最新の住宅ローン金利動向Trend

NEW2019年9月の住宅ローン金利動向

2019年9月の住宅ローン金利は、新生銀行を除く全ての金融機関が変動金利を据え置いています。ちなみに新生銀行は変動フォーカスタイプの金利を引き下げ、0.45%での提供を開始しました。固定金利に関しては、世界の長期金利が急低下している影響を受け、多くの金融機関が長期固定金利を中心に、小幅ながら金利を引き下げています。編集部が調査している主要金融機関18行の中で、金利を引き上げたところはありませんでした。住宅ローン比較 編集部では、これ以上の金利低下は考えにくいと予想していましたが、この予想は完全に外れ。世界中の長期金利が低下しており、日本も例外ではありません。ちなみに世界中の金利を左右する米国10年債利回りは、2019年9月4日現在1.48%前後をつけており、節目の1.5%を下回っています・・・

住宅ローン金利の動向

比較・ランキングRanking

住宅ローン固定金利 比較・ランキング 2019 当初固定10年の人気が上昇中

固定金利は、所定の期間、金利が変わらないため、返済計画を立てやすい点が最大のメリットです。2019年9月は世界的な長期金利の低下を受け、多くの金融機関が長期固定金利を引き下げており、魅力的な水準での借り入れが可能です。その一方でこれから先、金利がさらに低下する可能性は低いでしょう。総返済額を早めに確定させたい方は、期間の長い固定金利の利用がおすすめ。低金利のメリットと期間固定のメリットを享受したい方は、10年固定の利用を検討すると良いでしょう。

住宅ローン借り換え 比較・ランキング 2019 住宅ローンを借り換えるなら金利が上昇する前に

2019年9月も住宅ローンを借り換える際の金利は低下傾向にあり、借り換えのタイミングを図っている方にとって、大きなチャンスと言えるでしょう。編集部ではこれ以上の金利低下は考えにくいと考えており、どこかで金利が上昇すると考えています。金利が反転すると、住宅ローンを借り換えるメリットが減少してしまうため、金利の動向にはくれぐれも注意しましょう。

住宅ローン変動金利 比較・ランキング 2019 2019年も過半数のユーザーが変動金利を選択

変動金利型の住宅ローン金利は、歴史的に低い水準に留まっており、2019年9月現在も住宅ローン利用者の過半数が変動金利を選択しています。現在の金利水準が継続するのであれば、固定金利よりも変動金利での借り入れに優位性があることは間違いありません。ただし変動金利を選んだ方は、金利上昇リスクに備え、将来の借り換えを意識しておきましょう。

フラット35ランキング 2019 金利を長期固定するならフラット35がおすすめ

住宅ローン金利を長期間固定し、返済計画を確定させたい場合は、フラット35がおすすめ。2019年に入り、長期金利が大幅に低下、フラット35が歴史的な低金利を記録していることから、民間の住宅ローンからフラット35に乗り換える人も増えています。フラット35は、政府と金融機関が提携し、提供する住宅ローン商品で、自営業や派遣社員も条件さえ満たせば、借り入れ可能です。

話題の記事Top Story

フラット35のメリットとデメリット

フラット35のメリットとデメリット

住宅ローン講座

全期間固定金利型の住宅ローン「フラット35」のメリットとデメリットとは?フラット35のメリットだけではなく、デメリットも確認し、住宅ローンを選びの参考にしましょう。

じぶん銀行 住宅ローンの評判

じぶん銀行 住宅ローンの評判

住宅ローンの評判

がん50補償団信が評判に。変動金利及び短期固定金利の低さにも注目

フラット35の審査

フラット35の審査

基礎知識

フラット35の審査基準とは?年齢や借入れ金額、物件の条件等、フラット35を利用するための基準や条件をチェックしよう。

不動産無料査定ランキング 口コミ

不動産無料査定ランキング 口コミ

比較・ランキング

不動産無料査定ができるサイトのランキングと評判。所有するマンションや戸建ての価値を知りたい方は、不動産無料査定を活用し、資産価値の把握から始めよう。

預金連動型住宅ローンとは

預金連動型住宅ローンとは

基礎知識

預金連動型住宅ローンとは?住宅購入資金に余裕がある人は預金相当額、住宅ローン金利をゼロにできる預金連動型も選択肢

共働き夫婦が賢く住宅ローンを借りる方法

共働き夫婦が賢く住宅ローンを借りる方法

住宅ローン講座

ペアローン・収入合算など、一見難しそうな夫婦向け住宅ローンをわかりやすく解説します。

中古住宅の購入と住宅ローン

中古住宅の購入と住宅ローン

基礎知識

中古住宅の購入と住宅ローン選びのポイントを解説。中古住宅を購入する際、新築物件の購入時にはないチェックポイントとは?

ARUHI フラット35の評判

ARUHI フラット35の評判

住宅ローンの評判

ARUHIフラット35の評判は?気になる金利や審査の基準、住宅ローン商品の特徴を詳細に解説します。

住宅ローン手数料比較

住宅ローン手数料比較 -金利だけではない住宅ローン選びのポイント-

住宅ローン講座

銀行によって数十万円の差が出る「住宅ローン手数料」。安くできる手数料はどれ?人気住宅ローンの手数料も比較します。

知らないと損する住宅ローンの新常識

知らないと損する住宅ローンの新常識

住宅ローン講座

知らないと損する住宅ローンの基礎知識。金利上昇時代を勝ち抜くために住宅ローンの知識をしっかり身につけましょう。

40歳からの住宅ローン-賢く借りるポイントと注意点

40歳からの住宅ローン-賢く借りるポイントと注意点

住宅ローン講座

40歳で住宅ローンを借りる歳に、気をつけなければいけないポイントをチェック。頭金の金額や、毎月の返済額など、気になるポイントを解説します。

マイナス金利と住宅ローン

マイナス金利と住宅ローン

基礎知識

2016年1月29日に日銀が導入を決定した日本初のマイナス金利。この影響によって長期金利が歴史的な水準まで低下。このように預金金利が低下すると、住宅ローンに関しては恩恵があると言われています。

住宅ローン豆知識Tips

住宅ローン変動金利とは 金利動向によって借入金利が変動する住宅ローン商品。変動金利は短期プライムレートに連動する。メリットはベースとなる基準金利が低く、市場金利が低下した場合、その恩恵をすぐに享受できる点。デメリットは金利がどのように動くか予想が立て難いため、総返済額を確定できない点。
住宅ローン固定金利とは 借り入れたときの金利が全期間適用される住宅ローン商品。一般的に住宅ローン固定金利と言うと、全期間固定金利型を指す。メリットは借り入れ時に総返済額を確定できる点。デメリットは借り入れ後に金利が低下した場合、住宅ローンを借り換える以外で金利低下のメリットを享受できない点。
住宅ローン固定金利特約型とは 当初5年、当初10年というように一定期間固定金利が優遇される住宅ローン商品。全期間固定金利型と比較すると、一定期間大幅に低い金利で借り入れることができる。メリットは当初固定期間終了後、借り入れ金利がさらに低下していた場合、総返済額が減少する点。デメリットは当初固定期間終了後、金利が上昇していた場合、総返済額が膨らむ可能性がある点。

住宅ローン相談室Consaltation

住宅ローン相談室 第29回

NEW年収400万円で借りることができる住宅ローンを教えてください

現在年収400万円くらいなのですが、住宅を購入し、住宅ローンを組むことは可能でしょうか?またおすすめの住宅ローンがあれば教えてください...

住宅ローン相談室

じぶん銀行 住宅ローン

住宅ローンシミュレーション・最新金利一覧Simulation / Rate

更新情報2019/9/13 Update

アクセスランキング2019/8/1~2019/8/31

住宅ローン ニュースNews

住宅ローン比較.jp 特別企画Special Contents