ランクに応じて楽天ポイントプレゼント(※新規借り入れの場合)
  • 楽天銀行の優遇プログラム「ハッピープログラム」の会員ステージ1ランクアップ
ANAの
住宅ローン

  • がん団信50無料付帯
  • 借り入れ金額に応じてANAマイルを付与
三井住友銀行
住宅ローン

  • ライフイベントサービス

特典が充実したおすすめの住宅ローン7選住宅ローンの特典を比較

特典が充実したおすすめの住宅ローン その1:イオン銀行 住宅ローン

イオン銀行 住宅ローンの特徴

イオングループの「イオン銀行」が提供する住宅ローン。
イオン銀行では、新規借り入れ・借り換え共に、低水準の住宅ローン金利を実現。さらに、変動金利の場合は最大1.85%、固定金利の場合は最大1.6%、完済するまで(※固定金利の場合は、固定期間終了後から完済するまで)店頭表示から金利を引き下げる優遇金利を提供している。他の金融機関と比較し、有利な条件で借り入れできるのは大きな魅力。

また、「全疾病団信」が上乗せ金利なしで付帯するほか、金利を年0.1~0.3%上乗せすることで、金利を年0.1~0.3%上乗せすることで、「がん保障付団信」「8疾病保障団信」「ワイド団信」を付帯できる。
Webと店舗の両方で住宅ローンの相談・申し込みに対応している点もチェックしておきたい。

 

イオン銀行 住宅ローンの特典(※イオンセレクトクラブ特典)

イオン銀行 住宅ローン

割引・優遇特典
  • お買物5%割引特典(※住宅ローン返済期間中ずっと)
  • 定期預金金利優遇特典
団信特典
  • 全疾病保障 ※上乗せ金利なし
マイル・ポイント特典 イオンカードセレクトの特典
  • 毎月5のつく日…WAONポイント2倍
  • 口座振替またはクレジットカードでの各種公共料金の支払い…毎月(1件につき)5WAONポイント付与
  • 給与振込口座にイオン銀行を指定…毎月10WAONポイント付与
  • WAONオートチャージ…200円につき1WAONポイント付与
その他特典
  • 「イオンゴールドカードセレクト〈イオンセレクトクラブ〉」発行
  • イオングループ各社の特典利用

イオン銀行では、住宅ローン契約者限定特典として「イオンセレクトクラブ」を提供。この「イオンセレクトクラブ」では、「お買物5%割引特典」や「定期預金金利優遇特典」「イオンゴールドカードセレクト発行」など、さまざまな特典を利用することができる。

なかでも注目したいのは、「お買物5%割引特典」。この特典は住宅ローン返済期間中ずっと、イオンの実店舗やオンラインショップなど、イオングループでの買い物が毎日5%OFFになるというもの。ちなみに5%OFFの対象となる買い物金額に上限はなく、5%OFFの特典は、ポイントアップや他の割引とも併用が可能。イオングループの店舗をよく利用する人であれば、この特典を利用することで、お得に買い物ができる。

また、イオンセレクトクラブの特典では、イオンのゴールドカード「イオンゴールドカードセレクト」も無料で発行可能。通常、イオンゴールドカードセレクトは、イオンカードセレクトの直近のショッピング利用が100万円以上の場合にインビテーションが届くため、住宅ローンを契約することで、無条件でイオンゴールドカードセレクトが持てるのは嬉しいポイント。
さらに、イオンゴールドカードセレクトに付帯する「最高5,000万円の海外旅行障害保険」「全国のイオンラウンジ利用/主要空港のラウンジサービス利用」といった特典を利用できるのも魅力。

特典が充実したおすすめの住宅ローン その2:auじぶん銀行 住宅ローン

auじぶん銀行 住宅ローンの特徴

三菱UFJ銀行とKDDIが出資する「auじぶん銀行」の住宅ローン。
auじぶん銀行では、業界最低水準の住宅ローン金利を実現。他の住宅ローンと比較しても、有利な条件で組むことができる。
また、「がん50%保障団信」が無料付帯するほか、住宅ローン金利を年0.1%または0.2%上乗せすることで、「がん100%保障団信」や「11疾病保障団信」を付帯することが可能。住宅ローン返済期間中の万一のリスクに備えられるのは嬉しいポイントといえるだろう。
さらに、事前審査から契約まで、すべての手続きがネットで完結するほか、保証料や一部繰り上げ返済手数料が無料など、利便性の高いサービスを提供している点も魅力。

 

auじぶん銀行 住宅ローンの特徴

auじぶん銀行 住宅ローン

割引・優遇特典 au金利優遇割(※「auモバイル優遇割」+「じぶん電気優遇割」)
  • auモバイル優遇割(年0.07%金利引下げ) …「住宅ローン」+「au回線」の利用
  • じぶんでんき優遇割(年0.03%金利引下げ) …「住宅ローン」+「じぶんでんき」の利用
  • au金利優遇割(年0.1%金利引下げ)…「住宅ローン」+「au回線」+「じぶんでんき」の利用
団信特典 がん50%団信無料付帯(4疾病保障+全疾病長期入院保障含む)
  • 住宅ローン契約者が満50歳までの場合
  • 新団信は2023年7月1日以降お借入れの方に適用
マイル・ポイント特典
その他特典

auじぶん銀行では、住宅ローンの契約者に対して、「団信(団体信用生命保険)」と「金利優遇」の面で魅力的な特典を提供している。

まず注目したいのは、団信の特典。一般団信に加え、住宅ローン契約者が満50歳までの場合は、4疾病保障を含む「がん50%保障団信」が無料付帯。さらに、住宅ローン契約者が満50歳までの場合、年0.05%の金利上乗せで「がん100%保障団信」、年0.15%の金利上乗せで4疾病保障付きの「がん100%保障団信プレミアム」を付帯できる。
団信が充実しており、住宅ローン返済期間中の万一に備えられる点は、auじぶん銀行の住宅ローンを利用する大きなメリット。

また、auじぶん銀行では、金利優遇の特典として、「au金利優遇割」を提供している。この特典は、「auじぶん銀行の住宅ローン」と「au回線」「じぶんでんき」をセットで利用することで、住宅ローン金利が最大年0.1%引き下げられるというもの。auじぶん銀行は、もともと業界最低水準の住宅ローン金利を実現しているが、この特典を利用することで、さらに有利な条件で住宅ローンを組むことができる。できるだけ低い金利で住宅ローンを組みたい場合は、ぜひ利用を検討したい。

特典が充実したおすすめの住宅ローン その3:ARUHI フラット35

ARUHI フラット35 住宅ローンの特徴

13年連続(※2023年3月末時点)でフラット35の取扱高No.1を誇る「ARUHI」の長期固定金利型住宅ローン
ARUHIでは、数あるフラット35のなかでも最低水準の住宅ローン金利を実現。他のフラット35と比較しても、有利な条件で住宅ローンを組むことができる。
また、事前審査は1~2営業日、本審査は1~2週間とスピード審査にも対応。
全国に実店舗を構え、店舗とインターネットの両方で住宅ローンに関するサポートが受けられる。
さらに、全国1,000以上の金融機関から返済口座を指定できるのも魅力。

 

ARUHI フラット35の特典

ARUHI フラット35

割引・優遇特典 融資事務手数料優遇
  • Webからの申し込みで、融資事務手数料が、借り入れ金額の2.2%(税込)から1.1%(税込)に優遇
団信特典
マイル・ポイント特典
その他特典
  • ARUHI 暮らしのサービス

ARUHI フラット35では、融資事務手数料の優遇特典を提供。WebからARUHI フラット35に申し込みをすると、融資事務手数料が、借り入れ金額の2.2%(税込)から1.1%(税込)に優遇される。融資事務手数料の優遇が受けられ、フラット35の借り入れにかかる諸費用を抑えられる点は、ARUHI フラット35の大きな魅力。

さらに、ARUHIでは住宅ローン審査に申し込みをした人を対象に、優待サービス「ARUHI 暮らしのサービス」も提供。このサービスを利用すると、引っ越しや、家電・家具・寝具の購入、日用品・雑貨・サービスの購入・利用、住替相談・リフォーム・住宅点検など、さまざまな場面で優待が受けられる。暮らしに役立つサービスをお得に利用できる特典がある点も、ARUHIのフラット35を組む際に、ぜひチェックしておきたい。

特典が充実したおすすめの住宅ローン その4:ソニー銀行 住宅ローン

ソニー銀行 住宅ローンの特徴

ソニーフィナンシャルグループの中核企業として、幅広いサービスを提供するネット銀行大手「ソニー銀行」が提供する住宅ローン。
ソニー銀行では、ネット銀行ならではの強みを活かし、低水準の住宅ローン金利を実現。さらに、保証料、一部繰り上げ返済手数料、変動金利から固定金利への金利タイプ変更手数料が無料になるなど、利便性の高いサービスを提供している。
また、専任のローンアドバイザーが在籍し、電話やメールで住宅ローンに関するサポートが受けられるのも嬉しいポイントといえるだろう。
AIを活用した自動審査システムを導入しており、最短60分で仮審査の回答を受け取れる点も魅力。(※仮審査の申し込みにソニー銀行の口座開設は不要)

 

ソニー銀行 住宅ローンの特典

ソニー銀行 住宅ローン

割引・優遇特典
  • 新規借入&自己資金10%以上で住宅ローン金利を優遇
団信特典
  • がん団信50無料付帯
マイル・ポイント特典
その他特典
  • 優遇プログラム「Club S」のステージランクアップ
  • 給与振込10万円で3,000円プレゼント

ソニー銀行の住宅ローンは特典が充実。
例えば、新規購入で自己資金を10%以上用意し、借り入れ額の総額が、物件の購入価格および建築される物件の建築請負価格(※いずれも諸費用、取り扱い手数料除く)の合計額に対して90%以内の場合、住宅ローン金利を0.05%優遇。有利な条件で住宅ローンを組むことができる。
団信特典として、がんと診断された場合に住宅ローン残高が半分になる「がん団信50」が無料付帯する点もチェックしておきたい。

また、ソニー銀行では、優遇プログラム「Club S(クラブエス)」のランクが自動的に1ランクアップする住宅ローン契約者向けの特典も提供。Visaデビット付きの Sony Bank WALLETのキャッシュバック率が常時1%以上になる等、さまざまな優遇を受けることができる。

さらに、2022年7月からは、新規借入での住宅ローン契約者を対象に、ソニー銀行の円普通預金口座に10万円以上の給与または賞与の振り込みがあれば、3,000円をプレゼントする特典も提供している。

低金利を実現していることに加え、特典も充実しているソニー銀行は、住宅ローンの利用を検討する際、ぜひ候補に入れておきたい。

特典が充実したおすすめの住宅ローン その5:楽天銀行 フラット35

楽天銀行 フラット35 住宅ローンの特徴

楽天グループのネット銀行「楽天銀行」が提供するフラット35(長期固定金利住宅ローン)。
楽天銀行 フラット35は、業界最低水準の住宅ローン金利を実現していることに加え、融資事務手数料(取り扱い事務手数料)も低めに設定。他の金融機関と比較し、有利な条件でフラット35を利用することができる。
さらに、楽天銀行ユーザーや楽天会員を対象とした特典も充実。楽天グループのサービスをよく利用する方であれば、フラット35の借り入れを検討する際、ぜひ候補に入れておきたい。

 

楽天銀行 フラット35の特典

楽天銀行 フラット35

割引・優遇特典 融資事務手数料優遇(※楽天銀行を返済口座に指定した場合)
  • 新規借り入れ…借り入れ金額×1.10%(税込)
  • 借り換え…借り入れ金額×0.990%(税込)
※楽天銀行以外を返済口座に指定した場合の融資事務手数料は、借り入れ金額×1.430%(税込)。ただし、融資事務手数料の最低金額は、新規借り入れの場合11万円(税込)、借り換えの場合16万5,000円(税込)。
団信特典
マイル・ポイント特典 優待ページからのエントリーで楽天会員ランクに応じて楽天ポイントプレゼント(※新規借り入れの場合)
  • ダイヤモンド会員…20,000ポイント付与
  • プラチナ会員…18,000ポイント付与
  • ゴールド会員…15,000ポイント付与
  • シルバー会員…13,000ポイント付与
※付与されるポイントは期間限定ポイント
その他特典 楽天銀行の優遇プログラム「ハッピープログラム」の会員ステージ1ランクアップ
〈ハッピープログラムの主な特典〉
  • ATM手数料が毎月最大7回まで無料
  • 振込手数料が毎月最大3回まで無料
  • 楽天ポイントの獲得倍率が最大3倍に

楽天銀行 フラット35では、融資事務手数料の優遇をはじめ、住宅ローン契約者に対してさまざまな特典を用意している。

融資事務手数料の優遇は、フラット35の返済口座に楽天銀行を指定すると、融資事務手数料が、「借り入れ金額×1.430%(税込)」から、「借り入れ金額×1.10%(税込)(※新規借り入れの場合)」または「借り入れ金額×0.990%(税込)(※借り換えの場合)」に優遇されるというもの。他の金融機関では、融資事務手数料を借り入れ金額の2.2%(税込)に設定しているケースが多いため、他社と比較して、融資事務手数料を抑えられるのは、楽天銀行を利用する大きなメリット。

また、楽天銀行では、フラット35を利用すると、楽天銀行の優遇プログラム「ハッピープログラム」の会員ステージが無条件で1ランクアップする特典も用意している。(※ハッピープログラムの利用には、楽天銀行の口座開設が必要)
ちなみに、ハッピープログラムでは、「ATM手数料が毎月最大7回まで無料」「振込手数料が毎月最大3回まで無料」「楽天ポイントの獲得倍率が最大3倍」といった特典が利用可能。楽天銀行のサービスをよく利用する人や、楽天ポイントを貯めている人であれば、ぜひ上手に活用したい。

さらに楽天銀行のフラット35では、優待ページからエントリーし、新規借り入れでフラット35を組むと、楽天会員ランクに応じて最大20,000ポイントの楽天ポイントがもらえる特典も用意している。特に、新規借り入れで楽天銀行のフラット35を検討している場合は要チェック。

特典が充実したおすすめの住宅ローン その6:ANAの住宅ローン

ANAの住宅ローンの特徴

ANAグループの銀行代理業者「ANAファシリティーズ」がソニー銀行と提携し、提供する住宅ローン。
ANAの住宅ローンでは、新規購入で自己資金が10%以上の場合、住宅ローン金利を0.05%引き下げ。低い水準の金利で住宅ローンを組むことができる。さらに、取り扱い事務手数料を「定率制」と「定額制」から選択できる点もチェックしておきたい。
また、「がん団信50」が無料付帯するほか、年0.1%または年0.2%の金利上乗せで、「がん団信100」や「3大疾病団信」「生活習慣病団信」を付帯することができる。団信が充実している点も、大きな魅力といえるだろう。

 

ANAの住宅ローンの特典

ANAの住宅ローン

割引・優遇特典
団信特典 がん団信50無料付帯
マイル・ポイント特典 借り入れ金額に応じてANAマイルを付与(※借り入れ金額20万円あたり100マイル)
その他特典

ANAの住宅ローンでは、住宅ローンの借り入れで、ANAマイルが貯められる特典を用意。80,000マイルを上限に、借り入れ金額に応じて20万円につき100マイルを貯めることができる。例えば、ANAの住宅ローンで3,000万円を借り入れた場合、15,000マイル貯めることが可能。
住宅ローンを借り入れるだけで、大量のマイルを貯められる点は、ANAの住宅ローンを利用する大きなメリット。

また、ANAの住宅ローンでは、がんと診断された場合に住宅ローン残高が半分になる「がん団信50(がん50%保障特約付き団信)」が無料付帯。住宅ローン返済期間中のがんの罹患リスクにしっかり備えられる点もチェックしておきたい。

Memo 住宅ローン金利に年0.1%を上乗せし、「がん団信100」を付帯するのもおすすめ

ANAの住宅ローンでは、「がん団信50」を無料付帯できるが、住宅ローン金利を年0.1%上乗せし、「がん団信100(がん100%保障特約付き団信)」を付帯するのもおすすめ。
「がん団信100」は、がんと診断確定された場合、住宅ローン残高が0円になることに加え、100万円を保障。さらに、がん先進医療では通算1,000万円まで保障が受けられ、通常のがん保障特約では保障されない上皮内がん・皮膚がんも50万円まで保障される
がんの進行程度や種類に関わらず保障を受けることができるので、住宅ローン返済期間中のがんの罹患リスクに手厚く備えたい場合、「がん団信100」も選択肢に入れておくと良いだろう。

特典が充実したおすすめの住宅ローン その7:三井住友銀行 住宅ローン

三井住友銀行 住宅ローンの特徴

三大メガバンクの一角である「三井住友銀行」の住宅ローン。
三井住友銀行では、WEB申し込み限定の住宅ローンを提供しており、店頭で申し込む場合と比較し、低い金利で住宅ローンを組むことが可能
さらに、WEB申し込み限定の住宅ローンの場合、アプリからの申し込みや契約手続きにも対応している。来店不要で住宅ローンの申し込み・契約手続きができるのは大きな魅力。
また、「8大疾病保障付住宅ローン」や「自然災害時返済一部免除特約付住宅ローン」など、住宅ローン返済期間中の万一に備えられる特約付き住宅ローンを用意している点もチェックしておきたい。

三井住友銀行 住宅ローンの特典

三井住友銀行 住宅ローン

割引・優遇特典
団信特典
マイル・ポイント特典
その他特典 ライフイベントサービス
〈主なライフイベントサービス特典〉
  • 引っ越し料金…最大25%割引
  • インテリア購入価格…最大40%割引
  • こども用品…10%割引
  • リフォーム代金…最大20%割引

三井住友銀行では、住宅ローン契約者特典として、マイホームの購入や結婚など、さまざまなライフイベントを応援するための「ライフイベントサービス」を提供。「ライフイベントサービス」を利用すると、「引越し料金が最大25%割引」「こども用品10%割引」「リフォーム代金最大20%割引」など、さまざまな特典を受けることができる

ちなみに、「ライフイベントサービス」の利用には、三井住友銀行の口座開設とSMBCポイントパック(※)への契約が必要。
住宅ローン返済期間中のさまざまなライフイベントに際して特典が利用できるのは、三井住友銀行の住宅ローンを利用する大きなメリットといえるだろう。

  • SMBCポイントパック…残高に応じた金利を適用する「残高別金利型普通預金口座」の契約および、「インターネットバンキング(SMBCダイレクト)」利用者に、ポイントの付与や手数料の割引を提供するサービス。

住宅ローンの特典を比較~まとめ~住宅ローンの特典を比較

本特集では、金融機関各社が提供する住宅ローンの特典を比較しました。住宅ローンに付帯する特典は、金融機関によって大きく異なります。住宅ローンを検討する際は、住宅ローン金利だけではなく、サービスの利便性や特典についてもしっかり比較し、総合的にお得度が高く、自分に合った商品を選ぶことが大切です。

特典が充実し、お得に利用できる住宅ローンを探している方は、本特集を参考に各住宅ローンの特典を比較し、自分に合った商品を見つけましょう。

著者 溝口 麻衣

著者 溝口 麻衣

Hayakawa所属のチーフライター兼編集者。住宅ローンの特典に関する調査と記事執筆を担当。
わかりやすく、ちょっとした気付きのある記事を目指し、日々原稿を執筆している。2級FP技能士取得。