住宅ローン講座住宅ローンの本審査に落ちた場合、減額された場合の対処法

住宅ローンの本審査に落ちた場合、減額された場合の対処法

住宅ローンの本審査で落ちてしまったら?住宅ローンの本審査に落ちた場合、減額された場合の対処法

住宅ローンを申し込む際には、ほとんどの金融機関で「仮審査」と「本審査」が行われます。
「仮審査」とは、そのローンに申し込むことが可能かどうかをチェックする、言わば住宅ローンの一次審査。審査項目は本審査と比較すると簡略化されており、金融機関のホームページから簡単に申し込むことができます。

住宅ローンの本審査に落ちた場合、減額された場合の対処法

仮審査に通過すると、多くの人は、物件の売買契約を締結し、二次審査である「本審査」を申し込むことになります。
ただし、このときに注意しておかなければならないのが、仮審査に通過しても本審査で落ちるケースがあるということ。
また、本審査を無事に通過したとしても、融資額が当初の金額から減額されるケースもあります。

このように、住宅ローンの本審査でつまずいてしまうと、住宅購入が当初予定していたスケジュール通りに運ばなくなる等、トラブルのもとに。
では、本審査に落ちてしまった場合や、借入額が減額されてしまった場合、どのような対策が考えられるのでしょうか。
今回は、住宅ローンの本審査にスポットを当てて、住宅ローンの本審査に落ちた・減額された場合の対処法を解説します。

住宅ローンの「本審査」は、「仮審査」とどう違うのか?住宅ローンの本審査に落ちた場合、減額された場合の対処法

「仮審査」でチェックされるのは申込者の情報

住宅ローンの申し込みで最初に行う「仮審査」では、借入額と借入期間のほかに、主として「申込者の情報」がチェックされます。安定的な収入があるかどうかや、クレジットカード・他のローンなどの延滞情報を照会し、申込者の返済能力・信用力に問題がなければ、審査通過となります
借入額や借入期間の妥当性にもよりますが、基本的には、定職に就いていない場合や、クレジットカード等で悪質な延滞がある場合(信用機関のブラックリストに載るようなケース)をのぞけば、仮審査に通過できる可能性は高いでしょう。

「本審査」では申込者情報に加えて物件の価値も審査対象となる

住宅ローンの本審査に落ちた場合、減額された場合の対処法

一方、住宅ローンの本審査では、申込者のさらに詳しい情報と、物件情報についての審査を行います。審査のタイミングは、物件の売買契約書締結後
申込者の情報に関しては、仮審査のときよりも詳細に収入や納税の状況などを確認したうえで、本人の健康状態や家族の状況についてもチェックを受けます。
物件の情報に関しては、延床面積や間取りを確認し、借入額に見合った担保価値があるかどうかを測ります。建築基準法などの法令から見た問題点がないかどうかもチェックの対象です。

提出する書類は、仮審査のときよりも大幅に増え、前年の源泉徴収票(自営業者は確定申告書など)や申込者の印鑑証明、物件の売買契約書・間取り図などが加わります。
建築中の物件の場合は、借入額の増減や間取り変更などが発生すると、その時点で審査をやり直す必要があるので注意しましょう。
仮審査を通過していても、本審査で落ちる可能性はあります。健康上の問題や収入の安定性など理由は様々で、落ちた理由を教えてもらえないケースも少なくありません。

住宅ローンの本審査に落ちたらどうする?住宅ローンの本審査に落ちた場合、減額された場合の対処法

では住宅ローンの本審査に落ちてしまった場合、どうすれば良いのでしょうか?
まずは以下の2つの対処法を試してみましょう。

他の金融機関で改めて住宅ローンの本審査を受ける

住宅ローンの審査基準は、それぞれの金融機関により様々です。1つ目の金融機関で本審査に落ちたとしても、2つ目や3つ目の金融機関ではOKとなるケースも珍しくありません。
そのため、本審査に落ちた場合のことを考えて、あらかじめ複数の金融機関に仮審査を申し込んでおくのも選択肢の一つです。
金融機関の中には、住宅ローンの仮審査と本審査を同時に行うところもあり、審査のスピードを早めることができます。このような金融機関を候補に加えてみても良いでしょう。

おすすめの住宅ローン

新生銀行 住宅ローン

新生銀行 住宅ローン

仮審査を行わず、申し込みから融資実行まで最短7営業日という短期間での借り入れに対応している住宅ローン。保証料や繰り上げ返済手数料は無料、団信も無料付帯するなど利便性の高いサービスを提供している。オプションサービスの「安心パックW(※別途事務手数料15万円・税抜)」に加入すると、「安心団信保障」「コントロール返済」「家事代行サービス・ハウスクリーニングサービス(※回数・地域限定)」などを利用することができる。

フラット35を利用する

民間の金融機関と比較して、より審査基準が緩やかで、かつ明確に決まっている住宅ローンを利用する方法もあります。
政府所管の住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携する「フラット35」は、「申込者」と「物件」のそれぞれの審査基準が公開されており、両方の基準を満たしていれば、高い確率で承認を受けることができます。

フラット35の審査基準

  • 申し込み時の年齢が満70歳未満の方(※親子リレー返済を利用する場合は、70歳以上の方も申し込み可)
  • 日本国籍の方、永住許可を受けている方または特別永住者の方
  • 自動車ローンやカードローン等を含むすべての借り入れに関して、年収に占める年間合計返済額の割合(=総返済負担率)が以下の基準を満たす方
年収400万円未満 年間合計返済額の割合:30%以下
年収400万円以上 年間合計返済額の割合:35%以下

おすすめの住宅ローン

ARUHI フラット35

ARUHI フラット35

8年連続でフラット35の取扱い高No.1(※2018年時点)を誇るARUHIによる長期固定金利住宅ローン。仮審査は最短当日、本審査は最短3営業日で結果が判明する。全国に130以上の店舗(※2018年3月31日現在)を展開しており、対面で住宅ローンに関する相談ができる。金融機関ごとに異なるフラット35の金利も業界最低水準を実現しているため、フラット35を検討する場合は候補に加えておきたい。

住宅ローンの本審査で減額されたらどうする?住宅ローンの本審査に落ちた場合、減額された場合の対処法

本審査は降りたものの、融資額が減額された場合には、どのような対処法があるでしょう。

不足分の金額を自己資金で補う

減額された金額によっては、自己資金で不足分を補うことがもっとも手間をかけずに住宅ローンを融資実行まで漕ぎつける方法です。
自己資金については、貯蓄以外に父母・祖父母などからの贈与も検討してみましょう。住宅購入のための直系尊属からの資金贈与には一定の非課税枠が設けられています。

参考)No.4508 直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税(国税庁)

他の金融機関やフラット35で改めて住宅ローンの本審査を受ける

本審査に落ちた場合と同じく、別の金融機関やフラット35など、減額されたものとは別の住宅ローンで本審査を受け直す方法もおすすめです。
可能であれば、減額の理由を金融機関の担当者に確認してみると良いでしょう。申込者の収入や勤続年数に問題があったのか、物件の担保価値が低かったのか等がわかるだけでも、次の対策を立てやすくなります。

購入する物件を見直す

減額の理由が物件の担保価値の不足にあるような場合は、購入する物件そのものを見直すのも1つの方法です。
ほとんどの場合、住宅の売買契約では、住宅ローンの本審査が降りなかったり、減額されたりした際は、売買契約自体を無効とする条項が含まれています。
せっかく契約まで進んだ物件であっても、資金面がうまく回らないようであれば、無理に購入する必要はありません。思い切って最初から物件探しをやり直すことも賢い選択の範疇に入るでしょう。

住宅ローンの審査は、複数の金融機関に出しても大丈夫?コラム - 住宅ローンの本審査に落ちた場合、減額された場合の対処法

住宅ローンの本審査に落ちた場合、減額された場合の対処法

住宅ローンの「仮審査」や「本審査」は、複数の金融機関に審査依頼を出すころができるのでしょうか?
結論を先に言えば、「仮審査」「本審査」のいずれも複数の金融機関に申し込むことは可能であり、全く問題ありません。

とくに仮審査に関しては、住宅ローンの新規借り入れの際に、不動産会社などが代行して、さまざまな金融機関に仮審査を依頼することが普通です。
借り換えのときなど、自分自身で住宅ローンを申し込む場合にも、同じように複数の金融機関に仮審査を申し込み可能。
現在は、ほとんどの金融機関がホームページなどから簡単に仮審査を申し込むことができるので、本審査を申し込む金融機関を絞り込むためにも仮審査を活用すると良いでしょう。

一方、本審査については、本命の金融機関の審査結果が出る前に複数申し込みをすることには注意が必要です。
住宅ローンの本審査は、個人信用情報照会機関に申し込みの履歴が残ります(通常6ヶ月間)。これは、審査を申し込んだことのみが記録され、結果については掲載されません。そのため、複数の金融機関に本審査を申し込むと、複数の金融機関の本審査に落ちた、という心証を持たれかねず、審査結果に不利に働く可能性が考えられます。
また本審査は、準備する書類も多く、取得に費用がかかる書類(住民票など)もあるため、できれば、一度に1つの金融機関に申し込みをした方が良いでしょう。
なお、本審査の最中に他の借入をすると、そちらも信用情報に記載が残ります。他のローンはもちろん、クレジットカードを新たに作成するだけでも借入金の部分が影響を受けるので、本審査期間中は新規のローンやクレジットカードの作成は避けたほうが無難でしょう。

住宅ローンの本審査を攻略して住宅購入を成功させよう住宅ローンの本審査に落ちた場合、減額された場合の対処法

住宅ローンの本審査は、仮審査のときとは結果が異なるケースも多いため、住宅購入時に多くの方がハラハラする場面です。
ただし、本審査に落ちたり、借入額が減額されたとしても、対処法は複数あります。万一の際にあわてないためにも、まずは仮審査の段階で、いくつか金融機関をピックアップしておくのがおすすめ。
せっかくの住宅購入の夢を、スムーズに実現するため、今回ご紹介した対処法も参考に、住宅ローンの本審査を上手に攻略しましょう!