住宅ローン比較は、固定金利、変動金利、フラット35他、様々な切り口で住宅ローンを比較した、住宅ローン利用者のための総合情報サイトです

住宅ローンを賢く選び、お得に借り入れよう

固定金利

0.830%~

銀行を比較する

変動金利

0.297%~ ※1※2

銀行を比較する

借り換え

0.297%~ ※1※2

銀行を比較する

フラット35

1.390%~

銀行を比較する

 
  • 【2024年4月30日まで】変動セレクト住宅ローンでお借り入れの場合、基準金利からの引き下げ幅を1.51%に拡大!
  • 借り換えの場合
  • 2024/2/1時点の金利を掲載しています。

Study住宅ローンについて学ぶ

カテゴリから探す

記事一覧を見る

Recommendationおすすめの住宅ローン

固定金利
おすすめランキング

固定金利は、所定の期間、金利が変動しないことから、返済計画を立てやすい点が最大のメリットです。2024年2月の固定金利は、金融機関によって判断が分かれました。住信SBIネット銀行は変動金利と短期固定金利を据え置く一方で5年を超える金利を引き上げています。ARUHIは金利を引き下げ、auじぶん銀行は変動を据え置く一方で、2年、3年は引き下げ、5年は据え置き、10年以降は引き上げと期間によって判断を変えています。メガバンクに関しては3行揃って金利を引き上げました。

住宅ローン固定金利とは?

借り入れたときの金利が全期間適用される住宅ローン商品。一般的に住宅ローン固定金利と言うと、全期間固定金利型を指す。メリットは借り入れ時に総返済額を確定できる点。デメリットは借り入れ後に金利が低下した場合、住宅ローンを借り換える以外で金利低下のメリットを享受できない点。

住宅ローン固定金利特約型とは?

当初5年、当初10年というように一定期間固定金利が優遇される住宅ローン商品。全期間固定金利型と比較すると、一定期間大幅に低い金利で借り入れることができる。メリットは当初固定期間終了後、借り入れ金利がさらに低下していた場合、総返済額が減少する点。デメリットは当初固定期間終了後、金利が上昇していた場合、総返済額が膨らむ可能性がある点。

住信SBIネット銀行 住宅ローン(WEB申込コース)
当初10年固定
当初
引下げ
プラン
0.99※1※2
おすすめポイント
  • 他の金融機関と比較しても低水準の住宅ローン金利を提供
  • 団信に全疾病保障が基本付帯。住宅ローン契約者が40歳未満の場合は、「3大疾病保障」も基本付帯する

利用者のクチコミ

32才/銀行員

8疾病保障込みでこの金利、最初は目を疑いました。融資手数料が若干高いと感じましたが、それを考慮してもお得だと思います。…

35才/証券会社

私はある程度自己資金があったので東京スター銀行か住信SBIネット銀行か悩みましたが8疾病保障を含めるとここが一番安かったのが決め手になりました。…

口コミをもっと見る→

ソニー銀行 住宅ローン
10年固定
変動
セレクト
住宅ローン
1.360
おすすめポイント
  • オリコンが実施した住宅ローンの顧客満足度®調査(2023年)において総合第1位を獲得!
  • がんと診断された場合に住宅ローン残高が半分になる「がん団信50」が無料付帯
SBI新生銀行 住宅ローン
当初10年固定
当初固定
金利
タイプ
0.95
おすすめポイント
  • 取り扱い事務手数料に定額制を採用(※一部プランを除く)!住宅ローンの借り入れにかかる諸費用を抑えたい人におすすめ
  • 家庭のライフプランに合わせたさまざまな金利プランの住宅ローンを提供

固定金利のランキングを詳しく見る

  • 審査結果によっては、表示金利に年0.1%~0.3%上乗せとなる場合があります。
  • 借入期間を35年超でお借り入れいただく場合は、ご利用いただく住宅ローン金利に年0.15%が上乗せとなります。

変動金利
おすすめランキング

住宅ローン金利は固定金利が上昇傾向にあるため、変動金利を選ぶ人が過半数を占めています。変動金利のベースとなる短期金利はまだ低位安定しており、金利は横ばいが続いています。その一方で今後の金利上昇リスクは増々高まっています。特に日銀によるマイナス金利の解除には注意すべきでしょう。2024年2月の変動金利型の住宅ローン金利は、ウォッチしている全ての金融機関が金利を据え置きました。

住宅ローン変動金利とは?

金利動向によって借入金利が変動する住宅ローン商品。変動金利は短期プライムレートに連動する。メリットはベースとなる基準金利が低く、市場金利が低下した場合、その恩恵をすぐに享受できる点。デメリットは金利がどのように動くか予想が立て難いため、総返済額を確定できない点。

住信SBIネット銀行 住宅ローン(WEB申込コース)
変動
通期
引下げ
プラン
0.32※1※2
おすすめポイント
  • すべての病気やケガを保障する全疾病保障が基本付帯
  • 契約者が40歳未満の場合は「3大疾病50%保障」も基本付帯

利用者のクチコミ

42才/メーカー勤務

2016年3月からはスマートプログラムと呼ばれる優遇プログラムがスタートしていて、住宅ローンを契約していると15回振込が無料になったり、毎月50ポイントもらえたりする特典がスタートしているのでメインバンクとしても使いやすいです。…

37才/会社員

繰り上げ返済をするにしても、大手都銀は手数料がかかる場合が多いですが、ここなら無料です。振込手数料無料や定期預金の金利も高いので今後はここをメインバンクにしたいと思います。…

口コミをもっと見る→

auじぶん銀行 住宅ローン
変動(新規借り入れ)
全期間
引下げ
プラン
0.319※3
おすすめポイント
  • 住宅ローン契約者が満50歳までの場合、「がん50%保障団信+4疾病保障」が上乗せ金利なしで付帯
  • 「au回線」+「じぶんでんき」+「J:COM NETまたはコミュファ光」+「J:COM TV」をセットで契約すると、住宅ローン金利を最大年0.15%優遇
    ※J:COM NET優遇割、J:COM TV優遇割、コミュファ光優遇割は適用条件充足後、3ヶ月後から適用開始となります。
ソニー銀行 住宅ローン
変動(新規借り入れ)
変動
セレクト
住宅ローン
0.397
おすすめポイント
  • がんと診断された場合に住宅ローン残高が半分になる「がん団信50」が無料付帯
  • 変動金利から固定金利への変更が無料

変動金利のランキングを詳しく見る

  • 審査結果によっては、表示金利に年0.1%~0.3%上乗せとなる場合があります。
  • 借入期間を35年超でお借り入れいただく場合は、ご利用いただく住宅ローン金利に年0.15%が上乗せとなります。
  • 審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。 金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます。

借り換え
おすすめランキング

2024年2月の借り換えに対応した住宅ローン金利は、ネット銀行、信託銀行、メガバンク他、金融機関によって判断が大きく分かれる月になりました。住宅ローンは低金利のうちに借り換えてこそ、最大限効果を発揮します。住宅ローンの借り換えを検討するのであれば、金利が本格上昇する前に動きましょう。

住宅ローン借り換えとは?

現在組んでいる住宅ローン契約を解消し、別の金融機関で新たに住宅ローンを組むこと。金利の低い住宅ローンに借り換えることで総返済額を圧縮し、毎月の返済負担を軽減できる。また、借り換え先の金融機関によっては、特典やサービス内容から住宅ローンの利便性が向上することも。
その一方で、借り換えには諸費用や手続きの手間がかかるほか、住宅ローン残高や残りの返済期間、現在組んでいる住宅ローンと借り換え後の住宅ローンの金利差によっては、借り換えのメリットが受けられないケースもあるため注意が必要。

住信SBIネット銀行 住宅ローン(WEB申込コース)
当初10年固定
当初
引下げ
プラン
0.99※1※2
おすすめポイント
  • 全疾病保障が基本付帯!契約者が40歳未満の場合は「3大疾病50%保障」も基本付帯
  • 申し込みから借入れまでWebで完結。来店不要で住宅ローンの借り換えが可能

利用者のクチコミ

37才/薬剤師

繰上げ返済が24時間、何度でも無料っていうのはすごいメリットです。普通、都銀で固定金利期間中の場合、手数料はかなり高いので・・・。…

49才/会社員

金利の低さ、使い勝手の良さ、手続きの手軽さ、処理の速さなど条件面を総合的に考えると非常に満足度の高い借り換えができたと思います。…

口コミをもっと見る→

ARUHI フラット35
フラット35
21-35年
固定
1.82
おすすめポイント
  • Webからの借り換え申し込みで取り扱い事務手数料を「借り入れ金額の1.1%(税込)」に優遇! ※3※4
  • 全国1,000以上の金融機関から返済口座を選択できる
ソニー銀行 住宅ローン
変動金利(新規借り入れ)
変動
セレクト
住宅ローン
0.397
おすすめポイント
  • オリコンが実施した住宅ローンの顧客満足度®調査(2023年)において総合第1位を獲得!
  • がんと診断された場合に住宅ローン残高が半分になる「がん団信50」が無料付帯

借り換えのランキングを詳しく見る

  • 審査結果によっては、表示金利に年0.1%~0.3%上乗せとなる場合があります。
  • 借入期間を35年超でお借り入れいただく場合は、ご利用いただく住宅ローン金利に年0.15%が上乗せとなります。
  • ARUHI スーパーフラットをお申し込みの場合は「ご融資額×2.2%(消費税込)」
  • 最低事務手数料220,000円(消費税込)

フラット35
おすすめランキング

住宅ローン金利を長期間固定し、返済計画を確定させたい場合は、フラット35の利用を視野に入れるべきです。2024年2月のフラット35の金利は2か月連続で低下。今後の金利上昇リスクを視野に入れ、フラット35に新規借り入れ・借り換えする方は確実に増加しています。金利が低位で安定している変動金利からフラット35に借り換える人が増えている点に注目すべきでしょう。

フラット35とは?

政府系金融機関の住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携し、販売する住宅ローン商品。原則として35年の全期間固定での利用を前提としており、借入時の金利が将来も変わらないため、計画的な返済に向いている点が最大のメリット。その一方で長期固定金利は変動金利や短期固定金利と比較すると、金利が高くなるため、現在の低金利の恩恵を最大限受けられない点がデメリットと言える。

ARUHI フラット35
フラット35
21-35年
固定
1.82
おすすめポイント
  • Webからの申し込みで融資事務手数料が「借り入れ金額の1.1%(税込)」に優遇 ※1※2
  • スピード審査に対応!事前審査は1~2営業日、本審査は1~2週間で結果がわかる

利用者のクチコミ

43才/金融機関

最初のポイントは、新規借り入れなのか?借り換えなのか?という点。借り換えの場合はWeb経由で申し込むことで、事務手数料が割り引かれるのでトップクラスのフラット35になる。…

41才/会社役員

フラット35をフルローンで借り入れするのであれば、ARUHIが良いと思います。理由は通常フラット35をフルローンで借りる場合、一段高い金利が適用され、返済完了までその金利が適用されてしまいますが、ARUHIに関しては、そういうユーザーのためにフラットαという商品を用意しており…

口コミをもっと見る→

住信SBIネット銀行 フラット35
フラット35
21-35年
固定
1.82
おすすめポイント
  • 業界最低水準の住宅ローン金利を実現
  • さらなる低金利を実現したフラット35保証型も提供
楽天銀行 フラット35
フラット35
21-35年
固定
1.82
おすすめポイント
  • 返済口座に楽天銀行を設定すると、楽天ハッピープログラムの会員ステージが1ステージアップ!
  • 住宅ローン金利に加え、融資事務手数料も業界最低水準に設定

フラット35のランキングを詳しく見る

  • ARUHI スーパーフラットをお申し込みの場合は「ご融資額×2.2%(消費税込)」
  • 最低事務手数料220,000円(消費税込)

住宅ローン比較.jpは、住宅ローンの利用を検討されている方のために、
30行を超える金融機関の住宅ローン金利と評判を調査し、
各種数値を比較、格付けしている住宅ローンの総合情報サイトです。

ランキングは単純に住宅ローン金利だけで決まっている訳ではなく、金融の専門家の意見と実際に各金融機関のサービスを利用したユーザー満足度の調査結果を加味し、各社の手数料や団信、付帯サービスを評価した上で、最終決定しています。住宅ローン金利の数値は、あくまで指標の一つであり、実際に住宅ローンを選ぶ際は、保証料、繰り上げ返済手数料、住宅ローンの審査基準や審査期間、金利の適用基準等も考慮した上で選ぶことが重要です。

2024年2月の住宅ローン金利は、金融機関によって判断が分かれました。足元の金利動向を分析すると、世界の金利のベンチマークになる米国10年債金利は2024年2月1日現在、3.9%前後で推移。前月と比較すると約0.12%低下しており、久しぶりに4%を下回っています。また日本の住宅ローン固定金利に最も大きな影響を与える日本国債10年物の金利も先月と比較すると大幅に上昇しており、0.7%前後に。日銀は景気回復と賃金上昇に自信を見せており、早ければ3月の金融政策決定会合でマイナス金利を解除する可能性が出てきました。

住宅ローンの利用を検討している方にとって、金利上昇は大敵です。住宅ローンは、借り入れた(借り換えた)金利によって総返済額が大きく変わるため、数ある住宅ローンの中から条件の良いものを選び、低金利で借り入れる(借り換える)ことができれば、家計の節約に間違いなく役立ちます。住宅ローンの利用を検討している方は、金利に加え、各社の付帯サービスや総返済額、繰り上げ返済のし易さ、団信の内容、事務手数料をしっかり比較した上で、希望の条件を満たす住宅ローンを選ぶことをおすすめします。

住宅ローン比較.jpでは、金利、手数料、団信はもちろん、利用者の評判を総合評価、変動金利、固定金利、借り換えに対応した住宅ローン商品の格付けを行っています。各種指標の比較やランキングの結果、住宅ローンについて詳しく掘り下げた特集の内容も是非チェックしてみてください

※住宅ローン比較が掲載する金利、手数料、団信含む住宅ローン商品に関する情報は2024年2月1日現在、各金融機関のサイト上にて公開されている情報を確認した上で、掲載しています。掲載には細心の注意を払っておりますが、最新の情報は、必ず各金融機関のサイト上に掲載されている住宅ローン商品の情報を確認し、ご利用ください。また住宅ローン比較が、金融機関のサービス内容に責任を持つものではありません。あらかじめご了承ください。

早川聡

著者・総監修早川 聡

住宅ローン含め、金融の専門家(プロ)として様々な記事を執筆。住宅ローン金利の動向に関しては日本経済新聞からの取材を受けた経験あり。自身のマイホーム以外にもセカンドハウスを保有、運用しており、住宅ローンをどのように組めば最も減税効果が高いのか等の研究に余念がない。メガバンク、フラット35、ネット銀行の住宅ローンを比較・検討した結果、繰り上げ返済のしやすさ、金利の低さ、団信の充実度、総返済額から、新規借り入れ、借り換えともにネット銀行の利用を推奨している。

本サイトにはプロモーションが含まれます。