比較・ランキング不動産ポータルサイト比較・ランキング

新築分譲マンションや一戸建ての物件探しに活躍する不動産ポータルサイト。スーモ、ホームズ他、みんなのおすすめは?

住宅の購入を考えるとき、「まずは住みたいエリアの物件をチェックする」という方が多いはず。マンション・一戸建てなどの物件情報が地域ごとにまとまっている不動産ポータルサイトは、家探しの第一歩としてなくてはならない存在です。大手の不動産ポータルサイトは、サイト上から物件の問い合わせやモデルルームの見学予約も可能。また最近では、立地や間取りだけではなく資産性も考慮した物件探しが可能なサイトや、リノベーションマンションに特化したサイトなども人気があります。

本ランキングでは、家探しに欠かせない不動産ポータルサイトを各社の特徴・評判をもとに比較、ランキング。不動産全般に強い大手からニッチなサービスに強みがある特化型のサイトまで各サイトのメリットを解説しています。住宅購入を考えている方は、物件探しと情報収集の際、上手く活用しましょう!

住宅ローン比較では皆様からの口コミを募集中。ご投稿いただいた口コミが採用されると、もれなくAmazonギフト券300円分をプレゼントしています!住宅ローンを借り換えた方は是非その体験談をご投稿ください。

不動産ポータルサイト比較・ランキング 2021年12月 よくある質問

SUUMO(スーモ) 4.7

SUUMO(スーモ)・ロゴ

使いやすさ
5.0
物件数
4.5
物件の詳細情報
5.0
独自サービス
4.5
人気
4.5

SUUMO(スーモ)は、リクルートが運営する不動産ポータルサイト。マンション(新築・中古)、一戸建て(新築・中古)、賃貸住宅などの物件や、地域の不動産会社、ハウスメーカー、リフォーム会社など、住まいに関わる会社の情報を検索できる。対応エリアは全国(新築マンションなど一部物件のないエリアもあり)。

マンションや一戸建ては、購入を希望する地域・沿線などで物件を検索し、立地、間取り、価格、新築の場合は発売時期等をチェックし、資料請求や内見依頼ができる。売り出し中の新築マンションはモデルルームの見学予約にも対応。掲載物件の情報は非常に豊富で、物件の画像や間取りに加え、不動産会社の接客についてユーザーがコメントする「接客評価コメント」や、新築マンション購入者の声を集めた「取材レポート」、マンションの一戸一戸の部屋の配置や敷地内における棟の配置などを確認できる「「ルームマップ(住戸配置図)」等、様々なツールを用意している。

その他にも無料会員登録をすることで、希望エリアの物件情報が配信される「お知らせメール」やプロのアドバイザーに住宅購入をサポートしてもらえる「スーモカウンター」も利用可能。不動産情報サービスの大手であり、物件を探す際はまず登録しておきたい不動産ポータルサイトだろう

不動産ポータルサイト サービス比較

対応エリア 全国
物件情報のお知らせ あり(SUUMO会員登録が必要)
ここがオススメ!
  • マンションの間取りタイプの配置を確認できる「ルームマップ(住戸配置図)」を利用可能
  • プロのアドバイザーに新築マンションや注文住宅の購入サポートを依頼できる「スーモカウンター」を設置

SUUMO(スーモ)へ行く

  • 良い口コミ(4件)
  • 中立口コミ(0件)
  • 悪い口コミ(2件)
37才・女・会社員
金利が上がりかけてるので急いでマンションを探していますが、このサイトには一番お世話になってます。他のサイトより使いやすいし、特に間取りから探せる機能はありそうでない機能で便利です。また、物件の動画も他のサイトより充実してます。これは豆知識ですが物件を見に行く前に各マンションのキャンペーンをチェックしておくとお得な場合があります。
31才・女・専業主婦
地域で検索すると地図が表示され、登録されている物件の場所が一目でわかるようになっているので便利。その場所をクリックすると、マンションの外観写真が表示されるしくみも使いやすくていい。検討している地域の物件はしらみつぶしにチェックできる。
40才・男・会社員
住宅情報ナビは一つ一つのマンションについて詳細にわかる。マンションギャラリーのレポートまであるので、行く前に見ておけば、無駄足がなくて済む。
36才・女・主婦
とにかく情報量が多く、他の新築分譲マンションを取り扱う住宅情報サイトと比較しても圧倒的だと思う。住宅ローンに関する情報も多く、勉強になる。
31才・女・パート
いくつか条件を入れて検索をかけてみましたが、検索結果に画像がなく、とても使いづらかったです。画像がないとイメージがわきにくいので、改善してほしい。
36才・男・会社員
新築分譲マンションを紹介したいのか、それとも賃貸物件を紹介したいのかイマイチはっきりしない。以前のフォレンと住宅情報ナビのころのほうが私は好きです。

口コミを投稿する

LIFULL HOME'S 4.6

LIFULL HOME'S・ロゴ

使いやすさ
5.0
物件数
4.5
物件の詳細情報
5.0
独自サービス
4.5
人気
4.0

LIFULL HOME'Sは、LIFULLが運営する不動産ポータルサイト。マンション(新築・中古)、一戸建て(新築・中古)、賃貸住宅、土地・注文住宅、不動産売却、不動産投資、引っ越しなど、住まいに関する物件の仲介と企業紹介を幅広く手がけている。

対応エリアは全国。物件は、駅・路線・地図・通勤時間・車での移動時間・不動産会社など、様々な項目で物件情報を検索できる。また、「オンライン相談ができる物件」「ペット可の物件」「全面リフォーム・リノベーション済」など様々な切り口でマンション・一戸建てを紹介。

個別の物件ページは、外観・間取り・周辺環境のほかに室内写真や住宅設備など多数の画像を掲載しており、わかりやすい。物件ページから直接、資料請求ができるほか、モデルルーム公開中の新築物件は見学予約に対応。また、専属の情報審査チームがサイト上に掲載された物件情報をチェック。不動産会社の接客力の抜き打ちテストも行うなど、顧客満足度の向上に努めている。無料会員登録の際、「楽天」「Yahoo! JAPAN」「Google」「Facebook」「Twitter」のいずれかのIDを利用できる点も使い勝手が良い。SUUMO(スーモ)と並んで利用を検討したい不動産ポータルサイトだろう

不動産ポータルサイト サービス比較

対応エリア 全国
物件情報のお知らせ あり(楽天会員ID、Yahoo! JAPAN ID、Google ID、Facebook ID、Twitter IDのいずれかでログイン可)
ここがオススメ!
  • 総物件数500万件以上(新築マンション物件数1,554件)
  • 「えらんでエール」……物件に問い合わせをすると、LIFULL HOME'SがDV被害者やホームレス支援団体などに寄付(ACTION FOR ALL)

LIFULL HOME'Sへ行く

  • 良い口コミ(4件)
  • 中立口コミ(0件)
  • 悪い口コミ(1件)
30才・男・会社員
他のサイトも調べましたが、物件購入金額からのポイントバックがあるのはHOME’Sだけの模様。どうせ買うならポイントバックがあるほうがいいですよね。
28才・女・保母
マンション購入を検討し始めて最初に見たサイトですが、とっつきやすく、イメージから次々検索できました。すごく使いやすいので、今も一番使ってます。
41才・男・自営業
デザイナーズマンションを探していたが、ここではワンクリックでデザイナーズマンション一覧が出てきた。とりあえず一括で資料請求をし、その中で検討中。
45才・女・主婦
ほとんど全てのタイプの間取りを見れる点が気に入っています。他サイトですが、一部の間取りしか掲載がないときは、とても使いにくかったので。
41才・男・営業
homesが提供するサービスの中では新築分譲マンションに関しては、他のサービスのほうが良いと思います。物件数はどこもそこそこありますが、homesはあまりキャンペーンをやらないのでその時点で使う選択肢としては外れるかと。やっぱり資料請求やマンション訪問で何らかの特典がつく方がやる気が出ます。

口コミを投稿する

住まいのサーフィン 4.4

住まいのサーフィン・ロゴ

使いやすさ
4.0
物件数
4.5
物件の詳細情報
5.0
独自サービス
4.5
人気
4.0

住まいのサーフィンは、不動産コンサルティング業を手がけるスタイルアクトが運営するマンション専門の不動産ポータルサイト。無料会員登録をすると、全国の新築マンション・中古マンションをエリアや間取りなどの基本情報に加え、「資産価値」「相場価格から見て割安か割高か」といった独自の指標で物件情報をチェックできる
また、スタイルアクト代表の沖有人氏がマンション購入の基礎知識を解説する動画「沖レク」は、短時間でマンションの選び方を学ぶことができ、初めての住宅購入で失敗したくない人におすすめ。

各エリアの物件ページは、マンションの基本情報のほかに資産性評価(儲かる確率)や価格評価(割高か割安か)、みんなの評価・口コミなどを参照でき、それぞれのエリアの特徴もあわせてわかりやすく掲載している。その他、読み物コンテンツ「住まいサーフィン研究所」では、マンション専門家のコラムやマンション購入やリノベーションの体験談、年収の高い校区のランキングなども掲載。

マンションに特化することで、物件の情報と購入方法が、他の不動産ポータルサイトと比較しても深く掘り下げられている。しっかり情報収集をしたうえでマンションを検討したい場合はぜひチェックしておきたい不動産ポータルサイトだろう。

不動産ポータルサイト サービス比較

対応エリア 全国
物件情報のお知らせ あり(会員登録が必要)
ここがオススメ!
  • マンションを間取りや立地だけでなく資産価値・相場との差(割安・割高)といった独自指標でチェックできる
  • 無料の会員登録をするとマンション購入のレクチャー動画を無料視聴可能

住まいのサーフィンへ行く

  • 良い口コミ(3件)
  • 中立口コミ(0件)
  • 悪い口コミ(0件)
35才 ・男・MR
新築マンション購入時に最も役に立ったサイトです。今は定期的に自宅の査定についても取っていて、自宅の価値を知る上でも役に立っています。分譲マンションを勢いで買う人も意外と多いと思いますが、住まいのサーフィンにはマンション評論家というかマニアみたいな人がいて、いろいろな視点から物件の評価をしてくれているので要チェックだと思います。投資した際に儲かる確率についても勉強になりました。
41才・男・会社員
新築マンションを購入するのであれば、住まいサーフィンの見学した方の感想は必須だと思います。その方たちのコメントは明らかにプロ級で物件の詳細やマイナスポイントまですごくわかりやすくコメントされてますし、特にマンションに詳しくない人にとっては一見の価値があります。また今ある物件から住み替える場合、現在のマンションの価値を調べる事ができるので使ってみるべきだと思います。
39才・男・不動産オーナー
マンション購入するならここは必須だと思う。実際にマンション見学に行った人の評価がわかるだけではなく、儲かる可能性までしっかりわかるし、中古の場合は中古での販売事例がわかったり、自宅の査定までできたりする。それも不動産市況によって状況が変わるので、そこに合わせて調べることができすごく便利です。

口コミを投稿する

オーダーリノベ 住まいに関する物件の仲介と企業紹介に幅広く対応

セゾン「じぶんでえらべる火災保険」・ロゴ

保険料
口コミ受付中!
補償内容
口コミ受付中!
保険金額
口コミ受付中!
保険会社
口コミ受付中!
人気
口コミ受付中!

オーダーリノベは、建設業・不動産開発などを手がけるプロポライフグループの住宅販売会社LogSuite(ログスイート)が運営する不動産ポータルサイト。都心部を中心に人気エリアの高級マンションをリノベーションし、「LogMansion」のブランドで販売している。内装デザインから住宅建材の生産、リノベーションの施工までを自社グループで行うことにより、無垢材などの高級建材や機能性の高い住宅設備にこだわったリノベーションマンションを安定的に供給できる点に強みを持つ。自社施工・販売の物件となるためアフターサービスをしっかり受けられる点もメリット

サイト上では希望するエリアや沿線のマンションを検索し、間取りや内装・立地を確認したうえで、資料請求や内見の申し込みなどができるようになっている。取り扱い物件をリノベーションマンションに絞っているため、物件数は豊富とは言えないものの、都心エリアのリノベーション済みマンションを比較的リーズナブルな価格帯で購入できる点は注目に値する。特にリノベーションマンションを検討している場合や、中古マンションの購入を検討している場合は、ぜひチェックしたい不動産ポータルサイトだろう。

不動産ポータルサイト サービス比較

対応エリア 東京23区、横浜、埼玉
物件情報のお知らせ あり(会員登録が必要。FacebookもしくはGoogleアカウントでもログイン可能)
ここがオススメ!
  • 都心部の人気エリアのマンションを手頃な価格帯で販売
  • 無垢材を使った内装や最新の住宅設備、機能的な間取りなど高級感のあるリノベーションを得意とする

オーダーリノベへ行く

  • 良い口コミ(0件)
  • 中立口コミ(0件)
  • 悪い口コミ(0件)
オーダーリノベの口コミは現在募集中です。

口コミを投稿する

LIFULL HOME'S 住まいの窓口 家探しと家作りの相談窓口。中立的な立場から不動産会社や施工会社を紹介

LIFULL HOME'S 住まいの窓口・ロゴ

ここがオススメ!

  • 住まい選びのプロであるハウジングアドバイザーに家探し・家作りの段取りや資金計画を相談できる
  • 中立的な立場で不動産会社・施工会社を紹介

LIFULL HOME'S 住まいの窓口は、不動産ポータルサイト「LIFULL HOME'S」が運営する家探しと家作りの相談窓口。関東エリアを中心に対面相談のできる実店舗を展開しており、住まい選びのプロであるハウジングアドバイザーが理想の住まいや暮らしをヒアリング。住宅購入の多様な選択肢や家探しのノウハウ、資金計画などのアドバイスを行う。また、特定の不動産会社やハウスメーカーに属さない中立的な立場から利用者の希望に沿った不動産会社や施工会社を紹介
家作りに関する無料講座も定期的に開催しており、公式サイト上で受講したい講座と、店舗受講またはビデオ受講のどちらかを選んで予約できる。講座のテーマは「注文住宅VS建売住宅」「ニ世帯住宅の建て方」「ローコスト住宅講座」など幅広い。
アドバイザーへの個別相談・家作り講座の受講は、ともに無料。遠方の場合はオンライン(ビデオ・電話)による相談も可能で、一戸建て以外の物件に関しては電話相談も受け付けている。家探し・家作りの知識と情報が欲しい場合は有効活用したい。

不動産ポータルサイト サービス比較

対応エリア 実店舗
東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、京都、大坂、兵庫、福岡
オンライン相談
全国
物件情報のお知らせ なし(不動産会社、施工会社の紹介はあり)

LIFULL HOME'S 住まいの窓口へ行く

  • 良い口コミ(0件)
  • 中立口コミ(0件)
  • 悪い口コミ(0件)
LIFULL HOME'S 住まいの窓口の口コミは現在募集中です。

口コミを投稿する

住宅情報サイト(新築分譲マンション) その他の口コミ6件)

Yahoo!不動産 新築マンション

36才・男・会社員
他の新築マンションの資料請求ができるサイトと比較しても便利。沿線別に人気物件がわかるし、アクセスランキングもわかるので人気のエリアを絞り込みやすい。あと住宅ローンのシミュレーション機能があるので、事前にどの程度の返済額になるのかわかる点も秀逸だと思います。

ノムコム

39才・男・不動産オーナー
野村不動産による新築分譲マンションを掲載しているサイトですが、野村不動産が取り扱っている不動産以外も掲載されています。野村のプラウドはたまに他の不動産情報サイトで取り扱いがないケースがありますが、ここをチェックしておけば確実です。不動産投資している人でチェックしている人は、このサイトで販売情報をチェックすることが多いです。

NICE

29才・女・会社員
北関東のマンションが載っているところがいい。他の住宅情報サイト(新築分譲マンション)にはほとんど載ってないので、ここを使っています。

▼さらに口コミを読み込む

41才・女・主婦
新築マンションにするか中古マンションにするかまだ決めかねている我が家にとっては、仲介物件が豊富なのはメリット。いろいろと比較できて便利です。
33才・男・塾講師
検索したときに、マンションと一戸建てが混じって出てくるのが不便。我が家はマンションしか考えてないので、正直かなりうっとおしい。またサイトの作りが雑な点もマイナス。
59才・男・自営業
新築マンション物件の詳細な説明ページがなく、購入する気にならない。もっと物件ひとつひとつに対する情報量を充実させてほしい。

口コミを投稿する

著者・総監修 早川 聡

著者・総監修 早川 聡

住宅ローン含め、金融の専門家として様々な記事を執筆。住宅ローン金利の動向に関しては日本経済新聞からの取材を受けた経験あり。自身のマイホーム以外にもセカンドハウスを保有、運用しており、住宅ローンをどのように組めば最も減税効果が高いのか等の研究に余念がない。

分譲マンションとは?

画像

分譲マンションとは、賃貸でなく購入するマンションの総称。分譲は「分割譲渡」の略で、一棟のマンションを一戸ごとに分割して販売(譲渡)するため「分譲マンション」と呼ばれています。新築・中古を問わず、購入者向けに売られているマンションはすべて分譲マンションとなります。分譲マンションを購入する際は、全額現金で支払う場合以外は金融機関から住宅ローンを借り入れ、契約期間内で返済していくことになるでしょう。そのため、物件探しと並行して住宅ローン選び(どこの金融機関にするか、住宅ローンの金利タイプをどうするか、頭金はどの程度用意できるかetc.)についても考えておく必要があります。

新築マンションを購入する際の注意点とは?

画像

新築マンションは一棟すべてが新規での分譲となり、多くは建物の完成前にモデルルームを開設して購入者を募集します。人気の新築マンションは競争率も高く、すぐに売約済みとなってしまうため、住みたいエリアや希望の間取りが決まっている場合は、不動産ポータルサイト・不動産会社などで情報を収集し、早めに動くようにすると良いでしょう
購入時には、①買い手、②物件、③立地のそれぞれで、以下のようなポイントに注意しましょう。

買い手

資金計画(住宅ローン、頭金の準備etc.)は固まっているか。家族間での希望はまとまっているか。

物件

デベロッパーの信頼性(過去に問題を起こしていないか)。建築情報(工期や施工の詳細)がきちんと開示されているか。

立地

地震・津波などの自然災害も視野に入れた災害リスク。物件の周辺環境(駅までの距離、通勤時の混雑具合、治安、学校や商業施設の有無など)。

また、将来的にライフスタイルや家族構成が変わるなどして住み替えを考える場合もあるでしょう。新築マンションは、5年を境に物件価格が下落すると言われますが、交通の便が良く、周辺環境が良いエリアに建つマンションは大幅な値崩れが起きにくく、住み替えの際も売却しやすくなります。住宅ローンの残高が物件価格を上回る「オーバーローン」も避けられるため、マンションの「資産価値」にも注目するようにしましょう

  • ※不動産ポータルサイト比較・ランキングは住宅ローン比較.jp編集部調べです。
  • ※掲載情報の詳細は住宅情報サイト各社にてご確認ください。内容に変更が生じている場合もありますのでご注意ください。
  • ※口コミ情報は投稿者の意見です。あくまでも参考とし、個人の判断の上でご活用ください。